HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

ーーーーーーーーーーー

 

11月17日(火)に

配信しましたYoutubeライブ最終回!

だれもがききたい

 ~性教育に大金をかけたリアルな理由、大暴露~

本日24時まで配信しております、、、

と言いましたが、見れない方も多いと思うので(笑)

 

11/22(土)12時までこっそり配信しておきますね!

まだご覧いただいていない方は

こちらから▼

https://youtu.be/rpx3fgaAXlo

 

ーーーーーーーーーーーーー

大人気の登壇インストラクターの

個人面談はこちらに載っています!

https://ameblo.jp/naminon81/entry-12639244011.html

 

今日は父の命日で、

天国に旅立って5年目の日でした。

 

 

インストライブを行いながら、

ホントにたくさんの方から

インストラクターさんのような親子に、

そして、

のじま先生のような親子になりたい。

 

そんなメッセージを

本当にたくさんいただくようになりました。

 

パンツの性教育の原点は

亡き父が私に性教育をしてくれたところから

スターとしています。

 

私が沢山の人に

求めていただけているとしたら、

それはきっと、

自分のことがスキで、

家族がスキで

両親がスキで、

友人がスキで

仲間がスキで

人がスキ。

先に人を好きになることを

亡き父が教えてくれたから。

父はいつも私に教えてくれました。

 

ーーーーーーー

最後にあなたを助けてくれるのは

人だからね。

ーーーーーーー

 

好かれたければ

先に好きになる。

 

単純だけど、

案外とできないこの法則。

 

自然とできるのも、

愛情を山ほど両親からもらってきているからです。

 

性を伝える事

恐れないでくださいね。

必ず幸せな子に育ちます。

 

性教育の申し子の私がいうから本当ですよ♡

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

先日メルマガで書いた
 
『 ネットと、現実の距離 』
 
 
に、実に沢山の返信を頂きました。
本当に、ありがとうございます(^^
 
 
 
やっぱり、
お母さん達ってここに悩んでいるんだな~
って、改めて実感。
 
 
 
キス動画なんてものを
平気で載せる10代の子供達。
 
 
 
いやいや、ダメでしょ!
だけでは、子ども達には通じないんですよね(-_-;)
 
 
 
 
 
まだお読みでない方は下の段の
バックナンバーから読んでみてくださいね!
 
 
 
 
 
 
で、そんな中、
こんな感想をいただきました。
 
 
===============
 
 
はじめて感想をお送りします。
 
 
 
メルマガ興味深く拝見しました。
うちは七歳女、五歳女、三才男 がいます。
 
すでにキスやテレビなどのベットシーンなどに
「ギャー!(笑)」と反応したりしています。
 
 
ネットは公開してしまうと
全ての記録を消すのは難しいので、
とても恐いと思いました。
 
 
 
なかなか伝える取っ掛かりがつかめず、
また、実際なんと伝えたらいいのか、未知の世界です。
 
 
これからも勉強させてください。
ありがとうございました。
 
 
==============
 
 
 
Kさん、ありがとうございます!
 
 
 
そうなんです。
キス動画だけで済むといい。
 
 
 
一番怖いのは、
ふられた腹いせに、
 
 
交際していた相手のわいせつ画像を
インターネット上に流出させる。。。
 
 
 
いわゆる
『リベンジポルノ』
 
 
 
その被害の大半もまた、
10代少女たち。
 
 
 
 
 
「自撮り」した裸の画像なんかを
交際相手に送って、
被害に遭う事件がね、
本当に増えているんです。
 
 
 
 
私は、ゆむらさんのお子さんが
男の子は、女の子かちょっとわからないので
あれですが、
 
 
 
 
もし、
男の子だけしかいない場合は、
 
 
 
女の子って心配ね。。。
 
 
 
で、終わらせないでくださいね!
 
 
 
 
いつ、自分のお子さん(男の子)が
そんなことをしてしまうかって
わからないでしょ?
 
