HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

昨日は

50名が参加した

パンツの教室初級講座&

インストラクター養成講座でした「(^_^)

 

 

今回はね、

なんと、なんとーーーーーーー!!!

アメリカ、タイ、オーストラリア

そして、全国津々浦々

北は北海道から、南は鹿児島まで!

本当にたくさんの方が

初級講座にご参加くださいました♡

 

 

 

 

『3年前からのじま先生に会いたくて!』

 

『オンラインありがとうございます!

 やっと受講できます!』

 

『本を読ませていただいてから

 絶対に受けようと決めてました!』

 

 

 

いやーこれ。

やっぱりオンライン化が

進んだからこその恩恵ですよね((^_^)

 

 

 

 

本当だったら

会うことのできなかった方に

お伝えできるって、

心底嬉しくて、感謝しかありません!

 

 

 

妊娠中の方から高校生のお母さんまで!

 

 

 

『子供に性教育をつたえたい!

 守りたい!』

 

 

 

・そのためには何が必要なのか?

 

・つたえたい気持ちだけで

 すすめてて大丈夫?

 

・まず、伝える前にすることは?

・今、何が子供たちに起こっているのか

 

 

 

そんな大事なお話を

させていただきました。

実際、

50名の受講生さんのうち

私の本を持ってくださっている方が9割。

でもね、

ほとんどの方が満足に

子ども達に《性》の話ができなかったそう。

。。。。。

そりゃそうです!

きっかけになればいい♡

そう思いながら書いていますが

なかなか、あの200ページ足らずに

情報ははいりきりません(^_^)

その代わり、

めちゃくちゃ真剣にわかりやすく

必要だって思ってもらえるように

何百時間をかけて書きました。

性教育の入り口を

大きなものにしたかったので♪

ただ、

講座はその

100倍はいいですよーーー!!!!

昨日も

たくさんの方を

泣かせてしまいました。。。。

私、性教育は

愛情と防犯だとも思っていますし、

それを伝えてくださるお母さんには、

自分の子育てに

自信を持ってほしい。

本気で思っているので

本気の応援をします。

子どもだけじゃなく、

未来を支えてくれる

お母さんたちには、

やっぱり、

最高のエールを送りたいじゃないですか(*^^*)

でね、

やっぱり知っていてほしい事もあって。

子どもが巻き込まれる性的な事件は、

我が家にも、インストラクターのお家にも

やっぱり起きています(笑)

なので、

毎回、私もインストラクターさんも

話す内容も日々アップデートされます。

昨日受講いただいた方は、

『先生の情報がすごすぎて、、、、

 口があんぐりです、、、、』

と、お話されてました(笑)

それを受けて、

こんな嬉しいメッセージをくださった方も!

ーーーーーーーーーーーーーー

Kと申します。5歳と2歳の男子の母です。

本当に素晴らしい講座、感謝しかありません。

この講座を受けてすごく反省しました。

「生まれてきてくれてありがとう」と、思ってはいても

子供たちに最近全然伝えていなかったなと。

むしろ、コロナの自粛生活。

幼稚園も保育園も休園で

一日中子供たちの相手をする中で、

イライラすることもしばしば。

今日、初級セミナー終了後の夕食の時に、

早速宣言させて頂きました。

そして、子供たちに、謝りました。

「生まれてきてくれてありがとう、って

きちんと伝えていなくてごめんね」と。

それから、今日のテキストを見せて、

5歳の長男には、

男の子と女の子の体の違いを説明しました。

これまでの私の中途半端な説明により、

「赤ちゃんはお腹から出てくる」と

思っていた長男は、赤ちゃんが

「幸せの穴」から出てくることに「えー!!!」と

すごく驚いていました。

「どうやってこの穴から赤ちゃんが出てくるの?」と

聞かれたので、久しぶりに胎内の写真を引っ張り出しながら

「ママも頑張ったし、○○も頑張って生まれたんだよ」と

と伝えました。

その他「どうして、女の子と男の子のおちんちんの形は違うの?」

など、興味津々、前向きにいろいろ聞いてくれました。2歳の次男にも

これから少しずつ話して行こうと思います。

この教室を受けて、私の心持ちが変わったことで、

家の中が温かい雰囲気に包まれているような、

そんな気がしました。

我が家は、

子供が未就学児のうちに

パンツの教室に出会えて幸運でした。

中級講座も受講予定です。

次回も心して受講させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

Kさん、、、ありがとう♡

大人の方に知識があるとね、

何を聞かれても大丈夫。

そんな自信がうまれます。

それは、安心となり

子どもたちに対する声掛けも

変わってくるものなんです。

生まれてきてありがとうという言葉も。

テキストを見せて、

体の違いを説明くださったときも

きっと、

一昨日までの何も知らないままだった

Kさんとは違ったはずです。

始めた家庭にしかわからない

安心と、信頼と、絆ってね

やっぱりあるんです。

私は、

自分に安心が欲しいために

性教育をしているところも、

実は多いにあったりします。

 

 

 

だって、、、、

今どき中学生のSNS事情は

皆さんが想像する

何十倍もすごいから!

