HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

さて、連日4回にわたっておとどけしました 

秋の夜長のぶっちゃけ祭り!

昨日のライブ配信

見ていただけましたか♡?

 

【幼児に性教育!?

 その事態を語りつくす、ぶっちゃけトーク!】

と題して、

3歳から始める性教育、

パンツの教室ならではの

未就学児に特化した

性教育のリアルをお届けしました(^_^)

 

実はこの回、

LINEのアンケートで

全4回の期待度を比較すると、

ぶっちぎりっで期待度の高い回だったんです。

 

きっと、

未就学児をお持ちの読者さんが

パンツさんには多い証拠ですよね(^_^)

 

結果はというと、、、

めちゃくちゃピュアで

めちゃくちゃほんわかで

でも、ドキっ!とが止まらない

そんな最高の回となりました!

終了後すぐに

メッセージくださった方多数!

今回は、

幼少期の親のちょっとした声掛けが

どれほど子供の心を縛るのか、

時に影を落とすのか。

幼少期の性トラブル。

どんな小さな男の子でも

オチンチンはやっぱりプライドの塊だった編

などなど、話題も豊富!

全4回で

トータル8500回再生を超えた締めの話は、

いままでの総まとめ!

感動から、ひやりまで。

視聴後は必ず

今すぐ子供たちを抱きしめたくなる、

そんな話の数々でした!

せっかくなので、

毎度恒例、昨日の内容を簡単にシェアしますね!

 

【はらぐにまりな/4歳、2歳女児母】
・トイレについてきたがる2歳児に生理を教えてみたら?
・長女の赤ちゃん返りがピタッとおさまった件

・赤ちゃんが産めないと思いこんだのは親の何気ない一言だった話

・田んぼのおたまじゃくしを見て、娘たちが語った可愛い話

・おちんちんはいつ生える?娘からのドキッと質問編

https://ameblo.jp/gunimari-pants/entry-12626010367.html

➔トイレに子供たちがついてくるのは育児ならあるあるのはなし!

そこをどう性教育に生かすのか、、、めちゃくちゃ上手にお話されています(^_^)

 

 

【まつもとふじこ/小1女、年少男、1歳男】

・2年間生理を親に隠し続けた驚きの理由

・身内に性トラブルが起こったら。。。

・オチンチンは男のプライド!

 幼児期のお兄ちゃんが泣いた理由とは

https://ameblo.jp/fujic5c5/entry-12626011266.html

➔もしかしたら、私、娘にこの言葉を

かけてしまっているかもしれない。

まつもとさんのシェアは全員のお母さんがドキっとするはずです!

 

 

【森田舞/ 小3女 年長女】

・コーチングコーチとして1万人に出会って気付いた

 親子の絆の大切さ

・10年以上不妊治療を行ったことを

 それを娘たちに話した結果

http://pantsu.naganoblog.jp/e2522881.html

➔今、不妊治療を経験されている方は沢山いらっしますが、

それをどう我が子に伝えるか。

伝えた後、子供たちがどんな反応をするのか

不安な方いらっしゃいますよね。

きっと、森田さんのお話はそんな方のお役に立つはずです

 

【長崎 みなこ/ 小2女、年長女、2歳男】

・成長に特性のある娘ちゃんのの自己肯定感が

 ものすごく上がった理由

・防犯の話をしたら子供が怖がってしまった失敗談

・マラソン大会で姉妹のほっこりエピソードが

 最高に可愛らしかった話
・お友達の男の子にほっぺにキスをされちゃた!?

https://ameblo.jp/pantsu-nagasaki/entry-12626017087.html

➔長崎さんのお子さんい生まれたい。

きっと視聴された方はみんなそう思ったはず♡

天下一品の声掛けに思わずホホが緩みまくりました(^_^)

 

昨日の配信は9月22日までの配信です!

一つでも気になる方は

この4連休に見てもらえると嬉しいです♡

⇓  ⇓  ⇓

https://youtu.be/jvmbNbkSXwI

 

家庭から性教育を始めていく。

これが急速に浸透きてますよ♡

 

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

 

○○○さん

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

最近は

若くして亡くなる有名人のかたがとても多いですね。

看護師をしていましたので

人の死は、多分、

他の方より多く見ている私です。

 

最期の時を家庭で迎えられない方を

沢山見送りました。

 

そして、私自身

身近な『父』という家族を

家でみとった一人でもあります。

 

65歳。

当時、三女が生まれて、まだ数ヶ月のことでした。

未だに気持ちの整理が出来ないことも

実は、しばしばです。

 