 
 
 
のじまさん、失礼すぎます!
って思うかもしれません。
 
 
 
でも、あえて言わせてください。
 
 
 
子供達の 
ネットとの距離感は
いつだって危ういから。
 
 
 
 
中高生になると、
当たり前にみんなが持つスマホ。
 
 
 
 
部活での連絡はもう、
LINEが当たり前。
 
 
 
スマホを持たせないってう考え方は
到底無理なんです。
 
 
 
ここから、
すでに私たちの中高生時代との
大きな違いですよね(>_<)
 
 
 
 
携帯の取り扱いは
渡す前に取り決めをすることが一番大事。
 
 
 
 
・電話は親のものであって、お子さんのものではない
・充電はリビングのみ
・夜〇時以降はメールしない
・携帯はいつでも親がみてもいい
 
 
(※注意しておきたいことは、
 実際にはみません。
 
 
 
 でも、
 見られることがある。
 そんな風にお子さんに、
 認識してもらうことが大事なんですよ!)
 
 
 
 
4つなら簡単じゃないですか?
 
 
 
あんまりあると、
お子さんも、お母さんも
嫌になっちゃいますからね(笑)
 
 
 
 
人は5つ以上のものは
覚えられないので(笑)
 
 
 
 
あれれ?
でも、これ、高校生になったらどうするの?
って思いました?(^^♪?
 
 
 
 
このルール設定なんかは
インストラクターが開催する
中級講座でお伝えしています!
 
 
 
 
 
ちなみにね、
 
 
 
小学校4年から
キッズ携帯から
スマホに切り替える子が増えます。

 

 

・学童に落ちて一人時間が長くなった

・キッズ携帯が3年契約で切り替え時に

・キッズ携帯を子供が不便がる(電話番号登録数の制限とか)

 

 

スマホの世界は

小学生の子にも着実に

当たり前になってきてますよ!

 

 

ぜひ、

安全な使い方、約束、

家族と考えてみてくださいね。

 

 

本日はここまで!

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

ーーーーーーーーーーー

 

11月17日(火)22:00~23:00

に配信しましたYoutubeライブ最終回!

昨日のテーマは、だれもがききたい

 ~性教育に大金をかけたリアルな理由、大暴露~

まだご覧いただいていない方は

こちらから▼

https://youtu.be/rpx3fgaAXlo

 

ーーーーーーーーーーーーー

先日お届けした

ライブ配信は見ていただけましたでしょうか?

 

9月から始めたこのYoutubeライブ。

 

全7回の最終回にふさわしく

今回は

性教育になぜお金をかけたのか!

 

ちょっと聞いてみたいけれど、

なかなか聞けない話をお届けしましたが、

わたし、、、まさかこの回で

あんなに泣けちゃう話が出てくるなんて

正直思いもしませんでした。

 

性教育は避妊教育だけではない。

 

ってところは、

ここ最近のYoutubeライブで

お分かりかと思いますが、

 

しんのうインストラクターの

お父さんの遺書話。

元の旦那様からうけた悲しい経験の数々。

 

それを断ち切ろうと決めたお父さんとの秘話。

 

聞いてるインストラクターの皆さん、

全員が嗚咽の大号泣。

 

進行をしなければいけないので

グッと涙をこらえましたが、

あれ、、、、進行がかったら私

きっとあふれる涙が止められませんでした。

 

ほかにも、

大好き、愛してる、生まれてきてくれてありがとうと

子どもに伝えるのに25年かかっってしまったという

いしかわインストラクターの告白や

 

性教育をはじめて

周りに助けてといえるようになった

にしこおりインストラクターの話、

 

1日〇円論をみちびきだした 

えぐちインストラクターの爆笑話!