初級でも

ちらっとシェアしましたが、

ひぇ〜〜っっ!!!!!

の悲鳴が

画面ごしでも伝わってくようでした((笑)

でも、

受講生さんにSNSの話をすると、

『絶対性教育必要です!!!!』

そう、

口をそろえて言うくらい

今の子供たちは

性犯罪ぎりぎりの

危うい世界に生きています。

守っていきましょう。。。!!!!!

伝えていきましょう。。。!!!!

子ども達の笑顔が、

一瞬でも曇ることがないように。

性教育は親から贈る

最高のプレゼント!

二の足を踏んでいる方、

どうしても伝えられないという方は

パンツの教室を頼ってくださいね(^_^)

全国180名のインストラクターも

オンラインで初級、中級講座を

バンバンやっております!

下記 ホームページをご確認くださいませ。

https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar/

 

本日はここまで!;

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

 

○○○さん、こんばんは

 

 

 

 

 

 

最近流行りのこの言葉

 

 

 

『自己肯定感』

 

 

 

 

私、実はこの言葉に、

かなりの違和感、、、、

いや、嫌悪感がありまして。

 

 

 

この言葉を聞くたびに

正直疲れていく自分がいます。

嫌いなんです、この言葉。

 

 

 

 

こんな言葉があるから

自己肯定感が低いやら、

自己肯定感が高いやら

 

 

 

何かと人生損得で考えて

損してしまうんですよね。

 

 

 

 

正しく、

ネガティブキャンペーンの

連鎖になるの。

 

 

 

 

 

そもそも

常に自分を肯定しなきゃいけないのかしら?

 

 

 

常に林家ペーパー子師匠みたいだったり、

江頭2:50さんのペースだと、

 

 

 

疲れちゃうでしょ?(笑)

 

 

 

 

肯定しなくても

そのままのあなたでいいんです。

 

 

 

 

 

だれだって、

人生って山あり谷あり、

いい時もあれば、悪い時もある。

 

 

 

 

自己肯定感っていう言葉で

肯定しなきゃって思うから

 

 

 

気分をあげれない自分に落ち込んだり

嫌悪したり、

つらくなったりするんだよね。

 

 

 

いいじゃない。

落ち込んだって、

嫌な本音ぶちまけたって、

醜態さらしたって。

 

 

 

 

 

一番大事なことはね

そこから人生をプラスに変える力があるかどうかって事。

 

 

 

 

これって、

自分の中の

弱い、かぼそい、醜い、汚い、

本音を知ることでしか

見えてこないのね。

 

 

 

 

 

だからこそ、

落ち込んで、うなだれて

どん底を味わうことも大事。

 

 

 

 

そこで

初めて見えてくるものがあるんです。

 

 

 

 

その時見えた

本音を、どんどん行動に移して

人生をプラスに変えられる力をもった人が

最強の人なんじゃないかな。

 

 

 

 

私だってそう。

9月に起業し、その2か月前まで

PCでメールの送受信もしたことなかったんです。

お恥ずかしい。。。

 

 

 

それはそれは、WEBまわり苦労しました。

 

 

 

ブログも、FBも、メルマガも

出来ないことだらけのオンパレード。

 

 

 

 

もう、人が5分で終わるものを3時間かけたりしてね(一一”)

 

 

 

 

なんで使えないんだろう、

はぁ。。。

いけてない私。。

そう思ったことも何十回もある。

 

 

 

やさぐれてふて寝したこともあった。

 

 

 

 

だけど、

 

これが私が親からもらった

一番最強の強みなんですが、

 

 

 

 

 

それが、

 

 

 

 

『何とかなるさ、だって、私だし!』

 

 

 

 

最後の最後はそう思えるって事。

 

 

 

 

 

 

これは本当に親に感謝です。

 

 

 

 

何とかなるさ!

