HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

情報弱者

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

今日は、

小学校の先生もされている

なかしまちかさんに招致いただき、

今一番熱い

 

 

子どもに伝えるネットリテラシーと防犯セミナーを

なんと100組以上の方にお届けしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

保護者の方や、地域サポーターの方、

小中学校の教師のかたや

中には小学生高学年のお姉ちゃんと

参加してくださった方もいて、

 

 

少しでも多くの方にと

沢山の方にチラシを配っていただいた

なかしまさんに感謝しかありません。

 

 

 

もともと、

パンツの教室受講生のなかしまさんが

わたしを招致しようと思って下さったのは

こんな理由から。

 

 

 

※なかしまさんの投稿から抜粋しています

 

 

今こそ知ってほしい!
性犯罪の被害者にも加害者にもならないために~いのちと愛と防犯のための性教育~

15年以上前。新任だった私に、3年生の可愛い女の子が
「先生、赤ちゃんてどうやってできるの?」
と聞いてきた。

「女の人は大人になると赤ちゃんを作れる体になるんだよ。
女の人からは卵子っていう赤ちゃんの卵ができて、
男の人の精子っていう赤ちゃんの元と出会うことができたら
赤ちゃんができるんだよ。これって奇跡みたいなことなんだよ♡」

と言うと、「え~♡すごいね♪」と目をキラキラさせていた。
命の大切さを伝えたいとはりきっていた当時の私は
ドキドキしながらも子どもとこんな話ができて嬉しく思った。

その瞬間
「でも、その卵子と精子ってどうやって出会うの?」と聞かれ、
それ以上答えることのできなかった23歳の私がいた。

その後、中学校の先生と交流する機会が多く、中学生での妊娠が問題になっていると聞き、危機感を感じた。

性教育の必要性&いのちの尊さを学ぶ必要性を感じた。
中学校に丸投げではいけない、
小学校でも取り組まなきゃ…という焦りを感じた。

だからこそ、どの学年を持っても、
どの時間からでも、いのちの大切さにつなげることを
ずっと意識してきた。

4年生では、保健の学習で性教育を学ぶ。
産休に入る前に4年生を持った時には、教科学習よりも何よりも、
命を大切にできる子になってほしい…

そう考え、自身の妊娠中の「子に対する母の想い」を伝えたり、LGBTsにふれるなど教科書以上の学びに取り組んだりした。

…でも。

15年以上前からのギモンであり核心をついた、

「卵子と精子がどうやって出会うの?」

に対する答えを学校でみんなと一緒に学ぶのは難しかった。

「学校ではここまでしか取り扱わない」

と決められ、家庭それぞれの考え方がある中で、
やはり踏み込めない領域が存在した。

「性教育は大切。性教育はいのちの教育。性教育はいやらしい話ではなく、
とても大切な話。」

…そう考えつつも、
どう伝えたらいいのかわからなかった私が、育休中、家庭で取り組める性教育
「パンツの教室」に出会った。

当時おむつが外れたばかりの2歳息子に対し、
少しずつパンツの教室で学んだことを少しずつ実践してきた。

楽しい♡ 幸せ♡ もっとやりたい♡

そんな思いにさせてくれた、パンツの教室。
でも、学校現場でそのまま使えるかと言えば難しいのが現実。

やりたくないわけじゃないんです。
やりたいんです。でも難しいんです。

だからこそ、それぞれのご家庭で、一番近い存在である親が、
我が子に伝えてほしい。

そして、伝える前に、まずは知ってほしい。
そんな思いから、のじま先生のお話を聞く機会を設けました。

 

 

 

この投稿を拝読した時

感動と一緒に使命感も沸いてきました。

 

 

 

対面の予定が、コロナ禍のため

オンラインになりましたが

だからと言って、差があるようなことはしたくない。

 

 

 

オンラインだからこそ繋がれる今

私が届けたいことを2時間にわたって

お届けしました。

 

 

 

 

 

私は知っています。

 

 

報道には載らない事件やトラブルが

沢山子供たちに起こっていることを。

 

 

 

ネットの影響で、

子ども達のモラルが、常識が、

大人の指導を必要なレベルにまで来ていることを。

 

 

 

子ども達は素直です。

だからこそ、発信されたものを鵜呑みにしますし、行動にもうつします。

 

 

 

保育園や小学生でもネットを使いこなす今、

ネットを信用している子が余りにも多いのです。

 

 

☑情報は一度立ち止まって、複数の媒体で調べる事。

☑発信者となるとき、それは誰かを傷つけつける行為にならないか。

☑自分を傷つける行為とはなにか

☑1人でいるときにどんなトラブルが起きるのか。

 

