HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

さて、

先週〜今週にかけて、

新聞社の電話取材や、テレビ取材を受け、

すごい方との対談依頼が数件舞い込み

精力的に働いているのじま。

ここのとこ、

ずっと言っておりますが、

コロナ後のパンツの教室の

お申し込みの勢いが半端ではありません!!!!

そして、

お悩みを送って下さる件数も、

これまた半端ではなくて。

対談予定の方にも話しましたが、

今、中高生のSNS・・・・

えげつないからね!

 

という話から、

ホントは怖いのは

中高生じゃないよ!

本気で怖いのは

小学生だからね!

という話をさせていただきましたが、

対談予定の方、、、

『ひぇ〜〜〜〜!!!!!』

と、悲鳴を上げておられました(笑)

体も心も知能も

発達途上なのに

興味と暴走と、行動力は

中高生よりある小学生。

彼ら、彼女らの

驚くべきトンチンカンな知識の数々は

想像を絶します(;゚Д゚)

そして、

子ども達はこううのです。

『言ってくれなきゃ

  わかんないし!』

ごもっともです(笑)

暴走特急な小学生が、

事故を起こさないよう、

知識はやっぱり必須です。

大人は小学生はまだ大丈夫だろう、、、、

なんて、油断がどうしてもあるから、

小学生に目を向けていないパターンが

ほとんどなので、

今どきの小学生。

色んな意味で危なっかしい。。。

うちの娘が小4で

聞いてきた言葉は

『フェラチオで赤ちゃんできる?』

でした。

、、、、、がびんちょ。

もう、何でも知ってるね( ̄▽ ̄)

それから性教育を急いで始めたのが

私が性教育を始めたきっかけです。

子どもの名誉のために言っておきますが、

娘はできないといったけれど、

周りのお友達は『できる』と言い張ったそう。

多数決で多い方が正解となる

この世代。

やっぱりね、

当たり前を教えておいた方が絶対いい!!!!!!

うちの子はそんなことは言ってこない。

は、言えないだけかもしれません。

子ども達が読むマンガも

キスは小学生で終わらせるのが

当たり前って書いてあります。

『うちの子は幼い』は

もう死語です。

うちの子も興味がわくから

ただしい知識を親子で話す!

これが、

令和の時代の新常識(^_^)

私の話を聞いた方は

ほとんどの方がぞっとされますが、

向き合っていきましょう。

どうか目をそらさないで。

目に見えない子供の世界。

まずは知ることが

子ども達の防犯につながります。

たったそれだけで

子ども達が悲しい目に合うことを

防ぐことができるんですから、、、

守っていきましょう。

子どもの笑顔。子供の未来。

それがきっと親ならだれもが願うことだから。

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

○○○さん

 

 

 

 

いつの世も、

お母さんって、子育てに一生懸命ですよね。

 

 

赤ちゃんの頃は

飲まないミルクに

食べない離乳食に

いつ歩くのかとその成長に

一喜一憂。

 

 

 

3歳なら

魔のイヤイヤ期を乗り越え

オムツトレーニングの進み具合に

四苦八苦。

 

 

 

6歳なら

小学校入学前に少しでも習い事を。。と

習い事リサーチに明け暮れる。

 

 

 

一生懸命になればなるほど、

自分の子育てに不安と疑問をもってしまいますよね。

 

 

 

 

そんな私も

子育てに右往左往した一人。

 

 

 

子供の成長や、見えない将来への不安に

子供になにをしてあげたらいいのか?

 

 

 

いつも、どこか焦りを感じていました。

 

 

 

育児書を読みあさったり

先輩ママに聞いてみたり

ネットで調べたり。

 

 

 

子供のために。。。

そう思ったら、いいと思ったことは

実践して、

多少の我慢や不便もなんのその。

 

 

 

 

だけど、ある日気づいたんです。

あれ?これって私のしたかった育児かな?って。

 

 

 

子供のために苦労する。

子供のために時間を使う。

子供のために我慢する。

 

 

 

聞こえはいいけれど、

我慢してばかりだから

 

 

 

やってあげてる。。。

 

 

 

そんな風に感じて

子供に100点を求めるのでは?