先日ね、

ムスメたちがふと、…

空に向かって叫んだんです。

『おじいちゃーん。

いつも見守っていてくれてありがとう♡」

 

何かあると、

神様ではなく、

おじいちゃんにお願いするムスメたち。

 

とってもいい子に育ってくれたと

思います。

その度に、私は父のことを思い出しては

胸がぎゅっと痛みます。

 

わたしは父が大好きでした。

好きなおかずも、子ども達に全部くれた父。

おちゃめで、冗談が大好きだった父。

老若男女、誰からも愛された父。

 

余命1カ月を、告げられた時、

まよわず在宅介護をするために

実家に戻りました。

 

最期を実家で過ごしたいと望む父。

農家の仕事があり、

日常生活全介助で、酸素や点滴、痛み止めなど

医療行為が沢山必要な父。

 

その父の世話を

見ることが不可能だと

在宅介護を泣きながら諦めていた母。

 

父の最後の願いをかなえてあげたいのに。。。

胸を痛めていた母の声を聴いた時

看護師として働いていたのは

このためだったんだ!

 

心の底から、

資格を取っていたことに感謝しました。

 

主人や子ども達を埼玉においてくることになっても、

後悔したくなかったから。

余命を聞いた次の日には実家に帰りました。

 

『ありがとう』

父からも、母からも、

そして家族のみんなからそんな風に言ってらえたけれど

本当は、私が父のそばにいたかった。

ただそれだけ。

 

父を介護できたのは、

ほんの3週間だったけど、

子どもに戻った気分で凄く嬉しかった。

 

沢山沢山会話して、34歳の女性ではなく、

『娘』として接したあの時間は私の宝物。

 

だけどね、1つだけ。

1つだけ後悔している事があるんです。

 

『お父さんは後どのくらい生きられる?』

おでことおでこをくっつけながら

クスクス話をしていたのに、

いきなり質問をされ、

つい、嘘をついてしまいました。

 

その時点で余命はたったの3日。

その日は11月17日。

父の誕生日。

 

『お正月かな。。。』

そんな風に答えるのが精一杯で

顔が引きつっていたかもしれない。。。

 

感のいい父だもの。

きっと私のその顔に

気づいたはず。

 

命の光が

もうすぐ 消えてしまうことに。

 

『孫に成人式の着物を買うのが

お父さんの夢だったんだけどなぁ』

わたしの顔を見ながら

涙を流す父に

 

『来年また、お誕生日迎えようね。』

そんな気の利いた一言も言えず、

ただ横を見ることしかできなくて。

こんなに泣き虫な娘なのに

その時は

一緒に泣いてあげることが できませんでした。

 

きっと

一緒に泣いてほしかっただろうに。

 

変なところで

ナースのわたしが顔を出し

患者様の前では泣かないプライドが邪魔をした。

 

うん。

いや、ちょと違うかな。。。

 

父に余命を伝える事が怖かったんです。

父にもうすぐ旅立つことを知られたくなくて

父とまだずっと一緒にいたくて。。。

泣くことができませんでした。

 

だからかな。

旅立って数年たっても

父を思い出しては泣ける日々。

ふとした時に。

父という単語を聞くたびに。

子どもたちが、じーじと空に願うたび。

あの時泣けなかった分

涙が溢れて止まりません。

 

『幸せはねすぐ近くにあるんだよ。』

父はたくさんの命や、

愛の話を私に話してくれました。

 

そして、その度に口癖のように

この言葉を私に伝え続けてくれたんです。

今、それがわたしの仕事の支えになっています。

 

きっとね、

幸せを感じる力は私、誰より強い。

それは、両親から

たくさんの愛情をもらえたから。

 

愛されて生まれてきたと

教えてもらえたから。

人は一人では生きていけない。

自分は愛されている。

それを知っている子供は

きっとどんな困難も乗り越えられると思う。

 

愛を知っている子は

人を、大切に出来る子になる。

 

命の大切さを知っている子は

自分を傷つけたりしないから。

 

だからね、性という命と愛の話を

堂々と語り合える親子を増やしたい。

 

それこそ、

人が幸せになる道だと信じているから。

空を見て、毎日父に誓っています。

 

もっともっと、

幸せに感じられる子を増やすからね。

私の父でいてくれて

ありがとう

 

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

昨日のライブ配信

見ていただけましたか♡?

第3弾は

【看護師・助産師だけがしっている今時の子ども達の心と性】

こちらをお届けしましたが、

返信が後を絶ちません!!!

