HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

先日の

「隣で自慰する男の子。。。」

みなさん、ドン引きか?

 

と、思っていたんですが(笑)

 

結構な数のメッセージを

いただきました!

 

その中で、中学校の先生から

こんなメッセージが!

 

今の子どもたちに

一番近い方のお話なので

○○○さんに読んでほしいなと思い

シェアしますね!

 

「「「「「「「「「「

こんにちは

今日もメルマガをありがとうございます。

 

 

 

中学校で教師をしています。

教室での自慰行為、

私は目撃したことはありませんが

 

 

 

授業が成立しないほど荒れている学校では、

教師の手が回らないのをいいことに

 

 

 

授業中でも教室の後ろの方で

静かにキスしたり

性行為に及んでいたりすることも

 

 

 

稀にあると

聞いたことがあります。

 

 

 

まったく荒れていない学校では

(めったにないことですが)

中1、2の男子がモジモジしながら

 

 

 

「せんせー、オナニーってなんですか」

「せんせー、クンニってなんですか」

 

と聞きにくることもあります。

 

 

最初は何かのバツゲームか?

と思っていたのですが、

様子を見るとやはり本当に分からなくて、

 

でも性的なものらしいから

親には聞きづらくて、

 

 

モジモジ モジモジしながら

聞きにきます。

 

 

人の多いところでは私も恥ずかしいから、

保健室の先生に聞いてみたらどうかな?

 

と言ってしまいます(汗)

 

 

 

興味本位や雰囲気に流されて、

ファーストキスやセックスを

経験する子もいます。

 

 

 

初めての経験がお互い興味本位だったり

ノリだったりした子は、

 

 

 

そのままノリで

キスやセックスを続けがちな気がします。

 

 

 

思春期を迎えると、

性の関連は男子指導より

女子指導の方が重要だけど、

 

 

なんか「貞淑」な「処女万歳」

みたいな内容になってしまって

 

 

漫画を読めば少女漫画でも

キスやセックスシーンがあるような

 

子どもたちが朝読書用に買いやすいライトノベルでも

稀にどぎついセックスシーンの描写があるような

 

 

そんな社会の雰囲気に

逆行しているように感じてしまいます。

 

 

 

だからこそ、

のじま先生の「明るい性教育」が

 

 

 

親世代にも子世代にも伝わる「言語」として

必要とされるんだなぁ、

 

 

とメルマガを読んで感じました。

 

 

性のタブーに挑戦する!

とかではなく

 

 

 

性は自分を大切にすること

性は相手も大切にすることを

 

 

伝えていきたいです。

 

 

長文失礼しました。

 

==========

 

 

kさん、ありがとうございます!

リアル中学生日記ですね!

 

 

イマドキの子ども達って

うぶだったり、

と思ったら、

 

 

ビックリするくらい

進んでいたり。

 

 

簡単に言うと

すごく。。。二極化しているんです。

 

そんなことを考えていたら

以前読んだ、

こんな本を思い出しました。

 

 

『イマドキの若者のコミュニケーションはなぜ弱いのか』

↓    ↓    ↓

・イマドキの若者は

 →「おはようのあいさつが出来ない」

 

・言いたい事がまとまらない

 →「びみょう」

 

・相手のことが理解できない

 →「うざい」

 

 

 

 

自己肯定感を持てと言うけれど。。。

↓   ↓    ↓

 

・ほめられたことがない

・人と感動を共有したことがない

・感謝されたことがない

 

 

ドッキー―――ン!!!!!!

 

 

どれも、ややもすれば

我が子にも当てはまる事。

 

そして、衝撃の一文がこれ。

 

 

イマドキの若者はなぜ

セックスをするのか?

