HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

○○○さん

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

皆さんは覚えていますか?

筆箱セックス事件!

 

実は、そのお母さんが

会いに来てくださったことがあったんです。

※分からない方は

バックナンバーを見てくださいね!

で、こんな感想をすぐに投稿してくださいました!

===========

行ってきました!

特別1dayセミナー。

仕事に関係した

メーカー主催の勉強会ならあったけど。

自発的にセミナーに出かけたのは、

初めてで。

決まりきった

生活のサイクルと違う事をするのも

ドキドキでね。

それも筆箱事件から(割愛)

次の波も来ていたから、

これは行かないと!と。

駅から無事に着けるだろうか。。と

早めに出かけたり。

ドキドキしながら。

写真からも雰囲気からも伝わっていたけれど、

本当に明るくわかりやすくお話してくださった

のじま なみ先生。

元々泌尿器科の看護師さんで、

11歳8歳2歳の三人娘のママさん。(当時です)

親しみやすく、

あっという間の2時間半ごえな時間。

私が以前メールで相談した、

筆箱SEX事件も覚えていてくれて(笑)

会いたかったー!と

嬉しい言葉を言ってくれました。

娘にも恥ずかしがらずにきちんと伝えていこう。

それが彼女が自分を守る(防犯)知識になるから。

周りには受講生の方が同席してくれていて。

色々話を聞かせてもらったり、

聞いてもらった。

今も色々学校内での心配事があるけれど。

少し離れた場所から見守る勇気

(友達関係がこじれても、

口も手を出さずに!話してくれてありがとうと見守る!)

背中を押してもらえたから。

こうやって少しずつ子離れをしていくんだなと。

私の気持ちに、ふんぎりがついたような。

誰よりも深く繋がってるのは母だからね。

その役割を改めて学んだ感じ。

思春期に入る前に、

声かけしながら楽しく話して行こう。

初めて聞いた話で胸いっぱいで、

お腹も空かなかった(笑)

本当に行って良かったです!

今日から私も一緒にパンツ洗おう!

そこからはなしていきます!

===============

Mさん、ありがとうございます!

誰よりも深く繋がってるのは母だからね。

その役割を改めて学んだ感じ。

この言葉、

のじまの心のメモに刻みました^_^

伝えたいことが伝わっていたんだと

ほっと胸をなでおろした次第です(^^)

私ね、メルマガも、セミナーも講座も

ほぼ隠さず何でも話します。

メルマガで隠すということを

ほぼしません。

人って、

何度も聞いて初めて腑に落ちるところが

何度も聞いて初めて自分のものにできることが

何度も聞いて初めて勇気がわいてくる

そんな風に思うから。

何度も会いにきてくださる方が、

 

『もう一回聞けて良かったです。

頭がパンツ脳に戻りました』

『講座を再受講したい!』

と、うれしいコメントもいただくんです。

私を信じてくださった方に、

最大限のお返しできるのは

自分の知識と、コツを

あますことなく伝えていくことしかないですから!

子供だって同じこと。

何度も聞いて、

初めて自分のものにできるようになります。

子供はお母さんを信じてます。

あますことなく、自分の想いと知識を

伝えてあげてくださいね。

知識が自分を守ります。知識が人生を彩ります。

知識はお守りです(^^♪

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

昨日は、午前中

パンツの教室インストラクターさんの年に2回の

フォローアップ講座。

 

夜は、8月期のインストラクター養成講座生さんと

夜中まで補講をして、

今朝はパンツの教室初級講座を開催!

ここ最近、

よ~働いております(笑)

でもね、なんとなんと!

今日の初級講座には地球のま裏!

 

ブラジルからご参加の受講生さんが

いらっしゃったんですよー^^

『終わる頃には真夜中の3時ですが、

 仮眠したので大丈夫です!』

にこやかにお話くださった生徒さん。

 

まさかこんな日が来るなんて夢にも思わず、

感動と気合が入った会となりました(^_^)

 

昨日のフォローアップの時のインストラクターさんのシェアも

涙なくてはきけませんでしたが、

今日の受講生さんも。

パンツの教室に来てくださった理由が

あまりに胸にくるものばかりで。

プライバシーにかかわることなので

詳しくは書けませんが、

愛情をもらえなかった子供たちが

どんなふうに成長するのか。

親も気づけない体の変化。

無知さ。命を軽んじる発言。

性教育はやっぱりめちゃくちゃ大事だと

心から思えた皆さんのシェア。

私が知っていることは全てお伝えしたい!