 

 

 

だからこそ、

習い事の宿題をやらない長女に

つらく当たり

 

 

だからこそ、

口答えする長女を許せなかったのかなって。

 

 

 

 

私の子育てをやりにくくしていたのは

他でもない

 

 

 

私自身の我慢している思いと

100点を求める考え方。

 

 

 

 

そこに気づいてからね、

私いろんなことをやめたんです。

 

 

 

まず手始めに

 

 

 

子どもとバトルの原因になっていた

〇文をやめました。

 

 

 

完璧を求めることをやめました。

 

 

 

子供のやること80点でもOKをだそう。

 

 

 

そう決めて

子供に接していったらね、

子供に笑顔が増えたんです。

 

 

 

確かにね

片付けが下手くそだし

お風呂洗いだって雑だし

靴も並べないし

挨拶する声も小さい。

 

 

 

 

だけど、

80点でもOKって気づいたら、

それさえ愛しいものになりました♡

 

 

 

 

出来ないことは

ぜーんぶ、伸びしろがあるってこと。

 

 

 

 

私だって完ぺきではないのだから、

子供に変わることを求めるのって

不公平。

 

 

 

 

本当は私をイライラさせる素って何にもない。

私が私を苦しめてるだけなんですよね。

 

 

 

ママ、ママって甘えてくることも

 

 

 

本当は

とっても幸せで

 

 

 

子育てが終わったころには

もう一度体験したくなるほど

愛しい経験になる。

 

 

 

 

幸せって、

100点満点を求める育児に

やって来るんじゃないんですよね。

 

 

 

 

こんな風に考えたら

子どもが何をするにも可愛いくなったから驚き!

 

 

 

私のイライラが嘘のように減って

子供の遅刻も何故だか減って

挨拶だって小さいけれど、

みんなに出来るようになったんです。

 

 

 

子供自身がやりたい事

やりたくないことを、はっきり言えるようになりました。

 

 

 

そして、一番最高に嬉しいのは

親子で沢山笑えるようになったこと。

 

 

 

子どもには

 

 

 

 

子ども時代に

沢山笑っていて欲しいじゃないですか!

 

 

 

皆さんのご家庭に置き換えれば

すぐわかりますよね?

 

 

 

 

子どもの笑いであふれる家庭には

幸せが満ちていること

間違いありません。

 

 

 

 

では、我が家はどうかって?

 

 

 

 

もちろん、

毎日幸せ感じまくっていますよ(^^♪

 

 

○○○さんは、自分の育児に

何点で合格を出しますか(^^)?

 

 

本日はここまで!

 

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

昨日は

50名が参加した

パンツの教室初級講座&

インストラクター養成講座でした「(^_^)

 

 

今回はね、

なんと、なんとーーーーーーー!!!

アメリカ、タイ、オーストラリア

そして、全国津々浦々

北は北海道から、南は鹿児島まで!

本当にたくさんの方が

初級講座にご参加くださいました♡

 

 

 

 

『3年前からのじま先生に会いたくて!』

 

『オンラインありがとうございます!

 やっと受講できます!』

 

『本を読ませていただいてから

 絶対に受けようと決めてました!』

 

 

 

いやーこれ。

やっぱりオンライン化が

進んだからこその恩恵ですよね((^_^)

 

 

 

 

本当だったら

会うことのできなかった方に

お伝えできるって、

心底嬉しくて、感謝しかありません!

 

 

 

妊娠中の方から高校生のお母さんまで!

 

 

 

『子供に性教育をつたえたい!

 守りたい!』

 

 

 

・そのためには何が必要なのか?

 

・つたえたい気持ちだけで

 すすめてて大丈夫?

 

・まず、伝える前にすることは?

・今、何が子供たちに起こっているのか

 

 

 

そんな大事なお話を

させていただきました。

実際、

50名の受講生さんのうち

私の本を持ってくださっている方が9割。

でもね、

ほとんどの方が満足に

子ども達に《性》の話ができなかったそう。

。。。。。

そりゃそうです!

きっかけになればいい♡

そう思いながら書いていますが

なかなか、あの200ページ足らずに

情報ははいりきりません(^_^)

その代わり、

めちゃくちゃ真剣にわかりやすく

必要だって思ってもらえるように

何百時間をかけて書きました。

性教育の入り口を

大きなものにしたかったので♪

ただ、

講座はその

100倍はいいですよーーー!!!!

