HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

☆おしらせ☆

①のじま開催中級講座!

※詳細は巻末に記載しております。

ーーーーーーーーーーーーーー

㊗️5刷目の増刷㊗️
 
本が売れないと言われている今、
それでもわたしが書かせていただいた
親子で読める性教育絵本が
ヒットを飛ばしています!
 
 
 
今回5回目の増刷で、
累計2万1千部を越しました♡
 
 
 
手にとってくださった皆様。
本当にありがとうございます^^
 
 
 
 
赤ちゃんはどこからくるの?
親子で学ぶはじめての性教育
寝る前の読み聞かせにぜひ♡
 
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーー
 
それでは今日のトピックです!
 
 
 
それは2日前の出来事。
夕飯を家族みんなで
外食していた時の事。
 
 
 
ふいに11歳次女が
わたしにきいてきました。
 
 
 
『ママ、不順異性交遊って何?』
 
 
 
ふ、、、、
ふ、、、、
ふ、、、、
 
 
 
不順異性交遊!!!!
 
 
 
 
あまりの唐突な疑問に、
思わず食べ物を吹き出した
長女と私(笑)
 
 
 
 
その様子を見て、
彼女は言いまいました。
 
 
 
 
『あ、そっち系ね!』と(笑)
 
 
 
もちろん、
そのあとにきちんと
不順異性交遊とはなんぞやと
説明しましたが、
 
 
 
次女は可愛らしく
 
 
 
『あはっ♡
 大声でいっちゃった( ̄▽ ̄)』
 
 
 
 
と、一人照れ笑いをしておりました。
 
 
 
なんでしょうね、
そのしぐさや、やっちまった感が
愛しいったらありゃしません(笑)
 
 
 
 
で、彼女がナゼ、
不順異性交遊が気になったのか聞いてみると、
やっぱり情報源は
 
 
 
 
 
 
ここ最近、日本のヒットチャートの上位は
このTikTokが席巻するほど
大人気なSNS。
 
 
 
もれなく我が家の娘たちも
そして、母である私も大好きでよく見ているのですが、
その中で人気の曲の一つに
この不順異性交遊という歌詞が使われていたんです。
 
 
 
 
その時思いました。
 
 
 
あ~~、、、、
きっとこの言葉を聞かれて
フリーズしている家庭がごまんといるだろうな、、、、
って。
 
 
 
 
インターネットで検索すれば
カンタンにでてはきますが、
子ども達にはやっぱりまだ
検索はしてほしくないってのが本音ですよね(笑)
 
 
 
こんな風に、
ある日突然やってくる性の質問。
 
 
 
5年生と言えば
恋愛という意味で好きな人ができてくるお年頃。
 
 
 
我が家の娘も
全く興味のなかった恋愛話が
母とのおしゃべりの主な話になりましたし、
 
 
 
同じ年齢をお持ちのメルマガ読者さんからも
こんなメッセージが届いてます。
 
 
ーーーーーーーーーーーー
 
のじま先生

初めまして。
半年ほど前からメルマガを見させて頂いてます。
Tと申します。

 
講座を受けたいなぁと思いつつ、
重い腰が上がらずにいた日々。
 

そんな時に

娘が男の子としている交換ノートに
びっくりした内容が書かれてありました。
 
 
 
誰かに聞いて欲しくてメールをしました。

娘は小5なのですが1ヶ月ほど前から

男の子と交換ノートを始めました。
 
 

最初は、嬉しそうに見せてくれたり、

その男の子も家に遊びに来たこともあり、
優しいそうな子だなと微笑ましくみていました。

しかし、

先日ノートを盗み見したところ
男の子の方からキスをしたいとか、
どこでする?とか積極的に誘う文が書かれていました。
 

娘もまだ早いかなーと返事をしていましたが、

このままでは流されてしてしまいそうで。
 

でも、娘にうまく話せるような気がしなくて、

どう伝えたらいいのか。
 
 

小学生ではまだ早い。

でも中学生になればいいの?とか。
 
 

娘に嫌な思いをさせずに伝えたいのですが。。

先生から何かヒントを頂けないか

と思いメールさせていただきました。

 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
Tさんもお子さんや周りの子の
性の芽生えに戸惑ってらっしゃいますが、
 
 
 
必ずその日は訪れます。
 
 
 
今の子だと、
恋愛という意味での
恋心が芽生え始めるのは
早い子で4年生。
 
 
 
うちの子は幼いから。
 
 
 