精神でやることやったら、

次々に新しいことにチャレンジ

できるようになりました。

 

 

 

 

 

『何とかなるさ~私だし♡』

 

 

 

こうやってね、

ありのままを受け入れて、

この精神で諦めず行動し続けたら、

 

 

 

 

色んな方に

私の性教育を応援してもらえて、

ビックリするくらいの加速スピードに

のっておりました。

 

 

 

 

昔から、このプラスに変える力はかなり高かったのか

年齢問わず

相談事をされることが多い私。

 

 

 

 

これって、多分

その人の悩みを

ジャッジしないからなんですよね。

 

 

 

 

人生をプラスに変える力=自己肯定感が高い人

 

 

 

こんな風に考えると

落ち込むことも

決して悪くないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

自己肯定感が高い、

低いと心配するのではなく

ぜひ、お子さんには

 

 

 

 

 

どんな時も私だから大丈夫。

 

 

 

 

そう思える心を養ってあげてください。

 

 

 

それには

どんな時も『大丈夫』

そう言い続けることが重要!

お母さんの声かけを、

忘れないでくださいね。

 

 

○○○さんのお子さんが

【自己肯定感】で悩まず

人生楽しんだもん勝ち !

 

 

そう思って、

ピンチをチャンスに変える力を持った

お子さんになりますように♪

 

 

 

 

本日はここまで! 

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

前回の記事、

天に召されたあなたへ。

反響がものすごく、

感想メールが後を絶ちません。

⇓  ⇓  ⇓

天国にめされたあなたへ

https://ameblo.jp/naminon81/entry-12601595172.html

お母様をなくされた

私の友人が話してましたが、

自分の子供を守るために始めた

性教育。

だけど、その前に

性教育って自分の親との関係を

深く直視しないといけないものでは?

と、気づかされたと。

少し掛け違えた親子の糸を

キレイに整えるのは

少し勇気と時間が必要で。

だけどね、

いつからだって間に合うんです。

遅すぎることってありません。

我が子とも、

自分の両親とも

分かり合えるに越したことはないですもの。

先日届いた1通の投稿にも

同じように

母娘って

同じように思いあってても

時に、行違うこともあるのかも、、、、

そう、

気付かされたことがありました。

ーーーーーーーーーーー

【娘からの手紙】

 

お風呂上がりのドライヤーをしながら 

 

 

 

お母さんに手紙書いたからね 

と娘

 

「ありがとう」と受け取ると、

 

そこには 

 

 

“おかあさんはわたしのことがすきなの?“

 

の文字。

 

 

 

あぁ

なぜ私は、

この子にこんな想いをさせてしまったのだろうか 

 

 

 

膝に乗ってる娘に 

「娘ちゃんのこと大好きだよ」

「お母さんが好きか心配になっちゃったの?」

 

しづかに尋ねると

静かにうなずく娘 

 

ごめんね

「大好きだし愛してるし

生まれてきてくれてありがとうって思ってるよ」

 

 

 

そう

生まれてきてくれてありがとう 

 

 

 

本当に心から”強く“”強く“そう思った 

 

 

 

 

それを言葉できちんと伝えないと 

 

 

ごめんね 

最近怒ってばっかりだったよね 

 

 

 

お母さんも

どうしていいかわからないの 

 

 

 

 

ごめんね 

 

 

 

 

大好きは本当だよ 

 

 

 

 

その想いを込めて 

 

 

 

 

「生まれてきてくれてありがとう」 

 

 

 

 

もう1度言った 

 

 

 

 

少し安心する娘の顔を 

ぎゅっとぎゅっーーっと抱きしめて 

 

 

 

 

この子の笑顔を

私が守らないでどうするんだと 

 

 

そう誓った 

 

 

 

 

子どもが寂しさを感じることも 

愛を求めることも  

まだまだある  

 

 

 

そんな時 

 

 

「生まれてきてくれてありがとう」 

 

 

 

 

の気持ちを

真っ直ぐにすぐ伝えることができるか   

 

 

 

私が心から

自然と言えたのには秘密がある 

 

 

 

 

答えは「パンツの教室」 

 

そう、性教育のおかげ

 

 

性教育は愛の教育

性教育は命の教育

 

 

 

私が学んだ

親子で語るとにかく明るい性教育

【パンツの教室】

のじま なみ先生をしってほしい。

ーーーーーーーーーーーー

私は、

娘ちゃんに寂しい思いをさせたかもしれないと

後悔と、罪悪感と、切なさを抱く

Hさんにこう言いました。

その言葉を言わせたのではなく、

その言葉を言える関係を築けてるってことが

実はとってもすごい事。

誰しもが一度や二度、

お母さん私のこと好きかな?と思うもの。

それを表現できなくて

大人になっても苦しんでる方がたくさんいます。

Hさんの子育ては間違っていません。

むしろ、、、、、、10000点ですよ

って(^_^)

Hさん。

そんな視点があるなんて、、、!!!

