HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

よくね、

本当に3歳から性教育って必要ですか?

と聞かれますが

 

私、はっきり答えます。

 

 

はい。必要です!

 

 

 

だって、毎回言うんですが

世の中変質者は五万といて、

 

 

子どもだって、その行為自体を

やってはいけないと知らなくて

やってしまうお友達とかもいて

(パンツぬがせたり、おちんちん触らせたりとかね)

 

 

 

正直言うと歩き出した1歳以降の子は

すーーーべーーーて

性犯罪に合う確率があるからです!

 

 

本当ですよ!

 

 

うげ――――とお思いでしょうが、

赤ちゃんが好きな人も、、、いるんです。

 

 

だからね、

話して早すぎることは

1つもありません(^^)

 

 

でも、本当に大丈夫?

言いふらしたリしない?

そんな風に感じている方に

 

 

 

以前行っていた

3か月アカデミー卒業のIさん

を紹介しますね!

 

 

 

『子どもを守りたいので

私もやってみたいんですけど出来ますか?』

 

 

か細い声で質問してきてくださったIさん。

 

 

私ねこのIさん。

絶対子どもと話せるようになるって

最初から分かっていたんです。

 

きっと子どもからの

アクションはすぐに訪れるだろうな~って。

 

 

それがね、

『でも』って言葉を使わなかったから。

 

 

こっちがね、どんなにアドバイスしても

 

 

『でも』っていう人は

ほとんどやらないんですよね(;・∀・)

 

 

こればかりは私もどうしようもありません。

 

 

 

やり方が分からないなら

得意な人のやり方を真似するのが一番早いんです。

 

 

運転免許だって

車の乗り方がわからないけど、

教官に教えてもらって、

素直に従うから

運転ができるでしょ?

 

 

ここに、

自分流とかいらないじゃない(笑)?

 

 

慣れてきたら、

ブレーキのタイミング

合流のタイミング

駐車のやり方

 

 

自分流に変えて行けばいい。

 

 

 

最初はね、

まず素直に言われたことを

そのまんまやってみる事。

 

 

で、素直に実行した

Iさんと3歳の息子君は

こんな素晴らしい結果がでたんですよ(^^♪

 

===============

のじまさんこんばんは。

 

うれしいことがあったので、

報告させて下さい。

 

保育園でお風呂ごっこが始まり、

先生(女性)が入ろうとしたら、

うちの子(3才男子)が

 

 

「ダメだよ~、おしりが見えちゃうよ(^^)」

と教えてあげたそうです。

 

 

人にも教えてあげられるなんて!

 

 =============

自分の身を守る術は

3歳でもきちんと分かります。

 

 

これは必ず防犯に繋がります。

 

 

 

子ども達にお守りとしての

『知識』持たせてみませんか?

 

 

素直に行動することは

お子さんの身を守る最大の武器につながりますよ!

 

 

本日はここまで!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

----------------

毎日のように言いますが、

パンツの教室の勢いが、、、とまりません(^_^)

今日はね、

超超超超有名番組さんに取材打ち合わせだったんですが、

子育て真っ最中のデレクターさんが

のじまさんのお話を聞いたら、

性教育、絶対うちのテレビで

放送したい気持ちがつよくなりました!

と、前のめりになって

お話を聞いてくださいました。

8月には放送予定なので

詳しい詳細が解禁になったら、

またこちらで真っ先に報告しますね(^_^)

そして、さらに!

今日は皆さんに

めちゃうちゃビックな方との対談のお知らせを

ドドーーーーン!!!と発表いたします♡

7/21(火)20時ー21時、視聴無料!

子育てママさんから圧倒的な人気を誇る、

日本を代表する大ベストセラー絵本作家!

のぶみさんとの対談です!

NHK Eテレ「うちのウッチョパス」や
「みいつけた!おててえほん」
のイラストを担当、

代表作
『ママがおばけになっちゃった!』
シリーズ 発行部数が61万部を突破!
 