と、いつまでも見ないようにしていては
子ども達の方が
心も体も先に成長してしまっている。。。
何てこともあるわけです。
 
 
 
 
Tさんの娘さんだって、
うちの娘だって
キスはしたいはず(^_^)
 
 
 
 
でも、なぜいけないのかは
キスだけで話せるものではありません。
 
 
 
性の価値観を
普段からどれだけ親と共有しているか。
 
 
 
ここが何より大事なポイントです。
 
 
 
 
子ども達に流行っている漫画
『12歳』だって
恋愛やキスシーンなんかも出てきます。
 
 
 
 
甘酸っぱい憧れは
悪い事ではないですし
だけど、ナゼそれがいけないのか。
 
 
 
それは、その先を子供たちが踏み込んでしまってはいけないからですよね?
 
 
 
 
恋や恋愛を認めつつ、
きちんとダメなものはダメとどう話すのか。
 
 
 
ここには
スキルが必要になります。
 
 
 
性への捉え方かたも私たちの時代とは
変わりっつある今、
 
 
 
まずは親自身が
性を受け入れ、学ぶことで
子ども達と日常会話で話せる性のトピックスを
増やしていってほしいと思います。
 
 
 
 
性の質問をしてきてくれた時。
わたしね、この時に
親子の絆が決まるといっても
過言ではないと思っていて。
 
 
 
それくらい身近で
一生を左右する性の話。
 
 
 
 
子どもも親も。
幸せになるための教育が
パンツの教室です。
 
 
 
 
中級講座では
私が選りすぐった性の質問Q&Aがあって、
 
 
 
ここ知ってればもう子供たちの質問に
ドギマギすることがないよう、
つっこんだところまで解説していてます!
 
 
 
 
 
今回、中級講座にキャンセルが出たので
再募集いたします。
限定3名です。
 
 
 
お申し込みは今日、10月14日12時までにお願いいたします!
 
 

——————————

代表理事のじまなみの

中級講座

 —————————–—- 

◇中級講座内容

※初級を受講済みの方がお申し込みできます

※2日間の受講となります

※養成講座と同日同時間に一緒に行います

 

◆中級講座 1日目 4時間

・1コマ目/案外知らない女の子編(応用)

・2コマ目/誰にもきけない男の子編(応用)

・3コマ目/ここがポイント!会話例Q&A 実践編

・4コマ目/奇跡の連続!命の誕生編

 

◆中級講座 2日目 4時間

・1コマ目/誰かに聞きたい性犯罪の防ぎ方(応用)

・2コマ目/我が子に伝える愛情アルバム作成

 

◇定員 3名

   

◇ZOOM

中級①10/18(日) 10:00〜15:00

中級② 10/29 (木) 10:00~15:00

◇受講料

66,000円(税込み)

 

 お申し込みはこちらから▼

https://www.agentmail.jp/form/ht/20645/1/

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

○○○さん

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

 

人って、興味がないものって、

目や耳に入ってこないですよね。

ハマりまくっている

韓国ドラマはあんなに目に入って来るのに

興味のない野球は

日本シリーズが終わったかどうかさえ

分からない(笑)

 

まぁ、興味がないので仕方がないんですが

これ、心のどこかで、

想像したり、起こって欲しくなかったり

避けたいことに対しても

こんな現象が起こったりします。

 

その代表格って言えばこれじゃないですか?

『わが子がHなサイトを見てしまうかどうか問題!』

この手の話って

心を閉ざしているお母さんが

正直かなり多い(笑)

 

我が子だけは純情なまま育つはず。

我が子はHな動画なんて絶対見ない。

『うちの子幼いから。。。。』

そんな風に、

我が子だけはと特別視しちゃうお母さんは

とっても、とーーーーーーっても多いんです。

 

のじま調べによると

早い子で4歳。

小学生低学年では2~3割。

小学生中学年では5割。

小学校高学年では9割。

Hなサイトを見ております(笑)

 

でも、まっさか~うちの子が!

と思っているお母さんは、

ある日突然やってきた

その事実に驚愕!!!

ガクブルするわけです( ̄▽ ̄)

 

そんなある母さんの

ある日の日記をご覧ください。

 

私、正直、お腹を抱えて笑ってしまいました。

実録レポ。

エロストーリーは突然に。松本さんちの性教育

https://ameblo.jp/xoxo163/entry-12309641203.html

 

。。。。。。文才が半端ない!

