HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

親の覚悟

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

他の人が聞いたらビックリするかもね。

それは以前、家族でハワイに行った初日。

 

 

わたしね、当時小学生組の娘たち2人に

ある3つの約束をしたんです。

 

この度をお互いに

スムーズに行かせるための約束をね^ ^

《1つ目》

せっかく来たのだから、

姉妹ゲンカはしないこと。

《2つ目》

つまんない、喉乾いた、暑いを言わない。

自分で前もって考えて行動しよう。

→本を持っていく、水筒を持っていくとかね。

 

 

《3つ目》

できるだけ英語で話しかけてみよう。

 

この3つ、どれかができなかったら

『即ホテルへ帰る』

と約束してました。

えっ?そうです。

ハワイででもです。

 

滞在2日目。

 

上2人の娘達。

ビーチで遊んでいる際に

案の定、姉妹ゲンカ勃発。

 

せっかくカヤックを借りたのに。

楽しく漕いでいる途中、

あーだこーだと大声をあげ始めた子供達。

母覚悟を決めました。

はい。

ホテルへ強制帰還したんです。

・せっかくの旅行も

みんなの協力で楽しくしなければ

成り立たないこと。

・自分たちの機嫌は

自分でとるしかないこと。

・周りをみて、

人の気持ちを考えて行動すること。

 

 

そして、一番伝えたいこと。

母は、今とっても悲しいって気持ち。

 

そんなことを伝えながら

帰りました。

 

そうするとね、

ホテルへの帰り道。

 

『約束破ってごめんなさい』

すぐに娘たちは素直に謝ってきました。

でーすーが、

お約束はお約束。

 

 

ここでブレると、

子供達は親の甘さを学びます。

 

 

なので、

そのままホテルへ帰り、

夕飯もホテルで食べました。

その後は喧嘩をしたり

ぐずぐずしたりすることなく

5日間のハワイの旅を過ごせました^ ^

 

 

えっ?なんですと?

ハワイの1日がもったいない?

 

まぁ、そんな風に

思う方もいるかもしれませんね^_^

 

もちろん。

 

そりゃーーーーーーーーーー

もったいない!!!!!

だけどね、やっぱり

それより大事なことがある。

それが、

 

「自分がした責任は自分でとること」

 

我が子もおなじく、

今時の子供たちは、

ここが非常に苦手です。 

 

自分がしてしまった結果を

誰かのせいにしてしまいがち。

 

そんな大人に

成長してほしくないから。

『自分のした責任は自分でとること。』

甘いだけじゃなく、

それを教えていける親でありたいと

常に思っています。

それが

私と夫の覚悟です。

そこを教えていけるのは

子供が手を離れるまでだから。

 

そして、その時間は、

あっという間にすぎてしまうから。

 

 

本日はここまで!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

私が登壇させていただいた講演会に来てくださった

Hさん(小3男児母)から

嬉しいメッセージが届きました!

↓  ↓  ↓  ↓

昨日はありがとうございました。

性教育、すごくハードルが高く、

きちんとはなさなきゃと意気込んでましたが、

今日のお話を聞いて、

すごく見方、感じ方がかわりました。

もっと自然な会話で話せる感じでよいんですね。

そして、性犯罪被害に合わないよう、

加害者にならないようになる為には、

性教育は、とても重要だと認識でき、

 

 

家族全員で明るく話せたらなと思いました。

あかるい性教育、いいですね。

さっそく、子どもの

おちんちんを褒めてあげました。

 

まんざらでなく、嬉しそうでしたよ。

 

ついでに、

友達の情報までおしえてくれましたよ。

 

三年生、すでに、お互いのおちんちんについて、

興味津々みたいですね。

 

主人には、今日の講座内容について、

一緒に話し合う事ができました。

 

「どうしたらいいんだ⁈」って焦っていたので、

もうちょっと頼りになると思っていたので、

予想外の反応に、驚きました。

 

講座をうけたおかげで、

主人と話し合う機会ができてとてもよかったです。

===================

 

Hさん、ありがとうございました(^^♪

 

旦那様の反応に驚かれたようですが、

旦那様自身も同様に

性の話は親からされていない方がほとんどです。

 

 

なので、頼りにならない。。。

(↑こんな言い方してごめんなさい)

のも当たり前といえば、当たり前。

みんながどうしていいか分からず、

みんなが迷っている。

 

それは、お母さんも、

お子さんも、

そしてお父さんも同じこと。

 

 

思うことは一つ。

やっぱり、話し合ってみないと、

お互いどう感じているか、考えているかって

見えてこない。

 

 

3年生。

我が子はどんなことまでしってるの?