 

今回はね、

胸が痛くなる話もいくつかありました。

でもね、だからこそ

子どもを育てるお母さん、お父さんたちに

知っていてほしい。。。

 

心からみなさん、そう思ったのではないでしょうか?

第一弾と第二弾で

総再生回数が6000回を超え、

第三弾もすでに1000回再生越え!

 

秋の夜長のぶちゃけ祭りへ

沢山の方が興味を示してくださったんだと

心から嬉しく思います(^_^)

 

せっかくなので、

今回の内容を簡単にシェアしますね!

【ブラウンみゆき/助産師歴14年 2児の母】
・妊娠の低年齢化について
・中絶に来た子は目を合わせてはくれない話
・初めて破水と叫んだ日

https://ameblo.jp/miyukibrown/entry-12625710762.html

➔10代の子供たち、そしてそれ以降女性に。

知識がやっぱり必要だと、そう思えて仕方がありませんでした!

 

【いわつきみか/救命看護師 5歳2歳男児母】

・我が子を天国は旅立たせたときの切ない気持ち

・包茎の末路

https://ameblo.jp/happymika-0224/entry-12624760457.html

➔いわつきさんの涙に、きっと画面の向こう側の皆さんも涙されたはず。

 

【錦織可奈子/ 思春期病棟看護師 5人女児母】

・精神科病棟にいる子供達

・家族関係について

・かまってほしい子供達

・お母さん、自分を責めないで

https://ameblo.jp/space-uzu/entry-12625690965.html

 ➔子供たちの心がSOSを出した時

私たち親はどうすべきか。

とても考えさせられました!

 

【やまうちさくら/22年助産師 4人兄妹母】l

・産後の鬱はお母さんがやっと出せる最初のSOS

・中学生に命の授業をして感じる事

・今どきの子供たちの性

https://ameblo.jp/sakurayamessage/entry-12624426673.html

➔産後うつは誰でもかかる。

まじめな人ほど多く、それは

お母さんが最初に出せるSOS!という話に胸がグッときました!

 

 

【しんのうゆうこ/助産師11年 年中男児1人】

・死産、流産を経験されたお母さんへの看護(グリーフケア)担当

のナースになった経緯

・DV夫から逃げ、今幸せに再婚する勇気を持てたこと

(この辺はブログに書いてあります)
https://ameblo.jp/snnyk/entry-12625700414.html

➔しんのうさんがどれほ赤ちゃんがスキか。

ステップファミリーとして歩みだした

最近のしんのうさんは幸せ満点の顔をされています♡

 

 

昨日の配信は

9月22日までの限定配信で

お届け予定!

この4連休に見てもらえると嬉しいです!

⇓  ⇓  ⇓

https://youtu.be/jvmbNbkSXwI

そして明日は第4弾!

最後にお届けするのは

 幼児期に性教育なんて…まだ早い?

 ぶっちゃけどーなの?

【性に興味を持ち出す年齢のリアルな性教育】

9/19(土)10時~お届けいたします♡

 ほっこり!感動!ドッキリ!

 幼児期のリアルな性教育を

 ぶっちゃけます!

◉ドキッとした事件

◉幼少期からの性教育では

  どんなことに注意した方がいいの?

◉小さいうちからやっててよかった!

  幼児期の性教育エピソード

など幼児期からのリアルな性教育を

語りつくしますよー♡

✔子どもからのドキッとする性の質問

✔プライベートゾーンの洗い方

✔異性のからだを触る

✔すぐはだかになりたがる

✔大声で下ネタオンパレード

✔パンツの中をもぞもぞ

幼少期から性教育をはじめたインストラクターたちが語る

リアルな体験談や想いは

きっと、子どもとの向き合い方のヒントになると思います!

のぞきに来てくださいね(^-^)♡

⇓  ⇓  ⇓

https://youtu.be/1iyuzyV2FjM

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

さて、第一弾と第二弾で

総再生回数が6000回を超えた

秋の夜長のぶちゃけ祭り!

 

第3弾はいよいよ本日

9月17日 21時30分から!

 

 

大変申し訳ございません!

【看護師・助産師だけがしっている今時の子ども達の心と性】

・12年間の陰部洗浄から見た、包茎の方の汚染具合と尿路感染

・セクハラの多さ(性教育受けていないから)

・中絶を繰り返す女性

・救急にいた時に見た、妊娠中にクモ膜下出血で運ばれてきた患者さん

・イマドキの子の性被害

・デートDVの被害はやはりスマホから

などをお届けします!

病院の中のリアルは、きっと聞かないと届かない。

沢山の方に見ていただきたいと思います。

お楽しみに!

