HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

講演会やセミナーをやると

こんな質問がよくあがります。

 

 

『子どもにセックスとか

 性とか伝えると、

 

 親をいやらしいと思わない?

 外でいいふらかしたりしない?

 

 のじま先生は。。。

 ドキッとしないんですか?』

 

 

。。。。。うん。

 

 

これ、

気持ちはよーーーく分かります。

 

 

おかげさまで、私、

ドキッとすることは

最近ほとんどなくなってきましたが、

 

 

やっぱりね、

 

 

最初にセックスの話をした時は

もちろんドキッ!としましたとも(笑)

 

 

それが、

必ず娘たちの役に立つと分かっていたとしてもね!

 

 

1つ子どもに教えるごとに

ドキっ。

 

 

次の話をするごとにドキっ!

 

 

でもね、

ある時ふっと気づいたんです。

 

 

あれ?私、

恥ずかしいことを言っているのかな?って。

 

 

女子中学生の10人に1人。

女子高生の4人に1人は

セックスをしていている時代。

 

 

小学生で性感染症にかかっている子だっている。

 

 

 

これ、私が教えずして誰が教えるの?

 

 

小中学校で

セックスの話はしてもらえないのに。

 

 

私、、、、

めっちゃイイ話してるじゃん!!!

 

 

 

だって、だれが困るって、、、

 

 

私じゃなくて、子ども達なんですもの!

 

 

逆にね、

 

 

私が子ども達の為に出来ることがあるって思えた時、

凄く嬉しいな~と思えたんです(^^♪

 

 

まだ今なら間に合うって、

そんな風に見方が変わったとき、

恥ずかしさが、なくなっていきました。

 

 

以前「コウノドリ」をテレビで見ていたときにね、

『日本の性教育が後退している』って話が

出てきました。

 

 

それを聞いた娘たちが

『ママ、性の話を仕事にすればいいのに!』

って言ってくれたんです。

 

 

おろろ?

この1年、母がなんの仕事をしていると

思っていたの?って笑えましたが

 

 

『性やセックスの話を

 お母さんと子ども達が

 我が家みたいに話せるように先生をしているよ!』

 

 

と答えると、

 

 

ニッコリ笑って

 

 

『いい仕事だね♡』

 

 

そう答えてくれました(^^)

 

 

私だって○○○さんと同じく

ドキッとしていましたよ。

 

 

だけど、

妊娠や出産のしくみを自然に話し合って

自分自身の誕生のことを話した我が子は

 

 

ふざけたり茶化したり

外でいいふらかすことはありません。

 

 

これは、今や私より上手に話せてる

アカデミー生のみなさんのお子さんも同じこと。

 

 

 

それだけ、

命の尊さや、自分がいかに大切にされているかっていう事を

きちんと理解できたから。

 

 

もっと○○○さんのお子さんの事

信じてみてください。

 

 

きっと自分の事も、そして○○○さんの事も

大事に思えるようになりますから!

 

 

 

まずは、自分の子供を信じよう!

 

 

本日はここまで!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

さ、今日も楽しく

お子さんに性教育出来る

ネタを話していきましょう!

 

 

 

私のところには

 

 

性教育を始めたい!

お子さんに話してみたい!

 

 

そんなお母さん方が

セミナーに来てくださったり、

メッセージをくださったりします(^^♪

 

 

みなさんね、とっーーーーても真面目で

お子さんたちに

生理の事、おちんちんのこと

命の事を伝えたい。

 

 

そんな風に性教育への意識が

かなり高い!

 

 

言い換えると、

とっても真剣なんです。

 

 

でも、だからといって

お子さん達に性の話を出来るのか?

っていうと、

実は別問題で、出来ない人が多い。

 

 

摩訶不思議でしょ?

 

 

医療従事者とか、学校の先生とか

そんな方はきちんと

子どもに性教育が出来きて当たり前。

 

 

そんな風に思われがちですが、

実はこれも間違い。

 

 

お医者さんや、看護師さん

保育士さんや学校の先生は

 

 

知識もあるし、

子どもの扱いも上手だけど、 

 

 

 

たとえ、

『知識がある』

『子どもに慣れている』

 

 

 

そんなスペシャリストだとしても

性の話がきちんと出来る

って、もんでもないんです(笑)

 

 

じゃあ、なんで出来ないんでしょう(^^)?