 

 

 

ドキドキしながら読み進めるとね、、、

 

↓   ↓   ↓

「寂しいから」

 

 

→誰かといたい

→二人でいることのハードルが低い

→セックスへのハードルが低い

→コミュニケーション能力が育っていない

→セックスもコミュニケーションの1つ

→「する?」

→「いいよ」

 

 

。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。

 

ホントに、

ガーーーンでした。

 

 

寂しさと言われたら、

 

もう

反論のしようがないんですもの。

 

 

我が家も共働き夫婦。

おじいちゃん、おばあちゃんは遠方。

 

必然的に、

子どもたちは

大人とかかわる時間が少ない。

 

そう、 

うちの子も例外ではないんです。

 

 

孤独や不安を感じやすい

生きづらい世の中だから。

 

 

だからこそね

 

 

子ども達に伝えてあげたい。

 

ひとりじゃないんだよ。

 

 

 

あなたには、

沢山の味方があるよ!

 

 

 

だからね、、、、

 

 

 

 

自分の心と身体を大事にしてね。

 

 

あなた達は 宝物だよ

って。

 

 

それは、親だけが言ってあげられる

心に刺さる一言だと思うから。

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

こんな子が狙われる!

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

人と話すことが好きな私としては

講演会って、本当にエネルギーをもらえる

大切な時間だったりします。

色んなお母さんにお会いする中で、

パンツの教室の講座で

何が一番人気かっていうと、

やっぱりここなんですよね。

【 防犯 】

ここは間違いありません(^_^)

 

加害者にも、

被害者にもしたくない

お母さんたちの、

そんな切なる願いが

ビンビン伝わってきて、

私も気合が入るところです!

 

で、そんな中、

こんな投稿を見つけてしまったんです。

 

Facebookで

シェアしたこのサイトの記事。

 

あまりの衝撃に、

なんと20件以上もシェアしていただきました。

沢山のお母さんが

ビックリしたみたいですね。

 

○○○さんにも、

ぜひ読んでほしいな~と思って。

http://corobuzz.com/archives/103334

どうですか?

これ。。。

恐ろしくないですか??

私ね、講座の中では、

防犯の話をがっつりするんですが、

体験会の中でも

そのエッセンスを

ぎゅぎゅと絞ったものをお届けしてるんです。

で、その体験会の中で

必ず聞く話があります。

それが、

『お子さんに

 どんな防犯の声かけをしていますか?』

という話です。

パンツの教室を始めてからで3000人以上のお母さんに出会ってきて、

同じ質問をしてきましたが、

○○○さんは

どんな答えが多いと思いますか?

 

実はね、、、、

何も話したことがない。

これが、一番多い答えなんです。

 

大体。。8割がたのお母さんが

この答えかな?

 

だからこそ、

少しでも知ってほしいと思っています。

 

声をかけるだけで

子どもを、悲しい事件から

守れることがあるんだよって事。

 

実はね、性犯罪には

あいやすい子

あいにくい子がいるんです。

 

ご存知でしたか?

性犯罪者が狙うのは、

おとなしい子でも、

人懐っこい子でもなく

性教育を受けていない子。

 

性犯罪者の多くは、

何かあったとき

大人に知らせることを知らない

性教育を受けていない子を狙います。

 

 

『お母さんに言うと嫌われるよ』

『お母さんの事、痛い目に合わせるよ』

こんな言葉で、

子どもたちはいとも簡単に

騙されてしまうんです。

 

そして、

なにか悲しいことがあっても

親に言えなかったりする。

 

まずは、

逃げるすべを教えて下さい。

大声をあげるすべを教えて下さい。

 

お母さんの声のかけ方しだいで、

何が危険かって感覚が

グッと身近になって

お子様自身が

自分をどうすれは守れるか、

きっと

理解してくれるようになりますから。

 

みんな、

誰も話さない話だから、

誰にも聞けない話だから

 

ここを話して行けるように

お母さん方に伝えていくことが

 

パンツの教室がみなさんに

お役に立てることかなと思っています(^^♪

 

パンツの教室を通して、

防犯意識が沢山の親子に広まりますように!

 

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

中学生男子が泣いた本

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

○○○さんの思春期って、

どんな感じでしたか?