 

配信はこちらから▼

https://youtu.be/jvmbNbkSXwI

お母さんが知らないホントのところ

お話してもらいますね!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

○○○さん

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

 

○○○さんは

お子さんがもし、

Hなサイトを見ていることを

発見したら、

。。。。。。どうしますか?

可愛かったのに『まさかうちの子がもう!?』

って焦る?

問いただす?

注意する?

それとも、、、

スルーしますか?

先日、娘がHなサイトをみていた。

 

というメルマガを書いたところ、

で、

のじまさんは結局どうしたの?

というお問い合わせを

多数いただきました。

ありがとうございます!

今日はそのことについて書きますね♬

 

次女7歳が

Hなサイトを見ているのを発見した時

ま~さ~か~の。。。

長女からの密告でした(またの名を告げ口です(笑))

実はわたし、

その時ちょっと嬉しかったんです。

キタキタキターーーーーーー!!!!!!!!!!!!

って(^^♪

 

何に興味あるの?

どんなもの見てるの?

いやん。エロエロ過ぎたらどうしよう♡

 

子供が興味がある内容を

わたしが知りたくて♬

私もHな本を読んでいた子です。

 

興味があるのは・・・

よくわかるんですよね。

で、何を見ていたかというと。。。

 

iPadのYoutubeで

アニメのしずかちゃんが

H風になっているものでした(‘ω’)。

 

エロエロ過ぎなかったことに

ほっとしましたが、

10歳長女が既読履歴から発見した

この動画。

 

iPadの制限付きフィルター

(成人向けサイトをみれないようにするもの)

設定がはずれていたのか?????

と思って確認しましたが、

マックスレベルの(強)設定でした。

 

まぁ、設定は

あんまり役に立たないことが

これで分かったわけです。

 

ということで、

親としてどうしたらいいか

ここは技量の見せどころですよね?

我が家では

iPadで英検ジュニアなどやることが多く

使わない選択はできません。

 

使い方のルールを再確認するのは

またの機会として

大事なのは、ここで親として

どう対応するかってとこ。

 

はい。

もちろん娘を呼び出して

聞きましたよ~。

直球勝負で!

 

『次女よ。。。

 Hな動画見たでしょう( ̄ー ̄)ニヤリ?』

まぁ、その時の次女ったら

慌てふためき、

2メートルは後ろに飛んできましたよね(笑)

 

私じゃない!

絶対見ていない!

それは触っていて出てきた!

(確かにドラえもん好きなのでそれもありうる)

あーじゃない、こうじゃない・・・・

と、

必死に怒って

言い訳をしまくっていましたが

この時点でもう

黒です。

態度から自白しているようなもの(笑)

大事なのはやっぱり

1回、共感する事。

 

そのくらい分かってる?

本当にそうですか?

なんでこんなもの見るの?

汚らわしい?

なんとも言い難い、苦々しい気持ち

持っていませんか?

 

見たいと思う気持ちは

決して悪いことではないんです。

 

むしろ

正常な心の発達です。

 

問題は

何をいつ、どう見るかって事。

 

次女が見ていた動画は

まだものすごく可愛らしい

H動画?位の代物でしたが

ここから先に進まれては困ります。

 

まだ善悪の区別がついていない彼女に

生々しすぎるものを見てしまわれては

SEXっていうものが

ただのグロテスクで、気持ち悪いなんて

間違った知識で

伝わってしまいかねないですものね。

 

私は

〇見たい気持ちは反対しないこと。

〇ママも見ていたので気持ちは分かる事

〇それは普通で、誰でも通る正常な発達

    自分は変だと思わなくていい

〇ただし、生々しい動画を今見ると

 それが正しいことだと信じてしまうのは困る

〇ここにあるのはファンタジー

〇中学生になったら解禁ね(笑)

 (↑その時までにはきちんと理解させる教育を話しておく前提です)

子どもだって、

見ている自分を

何かおかしいのかも。

 

そう感じるから

こっそり見るんです。

 

ポイントは

どんな気持ちで見ていたか

考えてみる事。

 

そして、話しあいができる環境を持つこと。

実際、怒っていた娘も

私から怒られないとわかると

ほっとして、

きちんと話を聞いてくれましたよ。

 

大事なことは

話し合いをする中で

子ども自身が

あふれる性情報に

『これはおかしい』

『これは間違っている』

そういった、判断力を

養って行くこと他なりません。

 

私たちは

その手助けをしていけるような

『話せる家庭の場』を作っていきましょうね(^^♪

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*