と驚かれておりましたが、

この仕事をして、

年間1万人のかたをサポ―トして

思うこと。

それは、

いつの世も、

お母さんはナンバー1ってこと。

子ども達は

お母さんを通して

世の中の大事な事、

人間関係、

コミュニケーションを学びます。

だから、もし、

抱っこして上げれる時期に

色んな感情を子どもがぶつけてきたら、

どーんとした気持ちで

受け止めてあげてください。

時に生意気なことを言うかもしれないけれど。

抱っこしてあげられる時期は

そんなに長くはないですから。

後で後悔しないように(^_^)

今できること

今伝えられることは

我が子にも、親にも、

言葉で届けていきましょうね♡

抱っこして上げれる時期に

沢山抱っこして、

愛情貯金を満タンにしてあげといてください。

お母さんは

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

女の子は

おしゃれが大好きですよね。

 

 

洋服だって

スカートにズボンに

短パンにワンピースに

 

 

ネックレスにイヤリング

カチューシャ、ヘアゴム

 

あらまぁ。。。。

なんと男の子とは

比べ物にならないくらい

アイテムの多いこと!!!

 

 

自分を素敵に見せたい♡

 

 

そんな心は,

それこそ2歳くらい頃からすでにあって

鏡をみては、笑顔の練習をしたり、

ピンの位置を気にしたりしますよね(^^♪

 

 

もう、これって

DNAに刻み込まれた本能なんです。

 

 

何千年も前から

 

 

女性は

より素晴らしい子孫を残すため、

 

 

 

屈強でたくましい

ちょっとやそっとじゃへこたれない

精子を求めてきました。

 

 

そうでなければ、家も洋服もない

原始時代では

赤ちゃんは生きていけないですからね。

 

 

寒さにも、飢えにも負けない、

生き抜くための

力強い精子を得るために、

 

 

より着飾り、より美しくみせ、

えりすぐりの男性に自分を選んでもらえるよう

女性は美を追求してきたんです。

 

 

で、この

自分を可愛く、美しく見せたい♡

 

 

 

この気持ちは、

女性4人の我が家では大問題!!!

 

 

朝の洗面台は鏡を見たい
娘たちで取り合いになり、

私は化粧どころではなくて(涙)。

 

 

多分、

我が家も同じ!!!!

って、ご家庭も多いのではないでしょうか(笑)?

 

 

靴下のワンポイントの刺繍の位置まで
こだわり抜いて

 

 

 

髪型への、執念は半端でない。

我が家の姫たち。。。。

 

 

母は思う。

 

 

こんなにこだわって、

 

結局1日おきに同じコーディネートなら、

 

 

悩む必要はないのでは(笑)?

 

 

 

中学生・小学生の娘達歳の娘でこんなにこだわるのなら。。。

 

 

 

まだ幼児の三姫まで加わるであろう
数年後の朝のこの修羅場。。。

 

 

正直、ゾッとします( ̄▽ ̄)

 

 

 

ということで、ここからが本題。

あら?前置きが長すぎましたね(笑)

 

 

自分を可愛く、美しく見せたい♡

 

 

女の子ってね、

いつの世も見た目が命。

 

 

これって、

要は他人からの評価

とっても気になるって事。

 

 

なので、

 

 

≪女の子へ叱る時のポイント!!!≫

 

 

人のいない部屋にうつし、

声を荒げずに静かに問いただす事!!

 

 

これが大切なんです。

 

 

なぜかって?

 

 

だって、

男の子よりも仲間意識が高い女の子。

 

 

人前で怒られると自分は浮いた存在であると思い込んで

叱られてる内容なんて

聞かなくなってしまいますから。

 

 

 

あぁ。。。

誰誰ちゃんがそばで見てる

恥ずかしい。。。

 

 

 

あぁぁ。。。

弟が見てる前で

かっこ悪い。。。

 

 

私たちだって、

上司に叱られてるところを同僚に見られたら

 

 

 

ああ。。。

同僚や先輩たち、なんて思うかな私の事(汗)

 

 

どうしよう。。どうしよう。。どうしよう。。

ぐるぐる考えて頭真っ白。

 

 

ね、

こんなんじゃ

まったく上司の話聞けませんよね。

 

 

よしっ!

この仕事で挽回して評価を上げよう!!!