おもしろいし、なおかつ実生活が効率的過ぎる!!!

 

他のブログもぜひ読んでください。

眠れなくなりますよ(笑)

 

で、松本家が陥ったように

もうある日突然やってくるの。

子どもからの性の質問って!!!

 

 

で、彼らは興味津々に

ネットで調べてしまう訳

 

 

松本さんは性教育の本を用意されていましたが、

本ってね、しいて言えば

ドラマのタイトルみたいな扱いと思ってほしい。

タイトルで興味を持ったら、

続きを知りたくなるわけさ。

 

逃げ恥で次回、

みくりとひらまささんがキスをすると流れたら

来週まで待てないわけ。

 

ロンバケで

キムタクと山口智子が屋上で花火でキスするシーンが流れたら

次回が気になるわけ。

 

性教育の本は子供たちに興味をもってもらうためのもの。

タブーじゃなくて、

しっかり話し合いの題材としてほしい。

 

読ませっぱなしでは

興味津々で終わります。

 

案外好きなページしか読んでないしね(笑)

 

 

語れる覚悟ができていないと

『ママ、中だしって何?』

なーんて聞かれて、

タジタジになってしまいますよ!

(↑これ、私がコウノドリの漫画を読ませて聞かれた言葉です)

 

お母さん達に今持つべきなのは

どんな話も、どーーーんと構えていられる

マインド。

 

このマインドは

語り合った回数だけ、自信につながります。

 

なので、出来るだけ

語れる場に出向いて欲しい。

意識は場で、変わっていくものだから。

 

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

○○○さん

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

【タイムリミットはいつですか?】

とにかく明るい性教育を初めて、

いったい何度この質問を受けたでしょう。

沢山受ける質問の中で

TOP5に入るのが

実はこれだったりします。

子供といつまで

お風呂に入っていいですか?

   ↓   ↓    ↓

①息子といつまでお風呂に入っていいですか?

②パパと娘はいつまでお風呂に入らせていいですか?

③兄妹はいつまで一緒に入っていいですか?

うん。

悩むところですよね~ここ。

可愛い我が子との

コミュニケーションの時間だったりする

嬉し楽しなお風呂タイム。

いつまでも入っていたい !

親心的に

はそんな感じではないでしょうか?

そんな親の気持ちは、

私もよくわかります。

 

だからこそ、

大仏の母のように温かい目で

ズバッと言わせていただきます!

 

お子さんとお風呂に入れるのは。。。。

最高でも。。。。

4年生まで!

※同性同士はいつまででもどうぞ♡

 

 

もちろん、

それまでに息子くんや娘ちゃんが

お父さんやお母さんと入りたくないと言った場合。   

 

反対に、

お父さんお母さんが、もうそろそろいいかな。。

と思った場合は

もっと早くてもかまいません。

 

海外では異性の親が小学校以上でお風呂に入れるなんて

性的虐待とも言われたりしています。

日本はお風呂を大事にする文化だし

冷めないうちにとか

電気ガス代が、、、とか

お父さんにお風呂ぐらい入れてほしいとか、

いろいろあって、まぁ、

そこんところ、なぁなぁですよネ?

 

だからこそ、

そう、だからこそ

ここで悩んでいる親御さんは

非常に多い!

 

でもね、知ってて欲しいのは、ここ。

早まってるのよー思春期!

→親の頃より1年半近く

早く来るって言われております。

 

実際、

4年生で生理が来たり

精通が来たりしている子どもたちは結構いるんです。

 

身体は大人の準備をしています。

生理が来たら身体はもう、

鼻血出ちゃうほど色っぽいし、

精通が来たら、

お風呂は自慰を出来る場として与えてあげてほしい。

 

えーーーーーーお風呂場で?

って思うかもしれませんが、

これは健全なこと(*’▽’)

 

体ってどうなってるの?って

男女とも自分の身体を探索したりする時期が

この頃からなんです。

で、そうなってくると

男児だったら、母親は異性として見ちゃうし

女児だったら、パパと入るのを恥ずかしがります。

 

お互いが、お互いに悪いかな、、、

なんて言い出せなかったりもするので

4年生になったら、お風呂は別々に入ろうね。

 

そんな話を前もってしてあげてくださいね(^^♪

来たるべく日まで

お風呂タイム楽しんでくださいね♡

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

○○○さん

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

 

最近、ちょっと思う事がありまして。

それはね、

実は子育てって、本当は

あっという間に

終わってしまうんじゃない?