そう思うと、

伝えたいことが多すぎて。。。。

 

普段話さない内容まで

おもわずポロリが数回。。。(笑)

 

なんでなんで??

頭がはてなだらけの

元気な幼児さんに伝える性教育と、

繊細で周りが気になる

思春期に入る前の子供達に伝える性教育、

そして、

恋がリアルになってきた

思春期の子供たちへの性教育は

伝え方が変わってきます。

 

子供達の反応も

年齢によって変わってくることを知っていれば、

俄然性教育が身近に、簡単になってくるとおもうので、

我が家の5歳〜中2の3人娘に

普段話している内容も山ほどシェアしてまいりました!

途中、

我が家の5年生次女と夫との

不器用な愛情表現の仕方に、

沢山のかたが涙されていましたが、

また、機会があれはお話したいと思います。

どんな話か聞いてみたい方は

私に直接聞いてくださいね(^_^)

 

今回はブラジルの方もご参加くださっていましたが、

日本全国、どんなに遠い距離離れていても、

物理的な距離ではなく

【思い】は届くと思っているので、

皆さんとのコミュニケーションを大事にしていけたらいいなと思っています!

 

参加くださった皆様が

今日来てよかった!

そう思ってくださっていれば幸せです^

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

○○○さん

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

 

最近、たくさんFacebook内で

私がオススメしている

性教育の本を載せて下さっています!

 

 

とっても嬉しいです(^^♪

 

 

 

みなさん、

是非お子さんに自分で読ませるのではなく

 

 

 

ご一緒に読んでくださいね(^^♪

 

 

 

小学校3年生以上の

ポップコーン天使

ロケット少年

 

 

なんかは

1人で読ませた後、

そっとしておくんじゃなくって、

 

 

 

ぜひ、感想を聞いてみてください(^^)

 

 

 

もしかしたら、

お子さんは

お母さんたちに

この手の話をしていいのかな。。。

そんな風に

様子をうかがっているかも!

こういうことって、

最初の一手が結構

重要だったりします。

もしかしたら、

まだ早くて

疑問も浮かんでいないだけかもしれないし

 

 

本当は

疑問が沢山かもしれない。

 

 

 

そもそも、根っこは

親子の間で性の話ができる関係か?

 

 

ってところを問われるので

 

 

本を読んでいるのを見かけたら

子供が何にも聞いてこなくても

 

 

ぜひ、感想を聞いてみてくださいね♡

 

 

 

絵本の読み聞かせをしている方は

その時にでも、

 

 

 

ママが お子さんをどんなに

大好きか

 

 

伝えてください(^^) 

 

 

 

 

そのためにはまず、

子どもに渡したり、

子どもが読んだりする前に

 

 

一度、お母さん自身が

本を読んでみることを

オススメします!

 

 

 

 

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

○○○さん

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

コンコンコン♬

ある日、またまた

のじまの相談箱に相談がありました。

===========

なみさん、私、いま・・・・

めっっっっっっっっちゃ悩んでます。

こんなこと言っていいのかな?

実は、、、、、

娘(2歳)がね、いじるんですよ。

自分の大事な部分を。

 

そりゃ無意識ですよね。

何も分からずいじる。

オムツをかえる度に。

お風呂に入る度に。

そんな時、夫は決まって

「女の子なんだからやめとき。」

「恥ずかしいよ!」

って言うんですよね。

私はその言葉に

なんとな~く違和感を感じながらも

何が正解かわからず、

毎回、なんとな~く

その時間が過ぎ去ります。

 

やっぱり、

のじまさん(性教育のプロ)に

連絡して聞いてみよう。

モヤモヤするし。

私はいいと思うんですが

これ、、、、どうしたらいいですか?