 

 

考えるための【 知識 】を

子ども達に持ってほしい。

 

箱の中にコミュニケーションを求める子供たちに

大人の協力が今、欠かせません。

 

 

ということで、

 

 

 

 

まずは今、

小中高生が巻き込まれているトラブル事例や

子ども達が使いこなすSNSの驚きの事例、

子ども達と大人との価値観のギャップ

。。。etc 

 

 

 

こちらを、

100組の大人の皆さんにお届けしました。

 

 

 

 

きっとね、

驚きの、、、連続だったかもしれません(笑)

 

 

 

親御さんの耳にはなかなか届かない

子供たちの今を知ることで

大人の価値観は初めて変わります。

 

 

 

中学校の先生から、

『かなり勉強になりました。

まさか、ここまで進んでいるとは。。。

学校の授業に生かします!

ありがとうございます!』

 

 

 

と、感想をいただいたことが

とてもうれしかったです!

 

 

 

 

子ども達の今を、将来を守るためには、

子ども達自身が学ぶことも大切ですが、

保護者や教育者、子供にかかわる

大人のみなさんの協力も必要不可欠なので時代です。

 

 

 

大人が情報弱者にならないよう、

より安心で安全な社会を目指して

私も発信やセミナーを通して

情報を届けていきたいと思います!

 

今日の感想をこちらにいただけると嬉しいです♡

https://ameblo.jp/naminon81/entry-12649273813.html

本日はここまで!

 

 

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

まずは今日も嬉しいご報告。

【すごいぞパンツの教室第3弾!】

元旦にLINE NEWSに取り上げられ、

すぐに1月号の
看護協会機関誌に
巻頭カラーで掲載されたパンツの教室。
 
 
 
第3弾は。。。
雑誌ESSEのWeb版で
取材いただいたものを取り上げてくださいましたー!
3歳から親子ではじめる とにかく明るい性教育パンツの教室! 2021年はスタートダッシュが すごいです♡ 広がれ明るい性教育!
 
では、今日のトピックです。
 
 
 
先日のYoutubeライブ
ご覧いただいた皆様、
ありがとうございます!
 
 
 
 
めちゃくちゃ反響が大きく、
 
 
 
 
『インストラクターさんたちが
たのしそうなので養成講座を決めました!』
 
 
 
 
と言いう方が
とても多かったです(^_^)
 
 
 
60名近くの方に
年末年始グループ面談を開催した私。
 
 
 
 
その中で
全員にとある質問をしたんです。
 
 
 
 
『TikTokってみたことありますか』
 
 
 
 
って。
 
 
 
 
実際、
アプリをダウンロードして
視聴したことがあるのは
60名中たったのお一方でした。
 
 
 
 
なぜこれを質問したのかというとね、
 
 
 
今、小学校1年生の子供達も
TikTokを見ている子が多く、
Youtubeをくってしまうのでは?
という位、子ども達の間に浸透しているこのSNS.。
 
 
 
 
その中で楽しいものもあれば
中には
 
 
 
『まんこの中に手を入れたい』
 
 
 
何てアダルト感満載の自主製作の音楽が
時折ふいに流れてしまうのが
TikTokの弊害だったりします。
 
 
 
 
私が視聴していた時にこの音楽が流れて、
さすがにびっくりしすぎて
勘違いか?と3度も聞き返してしまったのじま。
 
 
 
 
願いはむなしく本当に
まんこの中に手を入れたいと
しっかり流れておりました(笑)
 
 
 
 
子育ては
 
 
 
【 転ばぬ先の杖になってはいけない 】
【 子どもに自立をさせるべき 】
 
 
 
 
そんな風に言われますが、
性教育だけは別。
 
 
 
 
先回りの育児をすることが
めっっっっっっちゃくちゃ大事になってきます。
 
 
 
子ども達より先に
情報を手に入れておかないとね、
 
 
 
 
あっという間に
子供たちが先に行ってしまっている。。。
 
 
 
 
なーーーんてことが本当にあるからです!
 
 
 
 
実際、
私も今日同じようなことがありまして、
 
 
 
 
JCすごいな、、、、、と
思ったところでして(笑)
 
 
 
のじまが度肝をぬいた
JCの発言はこちら!
 
 
 
イマドキの子ってホントにすごい!
だからこそ、
 
 
 
 
先回りして、
性の情報は手に入れておいてほしい。
 
 
 
 
インスラクターさんたちは
その情報を誰より先にゲットできる
最高の場にいるので
子どもたちに毎回還元されています。
 
 
 
 
子どもの明るい未来のために
性教育を伝える場に立つという選択肢を
この特大割引の際に
ぜひ検討してみてくださいね!
 