っていう事。

 

長女は10歳になると

かーなーりー

しっかりしてきました。

 

っていうより、

私がいなくても

炊事、洗濯

留守番、映画、などなど

1人で出来ることが

どんどん増えてるんですよね~。

 

2段ベットを買った時は

ようやく次女と二人で寝てくれ

私や主人と

別々の部屋に眠れるようにもなりました。

 

今まで3人の娘たちと

ギュウギュウで寝ていたベットは

ものすごーーーーく広く感じるようになっちゃって。

 

でね、

そんな時、感じたことが。。。

どうしようもない

寂しさ。

 

ねぇ、○○○さん。

空の巣症候群って言葉ご存知ですか?

 

それまで

子育てが生きがいだったお母さんが、

息子さんや娘さんが結婚や就職、

大学進学などで独立して家を出た後に

ひとり家庭に残され、

寂しさを抱えてしまう

状態のことです。

 

40代や50代に多いこの病。

いつも映画やショッピングに

一緒に出掛けていた娘さん、

 

 

『ママは世界で一番きれいだよ!』

って、王子様のように

甘い言葉を言い続けてくれた息子さん。。。

 

愛情たっぷりに育ててきた子どもが

自立して

大人という未来に向かってはばたき、

巣立っていくのは本当に嬉しい。

 

だけど、

もう、私に出来ることはないのかな?

私なんて、もう要らないのかな?

寂しいな・・・

あんなに尽くしたのになー

 

な~んて、

ぼやきたくなっちゃうのもまた事実。

ちょうど更年期の憂鬱な時期とも

重なっているからダブルで辛い!

 

でもこれ、

大学進学とかだけの話ではなくって、

子どもが親から

自立へ一歩踏み出す

小学校3~4年くらいから

実は感じる人が多いんですよね。

 

はい。

まさしく私です(笑)

 

○○○さんも、自分が

小学生くらいだった時の事

ちょっと思い出してみてください。

 

どんな感じでしたか?

 

お友達と一緒に

沢山遊んでたんじゃないかな?

 

ちなみに、わが子は

『ただいまー』

と帰ってきて、

1分もせず、

『行ってきまーす』

と出て行きます(笑)

 

休日も家族とのお出かけより、

友達優先になって

家族で出かけることは、ほぼありません。

 

塾に通ってる子だと

帰って来るのも9時過ぎとかだしね。

イマドキのお母さんって、

核家族化も進んでるし

気付いたら、

いつもぽつんって1人って方

結構

多いですよね。

 

でね、

この症状にかかる人って、

子どもが大好きな人、

子育てを頑張ってる人、

良妻賢母に多いんです。

 

自分のこと

良妻賢母っていう訳ではないですが、

子どもの事、大好きです♡

だけど、正直

30になってスネをかじられても

困りもの。

 

子離れ、

親離れの時期は

誰にでもやって来ますもんね。

 

広いベットが寂しいと思うのも

子どもが大好きな証拠。

 

子どもには、子どもの

親には、親の人生があります。

「親」にとって大切なことは

「木の上に立って見る」と書くように、

少し離れたところで子どもを見守る。

これが親の役割。

 

娘も、もう5年生。

少しずつ私も

娘の成長に 

喜んだり、胸痛んだりしつつ

いざというときに

笑って見送れるよう、

そして、

何か困った時は

戻ってこられる居場所

となれるよう、

親の役割をもう一度

考える時期にきてるんですね。

 

今しかない子育て

楽むぞーーーー(^^♪

ちなみに、空の巣症候群の対処法は

生きがいを見つける事だそうな。

 

今からなら、

本格的な子離れ前に

生きがいを見つける時間は

まだまだありそうですよね。

 

○○○さんは

今、どんな寂しさ、喜びを感じてますか?

是非、メッセージくださいね。

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

 

○○○さん

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

今日は、

○○○さんも気になる

エロ本問題!!!!

について、

お話していきますね。

まさか○○○さん、、、

我が子だけは

そんなもの読むはずない!

なーんて、、、

思っていないですよね?

 

ちょいちょいちょい!!!

そんな訳ないですよーーー(笑)

 

人って、

大なり小なり

必ず『性』に関する興味は、

みんな持っているものです。

 

3歳でも、5歳でも、7歳でも同じこと。

 

思春期に入ってくると

この手の話は

どんどん難しくなってきます。

 

ネットやスマホで

Hな漫画や、動画が簡単に見れるようになった今、

性教育は最重要項目と言っても、

過言ではないんじゃないかしら?