===========

 

うん。モヤりますねこれ。

でもね、もやっているのが

2歳の娘ちゃんにではなく、

旦那さんの方にってところに

何だろう、、、

凄く嬉しかったりしています(^^)。

 

何度かこの手の記事は書いたことがありますが、

この娘ちゃんの自慰。

なんら問題ございません!

 

お腹の中にいる赤ちゃんでさえ

自然にしているこの行為。

2歳の娘ちゃんがするのは至極あたりまえ。

 

気持ち良くなるように

出来ているんです。

 

神様はその辺ちゃんとしっかり

作ってくれました。

 

だって、

触って痛かったら子作りなんてしないでしょ(笑)?

女の子の方が幼児は自慰する子が多かったりします。

注意するべきは

お外でやらないこと。

 

もうお分かりですよね(^^)?

そう、

水着ゾーンは人に見せてはいけない場所

だからです。

 

「女の子なんだからやめとき。」

「恥ずかしいよ!」

旦那様のこの言葉では、

何で女の子は触っちゃいけないの?

何が恥ずかしいの?

って疑問が残っちゃう。

 

さて、この質問に○○○さんは

答えられますか?

。。。。。

。。。。。

。。。。。

それこそ、なんて答えたら?でしょ(笑)?

自慰は心の安定剤!

自慰は最高の睡眠薬!

私の中の自慰って、これくらい

かなり肯定的なもの。

だって、自分の身体で

触っていけない場所はございませんもの♪

 

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

○○○さん

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

娘が低学年の時。

お風呂前に

パンツを洗っていたので

おっ!偉いじゃん(^^♪

なーんて思って、

確認のために質問をしてみました。

 (なぜパンツを洗うのか?は、こちらから

 ⇒http://ameblo.jp/naminon81/entry-12200369797.html

 

『ねぇ、二姫ちゃん。

まだ先だけど、そのうち

二姫ちゃんもおりもの

出てくるんだよ~。

では、問題!

おりものはどこから出てくるんでしょう(^^♪?』

 

二姫

『。。。。えっとね、

 。。。。えっとね 。。

ママ、分かった!

つちでしょう!!!』

えっ? 。。。つち?

よりによって、、、つち?

膣じゃなくて?

えー、もう私、

吹き出しましたよね(笑)

 

つちって。。。

つちって。。。

土かいーーーっっっ!!!!

 

はい。

残念ながら7歳のレベルなんて

これくらいのものです(笑)

 

○○○さんも、

ある時もしかしたら

やっと勇気を出して

何か性の話をお子さんに

していらっしゃるかもしれませんね。

 

口に出すだけで

恥ずかしかったことを

思い切って話せたことに

満足しているかも(^^♪

 

でもね、実は、

9歳くらいまでの子供は

何度言っても

忘れてしまう生き物なんです。

 

九九と同じように、

繰り返し、繰り返し

日々の中で少しずつ話すって事が

必要になってくるんですよね。

 

なので、

せっかく教えたのに、、、

もし、お子さんが覚えていなくても

○○○さんのせいではありません。

 

ですから、

会話のきっかけとして

ぜひ、性の話を

じゃんじゃんしてみてくださいね。

こんな可愛い言い間違いを聞けるかもしれません♪

 

私は、あまりの可愛い言い間違いと

照れた娘の姿に

愛しさ全開で 抱きしめて

『可愛いな~大好き』

と何度も伝えました♡

 

いつも言っていますが、

性教育は『愛』を伝える

とっても心温かい親からの

プレゼントだと思っています。

 

子どもに幸せになってほしいなら

大好きって気持ちは

やっぱり 出し惜しみなく伝えてあげる。

 

私は、両親から沢山の愛をもらいました。

愛されていない。 

そんな風に思ったことは

ただの一度もありません♪

 

それは、

いつ何に対しても

笑顔で、『好き』

という言葉を沢山使っている

両親に育ててもらったら。

 

幸せのループは

娘たちにも

繋げていきたい。

 

だから私は今日も沢山伝えます。

 

娘たちに 愛されていると

わかってもらえるように。

大好き。

 

○○○さんも

幸せのループ、繋げていきましょうね。

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*