 
 
本日はここまで♪

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

実は、
元旦のLINEニュースの
ピックアップに続いて、
 
 
 
またまた、嬉しいご報告♡
 
 
 
看護師なら
絶対みなさんご存知の
看護協会に取材いただき、
 
 
 
日本看護協会機関誌
看護1月号の巻頭カラーに
とにかく明るい性教育
パンツの教室協会理事として
取り上げていただきました!!!
 
 
 
 
元看護師のわたし。
 
 
 
今回の取材は
とても嬉しい依頼で、
取材時にいろんな話で盛り上がったので、
楽しい様子が伝わるかと思います!
 
 
 
 
看護にまつわる皆様。
ぜひ、ご覧くださいませ♪
 
 
 
 
 
———–
 
 
今日は、インストラクター準備中の
沖縄在住
 
 
つかやませいらさんからきた
メッセージをご紹介。
 
(掲載の許可をいただいています)
 
 
 

ーーーー

こんばんは!

インストラクター養成講座を受講している、

沖縄在住のつかやま せいらです。

 
 
最近沖縄の地方紙でも、
「性教育」が取り上げられるようになりました!
 
 
その中で
「小学生は妊娠しない?」
という小学生からの質問がありました。
 
 
 
これって、
妊娠する過程、
妊娠する条件を知らないから、
このような質問が出てくるんだと思います。
 
 
 
普段から、性教育している我が子でも、
ちゃんと理解してないと思います!
 
 
 
我が家はまだ生理が来る前から性教育が出来たから、
まだいい方ですが、
性教育!絶対今から必要な教育になってきますよね。
 
 
 
できちゃった婚が多い沖縄だからこそ、
ステップファミリーだらけの沖縄だからこそ、
ちゃんと性教育を広めていきたいと思います!
 
 
 
沖縄本島中部の進学校(高校)では、
修学旅行後に退学する女生徒が数人いる!
という噂がありました。
 
 
 
修学旅行で親の目がない時にやる事、
普段勉強や塾詰めで遊ぶ暇がない進学校の生徒達、
テンション上がってやってしまうこと、、
といったら、
セックスしかないですよね。
 
 
 
 
最初は
「○○高校に通ってるのに、 
 セックスしたら子ども出来るの知らないの?」
って思ってましたが、
やっぱり高校生でも子ども。
 
 
 
 
「自分は大丈夫!」と
コンドームも着けずにやる子が多い事実に
ビックリしました。
 
 
熱くなりすぎましたが 笑
性教育、もっと広げていきます!
今年もも宜しくお願い致します

ーーーーーーーーーーーーー

つかやまさん、

メッセージありがとうございます。

今の日本の小学生にも、

中学生にも、

高校生にも、

性の知識はほとんどないといっても

過言ではありません。

それはもう、

子ども達の責任ではなく

仕方がない事。

伝える側の大人である

指導者にも、親にも

この知識がほとんどないからです。

文部科学省は2021年4月から、

「生命(いのち)の安全教育」という新しい授業を、

幼稚園から大学までの各段階で導入する方針です。

具体的な内容はまだ発表になっていませんが、

水着ゾーンや、

デートDVの危険性、

SNSで人と出会うリスク

などを教えてくれるようになるそうです。

でも、やはり相変わらず

性行為には触れないというところは変わらない。

。。。。もどかしいですね(T_T)

コロナで中高生の妊娠は確実に増えているのに。

私のところに寄せられる

未就学や、小学生が起こす

性トラブルは3倍近くに増えたのに。

生理がきていれば

小学生でも妊娠するよ。

誰かが教えて上げられたらいいのに。

なぜ?と聞かれた時に

答えてくれる人が増えたらいいのに。

マッチングアプリを使いこなす

小学生女子がもういます。

大人よ今こそ立ち上がろう!

これが今年の

パンツの教室のスローガンです。

 

子ども達の生活は

良くも悪くも、

環境が一番左右します。

例え、

お友達との話の中で

間違った情報を手に入れても、

例え、

ネットで知らず知らずのうちに

アダルトサイトにアクセスしても

正しい知識さえあれば、

間違った情報に

振り回されることはありません(^_^)

大人が勇気を出そう。

可愛い我が子のためなら、

きっとその勇気、振り絞れるはずですよ!

こまったら、

パンツの教室を頼ってくださいね♪

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 
新年あけまして、
おめでとうございます!
 