私はね

親に沢山反抗しました。

親に沢山甘えました。

学校に行けない日もありました。

学校に行きたくて仕方がない日もありました。

同級生の男の子に

ドキドキ恋した日がありました。

同級生の女の子が

うらやましくて仕方がない日もありました。

思春期って、

親に対する葛藤。

自分に対する葛藤。

体の成長対する葛藤。

周囲の目に対する葛藤。

沢山の葛藤を乗り越えて

大人として深みのある人間として

一人前になっていくと思うんです。

でも、これって、

思春期真っただ中の私たちにとっても、

結構、気持ち的に辛かったりしませんでしたか?

今日はパンツの教室を卒業された、

中学校2年生の男の子をお持ちの

Fさんをご紹介しますね。

(以前に開催をしていた3か月アカデミーの生徒さんです)

受講前、まだまだ

あどけない感じだった息子君。

ですが、6か月たったころ

ある変化が現れました。

○○○さんも

想像つきましたよね?

そう、

反抗期!!!!!

あんなに可愛らしかったのに、、、

・基本姿勢がまずふてくされ

・寄ってくるときはお金だけ

笑いながらお話しする

Fさんに、

やっぱり

たくましいな~お母さんって!

尊敬の念を抱きました(^^)

Fさんがお話されたことは、

やはり、

反抗期に入る前に

セックスだとか、

コンドームのこと、

おちんちんの事

女性へのいたわり方

性犯罪

こんなことをきちんと話せてよかった。

と言う事でした。

反抗期に入ったら

そこを一からのスタートは、、、

かなり難しいですものね。

で、反抗期真っただ中の息子君に

中級講座内で作る

オリジナル絵本を渡したら、、、

息子君、

泣いていたんだそうです。

中学生。

親や友人が敵に見えたり

誰かと比べて、自分がちっぽけに思えたり。

1人孤独で胸を痛めたり。

きっとね

一生涯で一番ひとりで思い悩む時期って

この頃なんですよ。

だからこそ、

大人への階段を

一歩一歩進む彼らへ

『生まれてきてくれてありがとう』

こんな思いで作るこの1冊は

どんな言葉より、重みがあるんですよね。

セックスもしかり。

同性愛や

人をいたわる心。

どれだけ愛されて生まれてきたか。

そんな事が分かる

オリジナルの1冊を

今は中級講座の中でも作っています。

これが。。。。本当に

生まれてきたことに感謝するってうえで

すんごい人気があるんです♡

以下、Fさんの感想

です。

==========

のじま先生!

あっという間に過ぎた時間・・・

大変お世話になりました♪

1dayでのじま先生の視点と

性教育ってこんなに楽しくできるものなのか!!

と衝撃を受け、

不安もいっぱいの中、即受講を決めました。

褒め上手ななみさんと

皆さんのお話からのヒントを後ろ盾に、

毎回チャレンジしてこれたと感じています(^^♪

3時間の講義が、まぁ早い事!

頭フル回転、

心地よい疲労感&ヤル気に満ちて帰れたのは

皆さんのおかげです!

どんなメンバーでも

そんな雰囲気で進められるなみさんパワー、

ホント素敵です♪

正直、子どもたちが興味を持てるように

楽しく種まきから〜とはいかず、

直球勝負?!な実践が多かったです。

でも、

【あなたは望まれて生まれて来たかけがえのない大事な存在♡】

という所は感じてくれているかな…

だといいなぁと思っています♡

これからも、

益々パンツの教室は

パワーアップされていく事でしょう!

沢山のお母さん&お父さん&子どもたちが

待っています!!

ご活躍を期待しております!

※※※※※※※※※※※※

Fさんありがとうございます。

性の話をするとね

自分に自信を持てます。

それは

愛されていることを胸に刻むから。

人を愛する事を恐れません。

それは

愛されている喜びを知っているから。

人に優しくなることができます。

それは

愛をたくさん受け取ったから。

○○○さんも

幸せの種まき してみませんか?