 

まじめだと思っていた息子君の冒険話に

ドキッとした

くぼたインストラクターの話。

 

助産師やまうちインストラクターの最後の一言

子どもがもしつれさられそうになったら、、、、

その時にきっと感じる一言は

まさに!でした。

 

アーカイブは20日24時まで残しておきますので、

ぜひご覧ください♡

 

今回、最高の話をしてくれたインストさんたちに

もっと話を聞きたい!という方のために

無料の個別面談

をプレゼントいたします!

 

インストラクターさんが

どんな話をしてくれたかと合わせて

ご紹介しますね!

面談は限定ですのでお早めにご応募くださいませ!

1.えぐちちが
→男の子の性教育といえばこの人。
オンラインの今、全国各地から男の子ママからのお問い合わせ・お申込み殺到中!!とにかく明るく前向き!話すだけで元気がもらえると大好評。
えぐちちがのおしゃべり相談会
https://system.faymermail.com/forms/1887

➔女系家族の自分にまさか4人の男児が生まれるなんて!
男児の成長が分らない&加害者にも被害者にもしないために自分ができることは何?
性教育を始めるにあたって、旦那様を説得するために
電卓を叩いたえぐちインストの説明が、わかりやすくて納得!
1日〇円論をお楽しみに!
 

2. やまうちさくら
→ 助産師歴22年。
年間200人以上の中学生に性教育の講義を行う4児の母。
圧倒的な知識と経験、引き出しの多さからあなたに合った性教育をお伝えしています。
恐ろしい程の宇宙人男子、マイペース女子への性教育が大得意!やまうちさくらの個人面談▽
https://resast.jp/inquiry/56558

➔性教育を1年先延ばしにするなんて、自分には考えられません。
やまうちインストラクターの受講生さんの言葉はとっても嬉しかったですし、
子ども達がさらわれるかもしれない時
何と感じるかの言葉は、性教育を皆さんに進める神髄のような気がします!
 
 

3. くぼたまさこ
→ 「とにかく明るい性教育」だからといって、常にテンション上げて明るく伝えなくても大丈夫!協会イチ「さほど明るくない」インストラクターとして理事公認で活動中ですが、気づけば受講生さん達が明るく楽しく伝えられるようになっているというから不思議。
8歳男、4歳女の異性子育て中だからこそ男女の特性の違いを沢山の事例と共に詳しくお伝えします
くぼたまさこの個別相談
https://resast.jp/inquiry/56713

➔くぼたさんが20代の時に体験した怖すぎる経験。優等生の息子君が小学生になって起こした冒険話。
安心を買ったというくぼたさんの話は、男児のお母さんの心に刺さったはずです!
 
 
4. しんのうゆうこ 
→ 5歳年中男子をもつ元シングルマザー。
助産師歴11年。命の現場で「正しい性教育を受けられなかった結末」を見てきた数少ないインストラクター。柔らかな雰囲気の裏でプロフェッショナルとしての覚悟をもって伝える性教育は聴く価値あり!しんのうゆうこの個別面談
https://system.faymermail.com/forms/1843
 
➔泣いた。泣いた。ただ、泣いた。
幸せになってくれてありがとう。きっと視聴したすべての視聴者さんが思ったしんのうインストラクターとお父さんのとの秘話。
ハンカチ必須でご覧ください!
 

5. いしかわまさよ
→育児経験26年!成人した子ども2人、中学生、小学生とバラエティーにとんだ年齢の子ども達。実体験豊富で受講生さまには「今の現状はもちろん先の未来も見せて頂けるのはいしかわさんだからこそ!」とお墨付きも頂いています。未就園児施設児童館担当講師、新聞掲載経験あり。
いしかわまさよの個別相談
https://system.faymermail.com/forms/1864

➔いい子を演じた子供時代。親に抱っこをせがんだ記憶のなかったいしかわインストラクター。
20歳を過ぎたお子さんに大好きといったことも、抱きしめたこともなかったことを打ち明けてくれました。
小学生の下の子に性教育をしだしてからの、家族の変化、お子さんの変化、いしかわさんの変化は
同じように、親御さんに困らせたくなくて愛情を求められなかった方の参考になるはずです!