昨日も

たくさんの方を

泣かせてしまいました。。。。

私、性教育は

愛情と防犯だとも思っていますし、

それを伝えてくださるお母さんには、

自分の子育てに

自信を持ってほしい。

本気で思っているので

本気の応援をします。

子どもだけじゃなく、

未来を支えてくれる

お母さんたちには、

やっぱり、

最高のエールを送りたいじゃないですか(*^^*)

でね、

やっぱり知っていてほしい事もあって。

子どもが巻き込まれる性的な事件は、

我が家にも、インストラクターのお家にも

やっぱり起きています(笑)

なので、

毎回、私もインストラクターさんも

話す内容も日々アップデートされます。

昨日受講いただいた方は、

『先生の情報がすごすぎて、、、、

 口があんぐりです、、、、』

と、お話されてました(笑)

それを受けて、

こんな嬉しいメッセージをくださった方も!

ーーーーーーーーーーーーーー

Kと申します。5歳と2歳の男子の母です。

本当に素晴らしい講座、感謝しかありません。

この講座を受けてすごく反省しました。

「生まれてきてくれてありがとう」と、思ってはいても

子供たちに最近全然伝えていなかったなと。

むしろ、コロナの自粛生活。

幼稚園も保育園も休園で

一日中子供たちの相手をする中で、

イライラすることもしばしば。

今日、初級セミナー終了後の夕食の時に、

早速宣言させて頂きました。

そして、子供たちに、謝りました。

「生まれてきてくれてありがとう、って

きちんと伝えていなくてごめんね」と。

それから、今日のテキストを見せて、

5歳の長男には、

男の子と女の子の体の違いを説明しました。

これまでの私の中途半端な説明により、

「赤ちゃんはお腹から出てくる」と

思っていた長男は、赤ちゃんが

「幸せの穴」から出てくることに「えー!!!」と

すごく驚いていました。

「どうやってこの穴から赤ちゃんが出てくるの?」と

聞かれたので、久しぶりに胎内の写真を引っ張り出しながら

「ママも頑張ったし、○○も頑張って生まれたんだよ」と

と伝えました。

その他「どうして、女の子と男の子のおちんちんの形は違うの?」

など、興味津々、前向きにいろいろ聞いてくれました。2歳の次男にも

これから少しずつ話して行こうと思います。

この教室を受けて、私の心持ちが変わったことで、

家の中が温かい雰囲気に包まれているような、

そんな気がしました。

我が家は、

子供が未就学児のうちに

パンツの教室に出会えて幸運でした。

中級講座も受講予定です。

次回も心して受講させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

Kさん、、、ありがとう♡

大人の方に知識があるとね、

何を聞かれても大丈夫。

そんな自信がうまれます。

それは、安心となり

子どもたちに対する声掛けも

変わってくるものなんです。

生まれてきてありがとうという言葉も。

テキストを見せて、

体の違いを説明くださったときも

きっと、

一昨日までの何も知らないままだった

Kさんとは違ったはずです。

始めた家庭にしかわからない

安心と、信頼と、絆ってね

やっぱりあるんです。

私は、

自分に安心が欲しいために

性教育をしているところも、

実は多いにあったりします。

 

 

 

だって、、、、

今どき中学生のSNS事情は

皆さんが想像する

何十倍もすごいから!

初級でも

ちらっとシェアしましたが、

ひぇ〜〜っっ!!!!!

の悲鳴が

画面ごしでも伝わってくようでした((笑)

でも、

受講生さんにSNSの話をすると、

『絶対性教育必要です!!!!』

そう、

口をそろえて言うくらい

今の子供たちは

性犯罪ぎりぎりの

危うい世界に生きています。

守っていきましょう。。。!!!!!

伝えていきましょう。。。!!!!

子ども達の笑顔が、

一瞬でも曇ることがないように。

性教育は親から贈る

最高のプレゼント!

二の足を踏んでいる方、

どうしても伝えられないという方は

パンツの教室を頼ってくださいね(^_^)

全国180名のインストラクターも

オンラインで初級、中級講座を

バンバンやっております!