 

 

 

そこにはね、

 

 

子どもが成長していく姿が

嬉しくもあり

少し寂しくもあり、、、

 

 

いつまでも、可愛いわが子でいて欲しい。。。

 

 

 

うちの子だけは

純粋無垢なままで

出来れば、

けがれを知らないまま

大人になって欲しい!!!!!

 

 

こんな気持ちが強くあるからでは

ないでしょうか?

 

 

セミナーに参加しているお母さんも

 

 

うちの子に限って

Hな雑誌とか、サイトとか見ているはずがない。

 

 

って、

うちの子に限ってというお母さんが

とっても多いんです。

 

 

 

私はこれを

『夢見る少女でいて欲しい症候群』

と呼んでいます。

 

 

我が子に限って。。。

 

 

そんな風に思いたい気持ちも分かるんです。

何故なら私もそうだったから(笑)

 

 

娘にかぎって。。。

そう思いたかったけれど、

 

 

娘が10歳となったとき、

Hなサイトを見ていたことは分かっているし

聞いてくる話は

 

 

処女膜って痛いのか?って

突っ込んだ話だし(笑)

 

 

聞くと、友達ももう、

色んな事知っているし、

 

 

うん。。。

可愛いままではいてくれないんだな。。

って、私自身が身をもって体験しています。

 

 

 

小学生の6割は

セックスの事をすでに知っていて、

それはほとんど

友人や、ネットからの情報だって

データーもあります。

 

 

Yahoo!を見てても、

下段にはエッチな漫画が堂々とスクロールされて

出てきてしまうし

 

 

たとえ我が家で見れないようにしたって、

よその家では簡単に見れちゃうし

 

 

我が家の子に限って

何にも知らない子でいることは

もう無理な時代なんですよね。。。

 

 

がびーーーーーんですよね(>_<)

 

 

 

私たちが育ってきた

H本だけが情報源の時代ではもうないの。

 

 

PCの使い方は3年生から習うし、

学校によっては1年生から習いますよね。

 

 

6歳児でもiPadの既読の消し方を

こそっと知ってるのが現状ですよ(;・∀・)

 

 

 

なんで性教育をやってあげたいのか?

 

 

性教育のゴールは

性の加害者にも、被害者にもならず

自分で未来を切り拓ける子になるように

 

 

 

簡単に身体を許さず、体を求めず、

自分の事も、相手の事も大切にできる子

になるように

 

 

ですよね。

 

 

そのゴールさえ分かれば、

今、○○○さんが話していくべきこと

見えてくるんじゃないかしら(^^♪?

 

 

お子さんは。。。。本当に色んな事知ってますよ。

聞いてると、

その悩みは私たちには

こそばゆいくらい♡

 

 

夢見る少女でいてほしい症候群

 

 

そんなもの早く捨てて

お子さんが持ってる

こそばゆい悩み、一緒に話し合ってみてください♪

 

 

ホントに、ほんとに

楽しくって仕方がないですから!

 

 

始めた人だけが知っています♡

早く抜け出してきてください。

 

 

そのお手伝い、私が一緒にしていきますからね。

 

 

本日はここまで!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

ーーーーーーーーーーー

 今、全国各地で

色々な天災が起きていますね。

特に九州や長野、岐阜など

大雨で避難を余儀なくされている方が

沢山いるかと思います。

なので、どうしてもこれだけは伝えたくて、

過去にも書いたお話を

今日はさせていただきますね。

それは小学校3年生の時。

いつも悠然とそびえていた

地元の山が

大きな大きなマグマを吹き出して

噴火をしました。

 

さんさんと降り注ぐはずの太陽は

地鳴りのような地響きと

怖れをなすような火砕流の噴火音とともに

またたく間に天の光を隠し、

 

あたり一面は

不気味な暗闇に包まれた日。

山から見たこともない赤い火が吹き出し、

斜面を流れる真っ赤なマグマが

ものすごく綺麗だったことを

私は今でも覚えています。

 

何度かお話したことがありますが、

私は、雲仙普賢岳噴火の被災者です。

 

小学校3年生の時、

幾度となく起こる土石流や火砕流の被害に、

 

避難所へ避難したことは

1度や2度ではありません。

 

ここ最近みたいな

避難レベルがMaxの大雨がふり、

『命の危険』にさらされている時、

きっと避難所に避難している方も

多いのではないでしょうか?