まずは行動してみてくださいね^^

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

ママになる女性の

誰しもが通る道未知の領域

出産。

 

 

 

いつくるか分からない

『その日』に

 

 

夢を抱いたり

恐怖で不安になったり

 

 

あとから思い返すと

笑えてしまうような

必死過ぎるエピソードがあったり。

 

 

 

1つの命がこの世に誕生するって。

それぞれに

大切な思い出がありますよね。

 

 

 

パンツの教室では、

その一つ一つのエピソードに

光を当て、

子供達に

愛情と、命の大切さを伝える

思い出アルバムを

中級講座作っています。

協会になる前の

3か月アカデミーでも

同じものを作っていたのですが、

かーーーーーーなーーーーりーーーー!

 

 

 

評判がよく、

協会になっても、

同じものを作成する時間を設けています。

今日は、思い出アルバムを

仲間と一緒に作った生徒さんからの

あたたいメッセージがを

お伝えしますね。

 

========

おはようございます^_^

 

 

 

毎回、

自作されたアルバムをみて、

私まで涙ぐんでしまっています。

 

 

コトバより感情が勝ると

涙って出るもんなんですよね。

 

ゆうべ、

まもなく5歳になるムスメと

2人でお風呂に入りました。

 

ちょうど、

生理中だったので、

赤ちゃんの出来るしくみを話しました。

 

たくさんの精子のなかから、

ママの卵子と出会った幸運の精子から、

 

 

あなたが生まれてきたこと。

あなたは、強運の持ち主なんだから、

何があっても大丈夫だよ^_^

って話してみました!

 

『10/7の運動会のかけっこしたくない。

どうせ負けちゃうから。』

 

そんな風に言うので、

 

 

あなたは私と似て強運の持ち主だから、

大丈夫!

 

って伝えたかったんです。

 

のじま先生のアカデミーを

全6回卒業したら、

もっとわかりすく伝えられるんでしょうね!

 

 

なんだか、長くなっちゃいまして、

すみません。

のじま先生ののメルマガで、

少しずつ実践してます^_^

 

 

 

===============

 

 

Kさん、ありがとうございます(^^♪

 

 

きっと、Kさんの当たり前の

 

『基準』が

 

 

 

アカデミーの方や、

性教育を当たり前と思うメンバ―といることで

少しづつ変わってきているんですよね♪

 

 

 

大切なのは

『子供を大切に想う気持ち』に気づいて

それを言葉に出来るかどうか。

 

 

 

上手く伝えられなくても、

『あなたは私と似て強運の持ち主だから、』

っていう、Kさんの気持ちは、

 

 

 

 

必ず

お子さんに伝わっています(^^♪

 

 

 

 

もう1件。

 

=========

 

静岡のKと申します。

昨日からメールマガジン読ませていただいてます。

 

正確には今朝からでしょうか?

 

本当に 、本当にタイムリーで

朝から号泣して

スッキリしました。

 

夕べ 、8才 娘とバトルし、心が疲弊し

反省と後悔

 

私の口から出るのは

叱言か業務連絡みたいな内容になってしまう

 

愛おしいと思うし

仲良くもしたいのに   

上手く伝えられない。。。

 

暗くて長いトンネルに入り込んでしまったようで 

悩むというか

 

どこに向かえば   

自分にも娘にも大丈夫⭕

と言えるのだろうと考えていました。

夕べだけでなく

そろそろ反抗期の入り口に立った娘と

一緒に居ることが憂鬱だったので

 

『パンツの教室』( *´艸`) って 感じです

===============

 

 

 

反抗期。

きっとお母さんたちにとっては

 

 

お子さんを『許す』

まるで、

修行のような日々。

 

 

 

彼ら、彼女らが、

大人になるうえで

 

 

 

他の人にはマネのできないような

自分だけの強みを探す時期に

 

 

 

親もまた、

 

 

本当の意味での

『親子の絆』を勝ち取る時期に

に入っているんですよ。

 

 

 

 

そんな風におもえると

 

 

きっとイライラする毎日から

自由になれるはずです(^^)/

 

 

 

一緒に許す修行頑張りましょうね!