下記 ホームページをご確認くださいませ。

https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar/

 

本日はここまで!;

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

 

○○○さん、こんばんは

 

 

 

 

 

 

最近流行りのこの言葉

 

 

 

『自己肯定感』

 

 

 

 

私、実はこの言葉に、

かなりの違和感、、、、

いや、嫌悪感がありまして。

 

 

 

この言葉を聞くたびに

正直疲れていく自分がいます。

嫌いなんです、この言葉。

 

 

 

 

こんな言葉があるから

自己肯定感が低いやら、

自己肯定感が高いやら

 

 

 

何かと人生損得で考えて

損してしまうんですよね。

 

 

 

 

正しく、

ネガティブキャンペーンの

連鎖になるの。

 

 

 

 

 

そもそも

常に自分を肯定しなきゃいけないのかしら?

 

 

 

常に林家ペーパー子師匠みたいだったり、

江頭2:50さんのペースだと、

 

 

 

疲れちゃうでしょ?(笑)

 

 

 

 

肯定しなくても

そのままのあなたでいいんです。

 

 

 

 

 

だれだって、

人生って山あり谷あり、

いい時もあれば、悪い時もある。

 

 

 

 

自己肯定感っていう言葉で

肯定しなきゃって思うから

 

 

 

気分をあげれない自分に落ち込んだり

嫌悪したり、

つらくなったりするんだよね。

 

 

 

いいじゃない。

落ち込んだって、

嫌な本音ぶちまけたって、

醜態さらしたって。

 

 

 

 

 

一番大事なことはね

そこから人生をプラスに変える力があるかどうかって事。

 

 

 

 

これって、

自分の中の

弱い、かぼそい、醜い、汚い、

本音を知ることでしか

見えてこないのね。

 

 

 

 

 

だからこそ、

落ち込んで、うなだれて

どん底を味わうことも大事。

 

 

 

 

そこで

初めて見えてくるものがあるんです。

 

 

 

 

その時見えた

本音を、どんどん行動に移して

人生をプラスに変えられる力をもった人が

最強の人なんじゃないかな。

 

 

 

 

私だってそう。

9月に起業し、その2か月前まで

PCでメールの送受信もしたことなかったんです。

お恥ずかしい。。。

 

 

 

それはそれは、WEBまわり苦労しました。

 

 

 

ブログも、FBも、メルマガも

出来ないことだらけのオンパレード。

 

 

 

 

もう、人が5分で終わるものを3時間かけたりしてね(一一”)

 

 

 

 

なんで使えないんだろう、

はぁ。。。

いけてない私。。

そう思ったことも何十回もある。

 

 

 

やさぐれてふて寝したこともあった。

 

 

 

 

だけど、

 

これが私が親からもらった

一番最強の強みなんですが、

 

 

 

 

 

それが、

 

 

 

 

『何とかなるさ、だって、私だし!』

 

 

 

 

最後の最後はそう思えるって事。

 

 

 

 

 

 

これは本当に親に感謝です。

 

 

 

 

何とかなるさ!

精神でやることやったら、

次々に新しいことにチャレンジ

できるようになりました。

 

 

 

 

 

『何とかなるさ~私だし♡』

 

 

 

こうやってね、

ありのままを受け入れて、

この精神で諦めず行動し続けたら、

 

 

 

 

色んな方に

私の性教育を応援してもらえて、

ビックリするくらいの加速スピードに

のっておりました。

 

 

 

 

昔から、このプラスに変える力はかなり高かったのか

年齢問わず

相談事をされることが多い私。

 

 

 

 

これって、多分

その人の悩みを

ジャッジしないからなんですよね。

 

 

 

 

人生をプラスに変える力=自己肯定感が高い人

 

 

 

こんな風に考えると

落ち込むことも

決して悪くないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

自己肯定感が高い、

低いと心配するのではなく

ぜひ、お子さんには

 

 

 

 

 

どんな時も私だから大丈夫。

 

 

 

 

そう思える心を養ってあげてください。

 

 

 

それには

どんな時も『大丈夫』

そう言い続けることが重要!

お母さんの声かけを、

忘れないでくださいね。

 

 

○○○さんのお子さんが

【自己肯定感】で悩まず

人生楽しんだもん勝ち !

 

 

そう思って、

ピンチをチャンスに変える力を持った

お子さんになりますように♪

 

 

 

 

本日はここまで! 