 

私の経験上

子供は、、、、、

避難を、、、、、

 

楽しんでいます( ̄▽ ̄)

 

非日常って、

子供にとってはワクワクの対象です。

 

心配しているのは親のみで

いつもより浮足立って

注意力散漫の子供達。

 

親の話してくれたことは

右から左に流れていることもしばしばなんです。

 

なぜならね、もう

ワクワクしてるから!!!!

 

私も避難した日は

楽しすぎて

眠れなかった記憶があります。

 

で、

何が言いたいのかというとね、

 

避難場所には

子供を狙う悪い人も潜んでいるということを、

頭の片隅に置いておいてほしいのです。

雨の中、

やっとたどり着いて

ホッと一息つきたいところの方も

いるかもしれません。

 

でもね、

お子さんに

・決して一人で離れて冒険に行かない事

・決して一人でトイレに行かない事 

もう一回伝えておいてください。

親御さん。

できるだけ、

お子さんから目を離さないでください!

 

こんな日だから言わせてください。

 

避難所で

性的なトラブルに巻き込まれることは

ないとは言い切れません。

 

雨がやんでも、家が流された方などは

避難生活が続くかと思います。

皆さんが早く

安心した日常に戻れることを

私も子供達と一緒に祈っています。

 

 そして、その時に

性的なトラブルで

悲しい思いをしている子が

1人もいないように。

心から祈っています!

そして、

発信し続けることで

私にできることやっていきます!

心から笑える日を願って。

本日はここまで!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

 

 

講演会に登壇しお話せさせてもらった日のこと

お話を聞きにきてくださった方から

『のじまさんは会うたびにいつも

1歩も2歩も先を走っていますね。

子ども3人いて、

どうしてそんなに走れるんですか?』

 

 

と嬉しい感想をいただきました。

 

うーん、、、走ってる感じはないんだけど(笑)

 

 

でもね、

唯一、人生において

大切にしていることがあって。

 

 

 

それがね

 

 

『すぐ行動すること』

 

 

これに尽きるな~と思ってます。

 

 

 

 

 

昔から、

そんな節がありまして(笑)

 

  

先日姉と話していて

笑い話になったんですが、

 

 

 

私、意味もなく中学校の生徒会長に

立候補してたんですって!!

 

 

 

なんで他人事かっていうと、

 

 

立候補した事実さえ忘れていたから

(^▽^;)

 

 

 

特に成績が良かったわけでも、

スポーツができたわけでもなく

全てが中の中だった私が何で?

 

はい。

私自身ハテナ?だらけ(笑)

 

 

多分、、、、、忘れかけた記憶のなかを

探っていくと

 

 

 

ただただ、

生徒会ってものに

憧れが強かっただけなんですよね。

 

 

 

○○○さんは

小さいころ何に憧れていましたか(^^)?

 

 

その夢、追いかけたことはありますか?

 

 

 

結果ね、憧れた生徒会長は

落選はしましたが、

姉曰く、副会長をしていたのだとか。

あれ?書記? 会計?それも覚えていません。

 

 

 

だた、その時、姉に言われた言葉が

グサッと胸に刺さりました。

 

 

 

『あなたは、いつも

私たちの常識ではないことを

やるんだよね 』

 

 

 

そうだ!

私って、興味があることには

何も考えずに行動していくタイプの

人間でした。

 

 

 

 

だけど、そんな私も

大人になってからは

何だかとっても慎重になって

 

 

やりたい事よりも

やらなきゃいけないことを優先していた毎日。

 

 

子供を産んで

看護師として働いていた間は

ずっと行動できずにいました。

 

妻だし。。。

母だし。。

看護師だし。。。

 

この3つのワードが

ズシっと肩にのしかかって

身動きが取れなくて

一歩踏みだすやりかたを

忘れていたんですよね。

 

 

周りの同僚に

『看護師辞めたらなにする?』

が口癖のつまらない女でした。

 

 

看護師っていう

安定職を捨てる勇気がなくて

 

 

 

妄想で『スタバの店員したいな。。。』

って、夢見ていたんです。

 

 

笑っちゃいますよね(笑)?