 

どんな風に感じてる?

 

 

そこを超えた人だけわかること

きっとあるはずです。

 

 

息子君がおちんちんについて

どう思っているか、

 

少し誇らしそうだった。

 

これが私にはとっても嬉しい報告でした(^^♪

 

本日はここまで(^^♪

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

昨晩は、ずっっっっっっっっっと

4年間温めていた、

パパが我がに伝える性教育!

 

そのなも。。。。

パパパンツ!を開催しましたー♡

 

性教育界隈ではね、

どちらかというと

パパさんたちに性の話はご法度的な雰囲気が

バンバン流れておりまして、、、

 

この壁を打破していくのが

今後の課題だと自分に課していたんですが、

ほんとに、

地道にインストラクターさんと活動をし、

性教育をはじめて4年。

 

なんと今回、

75名ものパパさんが

このセミナーに参加してくださったんですよーー!!!!

 

これ、、、、すごくないですか?

 

わたし、

久しぶりにちょい緊張しましたもんね。

失敗しちゃならん!!!

って(笑)

 

で、結果、

お父さんたち。

拒否してるわけじゃなかったんだって。

子ども達を愛してる思いも、

守りたい思いも。

ママと同じくらい熱いんだって感じた、

素晴らしい会になりました(^_^)

 

感想もね、

正直、、、、来ないんじゃないか、、、

とも思っていたのんです(笑)

でもね、

沢山の方がパパパンツの

感想を送ってくださってそれだけで感動、、、(涙)

中にはね、こんなすごいご夫婦も!

ホームリトミックアカデミー主宰の

宮崎ようこさんが

Facebookに嬉しい感想を投稿くださっていました!

ーーーーーーーーーーーー

【76名の勇者!】

先日、佐藤 あずみさんから

とにかく明るい【性教育】パンツの教室初級講座を受講した際の

プレゼント企画でお父さん向けの講座、パパパンツの参加権をいただきました。

昨夜、

代表のじま なみ先生によるパパパンツが開催されました!

こちらは女人禁制の講義。

せっかくだから!と

私に言われて何をするのかわからないまま

隣の部屋でイヤホンをしながら参加した主人。

途中、自分の意見を

しっかりと話している声が聞こえてきて、

そんな姿が頼もしく見えました。

何と全国から76名のお父さんが

参加したそうです。

次回は30日にも開催されるそうです!

お父さんも

家庭での明るい性教育に参加する

第一歩になる素晴らしい企画だと思いました。

 

終了後は、

今後子供にはどう伝えていけばいいのか、

父親ならではの娘との関わり方の悩みや

現代の性犯罪についてなど、

2時間以上も夫婦で熱く語り合いました(笑)

私も学んだ内容を話すことで

アウトプットができました!

 

全国のお父さん同士で

シェアしながら学ぶことができる

貴重な場を作っていただき感謝です。

参加したお父さん達は子供達の未来を守る勇者。

そんなカッコいいお父さんがもっと増えていくのを願います!

ーーーーーーーーーーーー

宮崎さん、嬉しすぎる感想を

ありがとうございます!

そして、

Sさん、Tさん、Uさん、

他沢山感想をくださったお父さんがた、

本当にありがとうございます!