 

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

 

○○○さん

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

○○○さんは

お子さんに

犯罪や事故、危険から守る声かけを

していますか?

 

最近は本当に

いや~な事件が増えましたね。

 

だからこそ、

子ども達に

きちんと防犯意識を持たせたい。

そんなお母さんが増えてきました(^^♪

 

これはすごく喜ばしいこと!

なぜなら、先日

こんな報告が発表されたから。

 

『今年上半期(1~6月)に

全国の警察が摘発した

児童ポルノ事件は1142件で

前年同期より123件増え、過去最多を更新した。

 

中高生らに裸の

「自撮り画像」を送らせる被害にあった子どもは

全体の4割を占め、

統計を取り始めた2012年以降で最も多かった。

(警察庁が21日発表)   』

 

ひぇ~~~ですよね!

 

紛れもなく、

今、子どもたちは

沢山の危険にさらされています。

 

これ、中学生だけの話ではないですよ!

『モデルやらない?』

って声をかけられたら、

小学生は案外ついて行きます。

 

見られたい、認められたい

有名になりたい。

そんな、

自分をアピールしたい!!!

目立ちたい年齢ですからね。

 (↑ここ何にも分かっていない分

  案外やっかいです)

 

 

なーのーで、

やっぱり

家庭でどれだけ

きちんと

子ども自身が自分を守れるスキルを

伝えていけるか

ここが肝になってくるわけなんですよ(^^)

 

なので、

防犯の回だけは

ズバズバ

お母さんたちを切りまくります( ̄∀ ̄)

 

『悪い人について行ってはいけません』

の言い方じゃ、

残念ながら

お子さんには伝わらないから。

 

だって、イマドキ

悪い顔して近づく大人は

いませんものっっっ!!!

・知らない人にはついていかないよ。

・大声で逃げるんだよ

 

う~ん、、、、 

残念ながら

これでは全くお子さんの防犯レベル

上がらないんですよ(^^;

 

なぜなら、

子ども達は危険な目に合った後の

『その後』がイメージで出来てないから。

 

普段ほとんどの方が

誘拐とか、

性犯罪とか、

携帯ルールや犯罪とか

あってもらっちゃ困るのに、

防犯の話って

みんな避けがちな話題でしょ?

 

だーかーら、

ここの話し方は

カタコト英語を話すくらい

伝わらない(汗)

 

うちの長女は3年生の時

露出狂が目の前に現れた際

すぐさま逃げて隣のスーパーへ行き

・露出狂がいたこと

・学校と、警察と、母親へ連絡する事

をきちんと話すことができました。

 

危険な目に合ったとき、

どんなことが起きるか想像できて、

それに対して

きちんと行動できる。

 

知識こそお守り。

これは、やっぱり強いです。

 

なので、中級防犯編では

明るく、真面目に、簡単に。

 

お子さんがわかるように、

お母さんが話せるように

お伝えしています。

せっかくなら、

子ども自身が自分で身を守れる

伝わる話しかた

知りたくないですか?

 

こちらは、中級講座で

たっぷりお伝えしています。

 

生徒さん方からは

『今まで家でしてきた話じゃ

 全然足りない!!!!!!!』

『これならできる!!!』

と、太鼓判を頂きました(^^♪

 

性の話をしてるから

防犯の話にリアリティーが生まれます。

 

女の子の2人に一人が

男の子の4人に一人が

何らかの被害にあう時代。

 

守っていけるのは

お母さん。あなただけ(^-^)

知識はお守り!

 

○○○さんが知りたい

防犯や、携帯の取り扱い、簡単な声かけなど

ここが知りたかった!

 

そんな情報を講座でお届けしていきますからね(^^♪

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*