6.錦織可奈子
→看護師歴16年。臨床現場と教育現場で見てきたリアルだらけの講座が大人気。5人姉妹の母として、地域の子供たちの指導者として、使える引き出しの多さはインスト一!見た目と中身のギャップの違いも楽しめる、一度で何度もおいしい錦織の個別相談会はこちらから。
https://resast.jp/inquiry/56845

めちゃくちゃ可愛らしいのに5人姉妹の母であるにしこおりインストラクター。
臨床現場で出会った子供たちの話。性教育をはじめて、初めて人に『たすけて』といえたにしこおりさんの話。
生理を楽しみという娘ちゃんの話、不登校の子をもつ母としての気持ち。
子ども達にどう向き合っていくか。母としての心構えを教えてもらった気がします!
 

本気でぶっちゃけてくれた

インストラクターの皆さんに感謝です!

見ごたえも、面白さも、感動も、お役立ち度も桁違い!

ぶっちゃけ祭り第三弾は

11月20日24時まで配信です!

https://youtu.be/VXGA02yIhfE

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

我が家の3女は

不妊治療の末にできた子です。

 

3人目不妊なんて考えもせず、

次女から6年たって、

しびれをきらしていった産婦人科で

私の無排卵が分かりました。

 

その間、なんどもなんども

排卵チェッカーや、

妊娠チェッカーを使い、

 

生理が来るたびに

何とも言えない絶望感。

 

悔しい思い、

悲しい思い、

またかという諦め。

 

欲しい欲しいと思いながらの6年は

やっぱりとても長くって。

 

原因が分かったときは

逆にほっとしたんですよね(笑)

 

そんな風に欲しい欲しいと思って

治療をして

 

ようやく彼女は、

私たち家族のもとへやってきました。

 

「よく頑張ったね。」

「えらかったね」

「ママのところに生まれてきてくれて

ありがとう」

「幸せになるんだよ」

めまいもするような、

あの陣痛の

途方も無い痛みに耐える中

 

どんな言葉をかけようかな。。。

どんな風に迎えてあげようかな。。。

 

たくさんの事を考え、

やっとの思いで産んだ

三女は

 

生まれた瞬間

息をしませんでした。。。

 

「手の指の数はきちんとある?」

「顔はゴリラみたいかしら(笑)」

「音楽をかけてもらってリラックスしよう」

赤ちゃんを抱っこさせてもらったら

やりたいことが沢山あったのに。。。

 

彼女は

私の胸に抱かれることなく

バタバタと

どこかへ連れていかれてしまいました。

 

あれはね、

私が看護師だからじゃない。

 

多分、お母さんなら誰もがもつ

母の勘。

 

「何かあったに違いない。」

 

ピン!ときて

胸がざわついた。

 

すがる気持ちで見上げた

立ち合い中の主人の顔は

青ざめていた。

 

ついた名前は

新生児仮死。

 

だけどね、あの子は大丈夫!

どこかでね、

そんな確信があったんです。

 

正直言うと、

そう思いたかっただけかもしれません。

 

先生の報告を待つ時間が

長くて長くて。。。

 

辛いはずの

後産の痛みなんて

どうでもよかった。

 

先生から

 

「せっかちさんで、

30分で生まれたから

呼吸する準備をしないで

出てきました。

 

今、呼吸器を使ってますが

すぐ外せます」

 

そう言われてやっと、

ほっとして涙が出てきた。

 

NICUの窓越しから見た

はじめての三女は

 

小さな口に機械をいれられ

その手や体には点滴やら、

モニターやら沢山のものが付いていて

うつぶせで

寝せられていた。

分かってはいるけれど、

当然

抱っこすることもできなくて。

 

私に似て、せっかちなんだね。

早く産んじゃってごめんね。

 

こんなに大変な思いをした分、

あなたには幸せしかこないからね。

ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。

 