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

前回の記事、

天に召されたあなたへ。

反響がものすごく、

感想メールが後を絶ちません。

⇓  ⇓  ⇓

天国にめされたあなたへ

https://ameblo.jp/naminon81/entry-12601595172.html

お母様をなくされた

私の友人が話してましたが、

自分の子供を守るために始めた

性教育。

だけど、その前に

性教育って自分の親との関係を

深く直視しないといけないものでは?

と、気づかされたと。

少し掛け違えた親子の糸を

キレイに整えるのは

少し勇気と時間が必要で。

だけどね、

いつからだって間に合うんです。

遅すぎることってありません。

我が子とも、

自分の両親とも

分かり合えるに越したことはないですもの。

先日届いた1通の投稿にも

同じように

母娘って

同じように思いあってても

時に、行違うこともあるのかも、、、、

そう、

気付かされたことがありました。

ーーーーーーーーーーー

【娘からの手紙】

 

お風呂上がりのドライヤーをしながら 

 

 

 

お母さんに手紙書いたからね 

と娘

 

「ありがとう」と受け取ると、

 

そこには 

 

 

“おかあさんはわたしのことがすきなの?“

 

の文字。

 

 

 

あぁ

なぜ私は、

この子にこんな想いをさせてしまったのだろうか 

 

 

 

膝に乗ってる娘に 

「娘ちゃんのこと大好きだよ」

「お母さんが好きか心配になっちゃったの?」

 

しづかに尋ねると

静かにうなずく娘 

 

ごめんね

「大好きだし愛してるし

生まれてきてくれてありがとうって思ってるよ」

 

 

 

そう

生まれてきてくれてありがとう 

 

 

 

本当に心から”強く“”強く“そう思った 

 

 

 

 

それを言葉できちんと伝えないと 

 

 

ごめんね 

最近怒ってばっかりだったよね 

 

 

 

お母さんも

どうしていいかわからないの 

 

 

 

 

ごめんね 

 

 

 

 

大好きは本当だよ 

 

 

 

 

その想いを込めて 

 

 

 

 

「生まれてきてくれてありがとう」 

 

 

 

 

もう1度言った 

 

 

 

 

少し安心する娘の顔を 

ぎゅっとぎゅっーーっと抱きしめて 

 

 

 

 

この子の笑顔を

私が守らないでどうするんだと 

 

 

そう誓った 

 

 

 

 

子どもが寂しさを感じることも 

愛を求めることも  

まだまだある  

 

 

 

そんな時 

 

 

「生まれてきてくれてありがとう」 

 

 

 

 

の気持ちを

真っ直ぐにすぐ伝えることができるか   

 

 

 

私が心から

自然と言えたのには秘密がある 

 

 

 

 

答えは「パンツの教室」 

 

そう、性教育のおかげ

 

 

性教育は愛の教育

性教育は命の教育

 

 

 

私が学んだ

親子で語るとにかく明るい性教育

【パンツの教室】

のじま なみ先生をしってほしい。

ーーーーーーーーーーーー

私は、

娘ちゃんに寂しい思いをさせたかもしれないと

後悔と、罪悪感と、切なさを抱く

Hさんにこう言いました。

その言葉を言わせたのではなく、

その言葉を言える関係を築けてるってことが

実はとってもすごい事。

誰しもが一度や二度、

お母さん私のこと好きかな?と思うもの。

それを表現できなくて

大人になっても苦しんでる方がたくさんいます。

Hさんの子育ては間違っていません。

むしろ、、、、、、10000点ですよ

って(^_^)

Hさん。

そんな視点があるなんて、、、!!!

と驚かれておりましたが、

この仕事をして、

年間1万人のかたをサポ―トして

思うこと。

それは、

いつの世も、

お母さんはナンバー1ってこと。

子ども達は

お母さんを通して

世の中の大事な事、

人間関係、

コミュニケーションを学びます。

だから、もし、

抱っこして上げれる時期に

色んな感情を子どもがぶつけてきたら、

どーんとした気持ちで

受け止めてあげてください。

時に生意気なことを言うかもしれないけれど。

抱っこしてあげられる時期は

そんなに長くはないですから。

後で後悔しないように(^_^)

今できること

今伝えられることは

我が子にも、親にも、

言葉で届けていきましょうね♡

抱っこして上げれる時期に

沢山抱っこして、

愛情貯金を満タンにしてあげといてください。

お母さんは

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*