 
 
実家に帰ることを自粛した今年。
のじまは自宅でゆっくり過ごしております^^ 
 
 
 
せっかくなので
早起きして
夫婦でおせちを盛りつけて
 
 
 
2021年、
どんなことをしたいのか、
子供達が起きてくるまでの間
元旦の朝夫と話し合う。。
 
 
 
な〜んて、
今までやってことのないこともしたりして(笑)
 
 
 
 
 
 
 
『今年も突っ走るんでしょ!?(笑)』
 
と、
笑いながら夫に言われましたが、
 
 
 
 
支えてもらって
走り続けられた2020年。
 
 
 
 
家族があってこその
仕事です。
 
 
今年も去年と同じように、
自分も、家族も、仕事も
全部いいとこ取りしていきます!
 
 
 
どれも諦めない✨
それが今年わたしの
スローガンです!
 
 
 
もちろん2021年の具体的な目標も
もうすでに手帳に書き込みましたよー^^
 
 
 
============
2021年。
1万人に性教育を!
============
 
 
 
大きな夢ですが、
叶わない夢ではないと思っています!
 
 
 
ちなみに、、、、、
 
 

㊗️2021年初掲載㊗️
 
 
 
なんとーーー!!!
元旦から幸先がよすぎる NEWSが♡
 
 
 
元旦のLINE NEWS一発目。
わたしがVERYのウェブ版で
連載させていただいてる性教育の記事が
トピックスでアップされました♡
 
 
 
これは。。。2021年
3歳からの性教育!【パンツ教室】が
たくさんの方に広がる前触れのはず!
 
 
 
 
記事内容はこちらです!
 

幸先の良いスタートが切れた

パンツの教室。

まだ出会っていない方にも、、

出会って下さった方の元にも届くよう、

発信していきます!

本年も、

どうぞよろしくお願いいたします!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

○○○さん

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

数年前に『14歳の母』という

センセーショナルなドラマがあったこと

覚えていますか?

 

その当時も

これ見ていいのかな。。。。

 

凄くざわざわしながら

でも、興味津々にみていたドラマでした。

 

で、最近、性にまつわる仕事をする中で

聞こえてくるのが

 

小学生での妊娠。

 

重い。。。重いですよね(汗)

 

○○○さんのお気持ちは

重々わかりますが、

 

でも、これ、

逃げてていい話でしょうか?

 

なぜならね、

これがもう、他人事では済まされないから。

 

『小学校5年生で妊娠しました。』

 

こんな話が私の耳に入ってくるようになって、

それが1件2件では

なくなったからなんです。

 

○○○さんが思う

小学生で妊娠してしまう子ってどんな子ですか?

 

少しませた子?

勉強ばかりさせられてる子?

大人びた子?

家庭が荒れてる子?

親が離婚してる子?

ステップファミリー?

 

色んな家庭を想像すると思うけど、

 

実際は、、、、

 

目立つ子よりも普通の子。

 

そして、、、

ここ○○○さんの家庭にも

当てはまるかも知れないところ。

 

一番の原因が

寂しさ抱えている子

 

親が共働きだったり。

成績でしか評価されなかったり。

両親が不仲だったり。

兄妹が多かったり。

意外なのは高収入の子だったりもするんです。

 

この中で1つも当てはまらない子って

少ないんじゃないでしょうか?

 

みんなね、言葉にできない寂しさを抱えています。

 

今時の子は塾に通ったり、習い事で

ただでさえ会話の時間がないですよね?

 

我が家も長女が高学年の時に塾に通い始め、

話す時間がぐっと減りました。

 

そして、生理も来ていました。

 

だからね、我が家も

明日は我が身なんです。

 

言葉に出来ない声を

どれだけ分かってあげられるか

拾ってあげられるか。

 

高学年になれば

私たち大人の背丈を越し、秘密も出てきます。

 

間違いだって犯すかもしれません。

 

性教育に正解はないけれど、

 

間違った情報を鵜呑みにしてしまう危うさを抱える高学年。

 

初めて、恋に恋して、

異性に興味を持つのもこの時期です。

 

間違いを起こすこと、

そのすべてが子どもの責任とは言えませんよね。

 

私たち親が出来ることは

子どもの寂しさを見過ごさないこと

 

そして、

生きるための正しい知識と力を与える事。

 

いつでも話し合える関係を築いておくこと。

 

それだけなのかもしれません。

 

我が家では林間学校を直前に控えているので、

せっかくの機会、娘にSEXとは?

と話し合ってみました。

 

これが、衝撃的で、かなり楽しくて(笑)

 

改めて、話してよかった。

そう思えた出来事でした!

 

長くなったので、この話は

また書きますね(^^♪

 

 

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*