送り出すまでに、

策を練り、夫の機嫌を伺い、

何ならだましうちでご!的なかたもいらっしゃったはず(笑)

パパをパパパンツに参加させるまで

色んな試行錯誤があったことでしょう、、、(笑)

本当にありがとうございました♡

私もね、

ちょっとだけ勘違いをしてました。

パパさんたちが性教育に興味を持ってくれるなんて、もっともっと先のことだろうって。

 

でも、

今回75名のお父さんたちが教えてくれたのは、

欲しいのは『きっかけ』だとうこと。

子ども達を守りたい気持ちは

ママにも負けないということ。

勇者って、大魔神を倒す人ではなくて、

勇気を出せる人のことだとしたならば、

昨日の75名のパパさんは

間違いなく勇者だと思う。

勇者は案外身近にいてくれました(^_^)

今回、

7月から8月10日までに

講座に申し込んでいただいた方への

特別プレゼントでこの企画を立ち上げましたが、

もうすでにパンツの教室を受講してくださった皆様の旦那様にも、

同じようにパパパンツを秋に開催しますね(^_^)

 

日程が決まりお知らせしますので

パンツメンバーの皆さんは

今しばらくお待ちくださいませ!

今回、パパも参加してくださることがわかりました。

日本が変わる瞬間は。。。

もうそこまで来ていますよ(^_^)

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

本日のテーマは

『コンビニのHな本問題!!』

 

 

なぜ、Hな本は子どもの目線の高さに

置いてあるのでしょうか(笑)?

 

 

そりゃ、大きいおっぱいポロリンの女性が

目の前にあらわれたら、、、、

 

 

嫌でも気になります(笑)

 

 

この手の問題に悩むお母さんは

少なくありません。

==============

のじまさん

初めまして。大阪在住の小3と年少姉妹の母、

Sと申します。

 

メルマガ、とても楽しみに拝読させて頂いております。

うちの小3の娘、

性にとても興味があるようで・・・。

 

コンビニのHな本の表書をみて、

ニヤニヤしてたり、

 

「セックスって何」と唐突に聞いて来たり。

 

(小学校のクラスが2クラスで、

どちらも女子が少なくて、

男子が2/3を占めるというちょっと偏った学年なんです)

 

 

思わず「えっ」って答えてしまいました。

 

「何でそんな言葉知ってるの?」って聞いたら

〇〇君が言ってた。

で、△△君が「男と女が裸で寝る事やねんで」って

教えてくれたって・・・。

 

私の反応は世の中の大半のお母さんと同じ反応でした 大笑

それが、のじまさんのメルマガに出会う前でした。

 

メルマガを通じで、性をきちんと教える事の大切さを知り、

小冊子を手元に、子どもに説明したいと思います。

 

 

でもでも、

どうやって教えてあげたら良いのでしょうか。

 

 

知ったかぶりして、

知りえた情報を長女は自慢げに

学校で言いふらしそうですし。

ご指南、お願いします!

 

 

===============

 

Sさん、ありがとうございます。

 

私に言わせますと

 

 

 

。。。。

 

 

。。。。

 

 

。。。。

 

 

 

見たいに決まってます!

 

 

 

これは自然な好奇心。

 

 

 

子ども達が性に興味をつ事は

決していやらしいことじゃないんです!

 

 

 

 

むしろ、喜ばしいこと。

 

 

 

5~6歳ならもう、

横目でちらちら見たりするでしょう(^^)

 

 

 

そうしたら

何が気になるのか聞いてみるといいですよ!

 

 

 

それは会話のきっかけになります。

 

 

 

『おっぱいが大きいのが好き♡』

って言ってくるかもしれない。

 

 

 

『裸で出ていいの?』

って聞いてくるかもしれない。

 

 

 

『ドキドキするね』

なんて、可愛いことを言ってくるかもしれない。

 

 

そうしたら、

子ども達の言葉に、お母さんがどう感じるか

そのまま思ったことを口にすればいい。

 

 

 

おっぱいが大きいのが好きと言われたら、

 

女の子にだったら

『大きさで悩まなくていいからね』

 

 

 

男の子にだったら

『マシュマロみたいだね。

気持ちよさそうだね♡

でも、お友達の女の子の触っちゃ犯罪だよー♪』

 

 

 

『裸ででていいの?』と聞かれたら

女の子になら

『簡単に身体でお金を稼ぐ仕事にはついて欲しくないな。

 あなたの身体を大事にして欲しいな(^^)』

 

 

男の子になら

『あなたも、もう少し大きくなったらこんな本が見たくなるんだよ~』

 

 

とかね(^^♪

 

 

 

うちの子だけは見ない。見せたくない。遠ざけたい。

そんな気持ちは

とっとと捨てましょう!