 

でも、

そうは言っても。。。

・出来ないんだってばーーーー!!!

・本当にそんな話をして大丈夫なの?

って、思ってるお母さんも

多いですよね(^^♪?

 

今日はそんな○○○さんに

元3か月アカデミー受講生の

0さんのお話を紹介させてください。

これ、必見です!!

5年生の思春期に足を踏み入れた

男の子のお母さんのお話をどうぞ!

============

なみさん、いつも陰ながら

応援させていただいております。

私も残すところ

アカデミーもあと一回。

しかも少し先ですので、

忘れてしまうと思いシェアいたします。

今日、息子が

主人のエロ雑誌?をみつけたので、

2人でこっそりみました。

お父さん巨乳が好きなのかな?

から始まり、

乳首比べの写真をみて、

みんなそれぞれ違うのが当たり前とか、

おちんちんの比較の写真はないよね

(この発言は私)とか、

色白さんを探そうとか…。

潮を吹くを、なに湖とか言ってるの?

って読み間違えしていたりとか。

面白かったですよ。

アナルに舌を入れたら唾液は飲まないように…って

私がスルーしていたところまで読み込んでいて、

すごいわ〜と感心しました。

 

で、結局息子は、

奥さんや大好きな人とやればいいのに。

と言っていたので、

大切なのは?と聞いたら、

 

コンドーム。

相手の同意を得ること。

としっかり答えました。

嫌がる人に無理やりしないことも大切だよね。

なんて話まで!

いやぁ〜〜素晴らしいですね。

そして。一言。

『恥ずかしいから、

お父さんがエロ本買うときは、

友達や友達の親に見られないようにして欲しい。』

と父への希望もつぶやいでいました。

マスターベーションは

人に見せるものではないこと。

一人でやるもの。とか…

勃起は服が擦れても、

おしっこを我慢してもなるんだよね

と話すと、

〇〇くんがズボン擦れて立ったって言ってた

など記憶が蘇ったようでした。

エロ雑誌みて2人であーだこーだ言って、

こっそり元に戻して、

お母さんとこんな話できる小学生少ないかもね〜。

とか、

 

エロ雑誌の書いてることは嘘が多いこと、

雑誌作る人は恥ずかしくないのかな?など、

ざっくばらんに色々話をした時間でした。

 

また、

 

こういう雑誌で情報収集するのは

実は親にこんな風に性の話をしてもらえなかったからなんだよ。

 

などたくさん会話ができて

話が弾みました!

 

お父さんには隠したいこと沢山あるけど、

お母さんにはないといっていたのも印象的。

パンツ効果出てますよ〜〜。

ありがとうございます。

 

こんなネタも

なみさんの励みになればと思いまーす。

では、ラスト一回を楽しみにしております!

==================

Oさんありがとうございます。

正直な感想ね。。。

 

すげーーーーーーーっっ!!!!!

ですよ!

私が出来るのは当たり前。

何が凄いかって

思春期に片足つっこんだ男の子と

お母さんがこんな風に話あえてること。

ホントに、小学校高学年の男の子と

この位まで突っ込んだ話をするのは

とっても難しいんです。

だからこそ

小さなうちからコツコツ話していくことが

重要になってきます。

 

私ね、正解を知ってる大人が

答えを教えてあげられないことが

残念で仕方がないんです。

脱線しかけても、

黙って目をつぶっているのと一緒でしょ?

だって、カンニングをする先の

Hな本やネット、お友達の情報に

正しいことは書かれていないですもの(汗)

むしろ。。。。

悩み倍増されちゃうじゃない(*_*)?

って感じです。

 

HなサイトやHな本は

そのうち必ず見るようになってきます。

女の子もしかりね。

 

だからこそ、

それは正しいものではないって

知ってから見るのと、

初めて見て、

それを信じ込んでしまうのとでは

訳がちがうでしょ?

 

これが、どれだけ大切なことかって事、

○○○さんなら、わかりますよね(^^♪

 

Hな本だって、

きちんとした教科書にすることだって

出来るんですよ(^^)

性教育は子どもを幸せにするって

自信を持っているから

日々、色んな所で声をかけることが出来るんですよね。

 

そして、こんな風に

なんどもきちんと話してもらえるから

子ども達自身も

大切なことを理解できているって

きちんと結果が出ているんです。

 

○○○さんはどこから始めていきますか(^^♪?

 本日はここまで! 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*