 

 

 

そんな私がありがたいことに、

今では協会の代表理事を務めるまでになりました

 

 

それを変えてくれたのは

今は亡き大好きな父。

 

 

 

去年、末期の父を看取るため

家家に連れ帰って過ごした1か月。

 

 

 

死期を悟った父は私に

こう語りかけてくれました。

 

 

『お父さんはね、もっと長生きしたかった。

もっとお母さんと一緒にいたかった。

孫たちに成人式の着物を買ってあげたかった。

 

後悔しない生き方をしなさい。

お父さんはやりたかった事が沢山あるよ

やってみなきゃ分からないから

何でもやりなさい 』

 

 

父のその言葉が

ずっと胸にあり、

 

やりたいと思ったことは

1つずつ行動に移し、

人生初めて

お金を出してセミナーに参加しました。

 

 

 

そこにはね、

私が見たこともない世界が

沢山広がっていて。

 

 

看護師って枠の中にいた私には

もう衝撃でしかありませんでした。

 

そして、学ぶ楽しさを知り

講座に通うため

初めて主人に3人の子どもを預け

少しづつ輪を、仲間を広げていきました。

 

 

そんな風に

ひとつずつ踏み出して

今があります(^^♪

 

 

 

 

まだまだね、

やりたいことも沢山♡

 

  

 

子供がいるから

仕事があるから

お金がないから

夫から反対されるから

 

 

 

これ、数か月前に私が言っていたこと。

 

 

できない理由ってね

考え出すと沢山あげれちゃうんですよね。

 

 

できる理由を考えることの方が難しかったりします。

 

 だからこそ、

今やれることに目を向ける。

そして、

 

 

一つでもいいから

進んでみる。

 

 

昨日の自分より

今日の自分の方が

1歩進んでる。

 

 

それがね、自信となって

人生がグングンいい方に

加速していくんです。

 

 

私を信じてついてきてくださるみなさんに♡

信じて見守ってくれている主人に♡

 

 

そして、

誰より子供たちに

 

父が私に教えてくれたように

 

 

 

未来って自分で切り開くんだよって事を

伝えて行きたいんです。

 

 

 

一歩行動すれば

人生はもっともっと

おもしろくなる♡

 

 

私ね、今幸せです(^^♪

 

 

 

 

○○○さんは、さて、

何をはじめますか?

 

ゆっくり考えてみてくださいね♡

 

本日はここまで♪

今日もお読みくださりありがとうございました!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

先日、子どもに

携帯を触せていたとき

Hな画像が流れたり

 

 

 

お子さんと散歩中街中で

Hな画像を見かけたら

○○○さんならどうします?

 

 

というお話をメルマガ配信したところ、

見事、意見が分かれました(笑)

 

 

 

あっ、ご安心を。

多分、○○○さんと同じ意見が

大多数です(笑)

 

 

 

それがね、

 

 

 

もう、微妙な空気に耐えられないっっっ!!!

 

 

即効で画像を消します!

もしくは立ち去ります!!!!  派の方

 

 

もしくは

 

 

何事もなかった風を装って

無表情でやり過ごす。。。派の方。

 

 

こんな風に

困ってしまう派の方が8割。

 

 

 

 

残り

2割の方が

一緒にワイワイ話します派。

 

 

 

じゃあ、のじまさんはどっち派なの?

と問われたら

 

 

 

はい、もちろん!

ワイワイ話す派です(^^♪

 

 

だって、これは

性の話がきちんとできるチャンスですもの。

 

 

講座を受けて下さた方も、

 

 

もうね・・・・

 

 

『きたーーーーーっっっ!!!』

 

 

 

って、

織田裕二バリに心の中で

がっずポーズをすると笑ってらっしゃいました(笑)

 

 

性の話ってね

本来、楽しいものです(^^♪

 

 

言いづらい人が多いのに

さらに、真面目に話すなんて、

余計に難しいでしょ?