命がけで 生まれてきてくれて

ありがとう。

 

そこにいてくれて

本当にありがとう。

NICUの外から

祈るように、声をかけた日を

 

私はきっと

一生忘れない。

大きくなった三女は

お姉ちゃん達のアイスを

横取りして、

まるでジャイアンのよう(笑)

 

ごはんも1人で食べれるようになったし、

ズボンも1人で履けるようになりました。

 

今、ここにいて、

笑ってくれること。

それが、私の生きる力になっています。

 

生きているっていうことは

それだけで【奇跡だ】と

すごいことなんだって、

今から未来を、歩く

子ども達に知ってほしい。

 

ゆむらさんの命も奇跡。

ゆむらさんのお子さんの命も奇跡。

 

【あなたは、そこにいるだけ十分価値がある】

 

それを、伝えていくことが、

親しかできない

最高の性教育じゃないかな(^^)

 

本日はここまで!

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

16年目のありがとう

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

ーーーーーーーーーーーー

 

皆さん、連日のぶっちゃけ祭り

見ていただけましたでしょうか?

嬉しいお声を多数いただいておりますが

最終回はずばり!!

 

『お金の話(よつば)』

 

お母さんにとって、

大きな部分を占めるお金の事情。

 

インストラクターも、元々は普通のお母さんです。

受講生さんの何倍ものお金を使って

インストラクター養成講座を受講し、

今もなお性教育を学び続けられる環境に

身を置いている。

 

どうして、そこまで性教育に投資しようと思ったの?

性教育にそれほどの価値があるの?

そもそも、そんな大金をどう工面したの?

ご主人さんにはどう話したの?

 

そんな皆さんの

「聞きたいけど、聞けなかった」にズバリお応えします!

11月17日(火)22:00~23:00

(3日間、アーカイブを残します)

最終回のテーマは、

 ~性教育に大金をかけたリアルな理由、大暴露~

《視聴方法》こちらのメルマガから

明日、視聴リンクをお送りしますね!

明日をお楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーー

 
本日結婚15周年を迎えた我が家。
 
 
 
朝目覚めてすぐ、
二人で顔を見合わせて
 
 
 
『いつもありがとう。
  16年目もよろしくね♡』
 
 
 
感謝の言葉で
16年目のスタートを切れました♡
 
 
 
愛してるも、
大好きも、
可愛いねも、
 
 
 
聞かなければ言ってくれないし、
愛情表現を
表に出してくれる夫ではないけれど、
 
 
 
家族が第一の彼に
たくさん救われているわたし。
 
 
 
 
結婚記念日の夫婦の会話は 
とあるお金の話から
わたしの会社の決算報告と、
税金額という
色気も何もない会話となりましたが
 
 
 
16年もいれば
話す内容が変わるのも当たり前か。。。
 
 
 
と、
逆に吹き出してしまいました(笑)
 
 
 
 
『よく頑張ったね^^』
一言をもらえたので、
まぁ。。。よしとします!
 
 
 
やっぱりもう一度結婚するなら
夫がいい。
 
 
 
1日でもわたしより
長生きしてほしい。
 
 
 
そんな風に思える夫に出会えた
わたしはきっと、
幸せ者ですね^^
 
 
 
 
コロナで一緒にいる時間が増え、
昔より俄然仲良くなった
わたしたち夫婦。
 
 
 
 
夫婦円満の秘訣は
長くいるからこそ、
会話と感謝を心がける事!
 
 
 
 
会話を心がけたら、
ものすごい夫との関係がよくなって。
 
 
 
起業して4年。
ついつい仕事が楽しくなりすぎると
子どもより、夫をないがしろにしてしまっていたな、、、
と反省しました。
 
 
 
皆さんも、
ちょっとした会話をぜひ
心がけてみてくださいね♡
 
 
 
3人娘からは
綺麗な花束をもらいました。
 
 
 
家族って。。。
やっぱりあったかいですね♡

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*