そう思うのは男の子だけ。

 

 

 

 

ここで大切なのが

【女の子は他人の評価が優先】ってこと。

 

 

 

なので伝え方も重要ですよ。

 

 

何故かって?

 

 

だって、

叱るときに、伝えた言葉で

その子の内面まで変えてしまうから。

 

 

 

ここでやはり【伝えるための魔法の言葉】が必須なんですね。

 

 

 

『前はできたのに、今日はどうしたの?』

 

 

これはもう、無意識で

ママがいつも見ていてくれている。

 

 

そんな風に思うんですよね。

 

女の子は見ていてほしい、

注目してほしい生き物です。

 

 

 

だから、いつも見ている。

当然、これが理想なんですよね。

 

 

 

いつもみているよ。

 

 

【女の子を叱るときの魔法の言葉】

いかがでしたか?

 

 

他人と比較する事、これだけはやめて下さいね。

私も自戒の念を込めて、本日のメルマガといたします! 

 

 

本日はここまで!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】協会代表理事

のじま なみです。

 

 

○○○さん、こんばんは

 

 
 
 
 
先日、
自慰行為について
メルマガに投稿したところ、
 
 
本当に沢山の反響をいただきました。
ありがとうございます
 
 
多分
おちんちんのこと、
生理の事
SEXのこと
 
 
 
この辺は
頑張って誰かに相談できたとしても、
 
 
 
『自慰』
 
 
 
これについては
どうしていいのか分からないお母さんが
多かったんでしょうね。
 
 
 
実際、我が家の子もやってます。
 
 
 
人によっては
力をこめて
ミノムシのように
寝そべって、もぞもぞする子。
 
 
人によっては
マッサージ器に
陰部を押し当ててみる子。
 
 
 
人によっては
上り棒で気持ちよさを味わう子
 
 
シャワーの水圧で
気持ちよさを味わう子
 
 
 
自転車の振動で
気持ちよさを味わう子
 
 
 
年齢や、性別によっても
これはさまざま。
 
 
 
ここで、○○○さんに知ってほしいこと!
 
 
 
改めて、基本的なことをお伝えしますね。
 
 
 
【自慰はね、胎児のころからやっている自然な行為です】
 
 
 
なので、
大人の男性、女性だってするものを
子供がしてはいけない理由はないんですよ(^^)
 
 
 
 
命をつなぐため
神様がそこに
 
 
 
【快】
 
 
 
っていう、大事な感覚を作ってくれているんです。
 
 
 
それなのに、お母さんは
突然、びっくりした顔で怒ったり、
はしたないと、ひどい言葉を言ったり
汚い、悪いことだと
理由なしにやめさせたりしたら
 
 
 
 
これは、いけないよね?
 
 
 
突然理由なしにやめさせられたら、
それは、見当外れに逆効果になってしまうかも。
 
 
 
そうするとね、
子供って、まるで
自分は、悪いもの、汚いものって
子供の将来につながる
 
 
 
身体に対する価値観、性意識
 
 
一番大事な、ここを
根本的に曲げてしまうんです。
 
 
 
 
寂しさ、ストレスで
自慰をやる子も、確かにいます。
 
 
 
楽しい遊びに誘いだしたり、
歌ったり、おどったり、
生活面を見直すと
スー――ッとなくなることもあります。
 
 
 
だけど、
寂しくなくても、
ただ、気持ちいいからする子もいるんです。
 
 
 
 
問題は、
そんな子へどう声をかけるか。
 
 
 
 
わたしが娘にしている声掛けはこんな感じ。
 
 
 
 
それは
自慰をしている子に
 
 
 
『気持ちいい?
 気持ちよくてよかったね♡
 
 
 それで落ち着くなら、眠れるならいいよ。
 
 
 だけど、それは人前ではしてはいけないの。
 
 
 だってそこは〇〇ゾーンだからね。
 
 覚えてるかな?』
 
 
 
 
 
『プライベートゾーンでしょ? 
 だから人前ではダメなんだよね!』
 
 
 
『イエーイ!! 正解! 
 だから、一人の時にこっそりやってね(^^♪』
 
 
 
こんな感じ。
 
 
 
 
 
成長過程にある子供って
心の成長、身体の成長
どちらも持ち合わせていて、
とっても不安定。
 
 
 
そこはね、
親の愛情だけでは
補えないところがあるんです。
 
 
 
自慰が、そのアンバランスな子供の
成長を補って癒してくれるなら
 
 
 
全然問題ないことです。
 
 
 
 
 
本日はここまで!
   
    
    

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*