 

 

 

 

大人と同じ行動をする子ども達には

看板やコンビニ、Hなティッシュ等々、

日常に性のシャワーを浴びています。

 

 

 

だからね、もう、潔くあきらめましょう。

悩むだけ無駄です!

 

 

 

子どもだって性を知りたいんです。

それは『生きる』上で当たり前のこと。

 

 

 

 

子ども達が気になってるな。。。

 

 

 

そんなシーンを見かけたら、

おっ!成長したな(^^♪って、

理解してあげてください。

 

 

 

そして、その気持ち

上手に利用しちゃいましょう!

 

 

 

 

ダメと言われれば言われるほど

見たくなるのが人の気持ちってもの。

 

 

 

遠ざけるためにエネルギーを使うのではなくて

伝えるための努力にエネルギーを割きましょう!

 

 

 

のじまなら。。。

小学生には買ってみせますね。

 

 

 

それは善悪の教科書にもなりますから(^^)

 

 

 

本日はここまで!

 

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

今年はお盆の帰省ができず

なんとなくお盆の雰囲気を感じれない

夏を迎えているのじま家です。

 

我が家は核家族。

娘にとっての祖父母は九州におりますし、

お墓ももちろん、九州にあります。

 (私は埼玉在住です)

 

我が家には仏壇はなく

天国の父は写真を飾って

それにお参りをしています。

 

だからこそ、

チョット危惧しているのはね、

娘たちは命のバトンがつながって

今ここに自分がいることを

人はいつか家族と別れて

【死】を迎えるけれど

それを悲しみ、守り、慈しんでくれる

家族が必ずいること。

 

日本には

3回忌や7回忌、お盆やお彼岸と

ご先祖様を守り、感謝し思いを馳せる習慣があること。

 

そんな

死生観といえば大袈裟ですが、

田舎っこじゃない娘たち。。。

 

その辺のめちゃくちゃ大事なところが

全く育って

いないんじゃないか説!

 

お墓参りって

面倒だと感じる方も

多いかもしれませんが、

わたし、ここをすごく大事にしていて。

 

子供が成長し、

繰り返しお参りしていくなかで、

自分の父の父、母の母、

そのまた父の父、母の母が

お墓の下に眠っていて、

長い時間を経た遺伝子のつながりがあって

今の自分たちがいること。

 

戦争で行きたくてもいきれなかった

親せきが眠っていること。

 

お墓にお参りするだけで、

命のバトンリレーがつながっていることが

言わなくても伝わってきて。

 

そして、

あの何とも言えない

荘厳な雰囲気が

ちょっとした緊張感とともに

生々しいほど

『生きている』感覚を

五感で感じさせてくれる場所だからです。

 

今日から始まるお盆の

迎え火と、送り火なんかもそうですよね(^_^)

ご先祖様をお墓に迎えに行って、

提灯で家の場所がわかるように

玄関に明かりを照らす。

 

送り火の時は

来年また来てください!と、

お墓にいってご先祖様をお見送りする。

 

お墓参りって

言葉のいらない命の教育にほかなりません。

 

せっかくのお盆です!

帰省ができない方は

ご家族に電話をしながら

御実家が近い方は

親御さんの顔を見ながら

お墓参りをして、

我が家のルーツなど

話してみてくださいね(^_^)

子ども達にとっては

自分のルーツを知るいい機会です!

 

ーーーーーーーーーーー

自分は一人じゃない

ーーーーーーーーーーー

子ども達が思春期や

社会人になって、

自分迷子になった時

この小さな経験が

孤独な心を癒す、勇気づける、励ます、

そっと包み込む。

そんな㊙アイテムになっているはずですよ(^_^)

せっかくのお盆です。

いつもと著と違う家族の話をしてみてくださいね!

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*