 

 

私は、性の話を

 

「わからない」

「できない」

 

っていう、お母さん方を

1人でも減らしたいって思っています。

 

 

 

そのために

まじめな顔も、小難しい話もいらないんです。

 

 

そこにあるのは

たった2つのルールだけ(^^♪

 

 

○○○さん

そのルール

知りたいですか?

 

 

 

それはね、

 

 

1つ目が

明るさ

 

 

そして

 

 

2つ目が

簡単さ。

 

 

 

 

な~んだ、そんなこと?

 

 

のじまさん、もっとしっかりした事教えてよ!

って思いました?

 

 

 

でも、最初に話した、

Hな画像をお子さんと見て、

困ってしまう派の、真面目なお母さんこそ

そのことを忘れちゃう(>_<)

 

 

子どもは、まじめな話は苦手です。

難しい話も苦手です。

 

 

だからこそ

楽しく伝えてもらった話は

肯定的に受け入れてくれますよ♪

 

 

 

そこは覚えておいてくださいね(^^♪

 

 

では

お子さんと団らん中

ベットシーンが流れたとします。

 

 

○○○さんなら

この2つ言葉、

どちらがお子さんが

受け入れやすいと思いますか?

 

 

1、ああいう事はね

 好きな人同士がするものよ

 

2、キャー♡ドキドキするね♡

  SEXってね、好きな人とするとものすごく

  ドキドキして、幸せな気持ちになるのよ!

 

 

どうですか?

 

 

2番の方が

「ワクワク」して肯定的に受け入れられますよね。

 

 

SEXは決して卑猥なものでも

汚らしいものでも

恥ずべきものでもないのです。

 

 

 

こんなことを言ったからといって

お子さんは決して

SEXに異常に興味を示したリなんてしません。

 

 

 

興味が強くなったように見えるなら

もともと興味があったのを

○○○さんにきちんと

表現できるようになっただけ。

 

 

お母さんに打ち明けてもいいんだ!って

絆が深まっただけですよ♡

 

 

 

そこにどう答えていくかは、

○○○さん次第。

 

 

○○○さんが

お子さんに性、愛、命すべての事を

どうとらえて欲しいか。

どう生きて欲しいか。

 

 

自分の言葉、思いを伝えていける

チャンスです(^^♪

 

 

 

では、のじま家では

Hなシーンが流れたら

どうしているかと申しますと。。。

 

 

 

まず

①明るく 

・素敵なベットシーンなら

 キャー♡いいね~!!

 

・暴力的な、犯罪的なシーンなら

 うわっ!これママ嫌だーーー!

 

②簡単に

・素敵なベッドシーンなら

 こんな風にされたら幸せだろうな♡なんてつぶやく

 

 

・暴力的な、犯罪的なシーンなら

 こんな風にならないためには、どうすればいい?

 なんて質問してみる

 

 

こんな風に、どんなシーンも

娘に話しています。

 

 

 

○○○さんのお子さんなら

どんな話が出来るでしょうか?

 

 

 

我が家の長女は、逆に喜ぶ母を見て

冷めた目で見ることもあれば(笑)、

「どうして男性は胸の大きな女性が好きなのか?」

 

 

なんて素朴な疑問を投げかけてくれたりもします(^^)

 

 

反抗期に片足突っ込んだ彼女が

こんなことを聞いてきてくれるのも

これも、日々声をかけているからこそ。

 

 

とにもかくにも

○○○さんの声かけ次第で

お子さんの反応は、がらりと変わります。

 

 

声かけって本当におもしろい!

 

 

お子さんが求めているのは

ポジティブな意見です。

例え、性犯罪なんかの話でも

 

 

 

それはいけないこと!恐ろしいこと!

とネガティブイメージで終わらせるのではなく

 

 

どうしてダメなのか考えてみよ♬

と、ポジティブな方向へ

伝えて行きましょうね(^^♪

 

 

○○○さんなら

出来ますよ!

 

 

だって、このメルマガを読んでくださっている時点で

性について、前向きに伝えていきたいと

想っている証だから(^^)

 

 

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*