『このママにきーめた! 』
『うまれるまえにきーめた!』
『しんかんくん』シリーズ
『うちのウッチョパス』シリーズ
『ぼく、仮面ライダーになる!』シリーズ
などの絵本を手がけられ、

情熱大陸、世界一受けたい授業、
嵐にしやがれなどにもご出演経験のある
絵本作家 のぶみ氏!

今回のテーマは、

「生きるチカラ」
  
   

「生きるって何」
ここを二人で熱く語り合いたいと思います(^_^)

  

事前打ち合わせが盛り上がりすぎて、

大幅に延長して話し合った私たち。

家がめちゃくちゃご近所さんということでね

なんとなんと!!!!!!!!!!

アトリエにお邪魔させていただけることになったんです♡

もうね私、、、、お姉ちゃんたちの時代から

のぶみさんの絵本にはお世話になっているので

楽しみで仕方がありません♡

アトリエの様子、、、

しっかり実況いたしますね!!!

リアル対談で今回は

皆さんにお届けいたしますので

お楽しみに♪

【世界的絵本作家のぶみ氏×パンツの教室代表のじまなみ氏によるスペシャル対談】

日時:7/21(火) 20:00-21:00
受講料:無料!

特別対談の募集開始は、
7/17(金)20時こちらのメルマガから♪

まだまだ、、、

未発表のスペシャル企画も目白押しなので

皆様お楽しみに♡

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

先日、かなり面白いメールが届きました♡

 

 

 

『のじまさんのメルマガのおかげで

性のハードルが下がって

 

7歳の息子にSEXの話も出来るようになりました~!!!

で、今ではピコ太郎のマネで

 

  

「あいはぶ あ ちんちん〜 あいはぶ あ おまた〜、

  あーん、赤ちゃーん♡」』

 

 

 

って、歌えるまでになりました(^^♪』

 

 

 

って、ぶっ飛んで嬉しすぎるメッセージを頂き

コーヒーを本気で吹きだした私(笑)

 

 

 

だって、超面白いと思いません(´艸`*)?

思いつかなかった自分が悔しい!!!!!(笑)

 

 

 

私の一つのメルマガが、

こんな風に誰かのご家庭の

 

 

性教育の壁を越えていくことに

少しでも役立っているのかと思うと

 

 

 

 

泣けてきちゃいます。

 

 

 

 

もちろん、

我が家でも真似しましたよ~♡

 

 

お風呂場で7歳の娘にやったら

大爆笑!!!

よしっ!つかみはOK~!

って、ガッツポーズをしましたよね、やっぱり♬

 

 

 

残念ながら

10歳の、片足を思春期に突っ込んだ娘には

失笑を買いましたが。。。

 

 

 

彼女は照れも入る年代なので

気にせず歌っていきたいと思います!

 

 

 

で、今日はブラッシュアップのために

防犯セミナーに参加してきましたので

そちらをシェアしていきますね(^^♪

 

 

 

 

何となくだけど。。。

この手の講座って

正直、わざわざ足を運ばなくてもいいかな、、、

 

 

とか、昔の私はそう思ってたんですよね

ぶっちゃけ。

 

 

 

でも、今日は

私の講座やメルマガで何か一つでも

伝えられることがあるんじゃないかな?

 

 

 

って、学ぶ気満々で行ってきたんです。

 

 

 

で、そうするとやっぱり

どんなセミナーにも、

学ぶことが多くあって、

自分の意識しだいなんだな~と

改めて思いました(^^♪

 

 

でね、

3人の娘を持つ私。

やっぱり子供の防犯って気になるじゃないですか。

 

 

 

○○○さんも、

お子さんをお持ちの方なら

皆さんそうですよね?

 

 

 

 

よく巷で

言われてるけど

 

 

 

 

 

「悪者に声をかけられたときは

大声で逃げなさい」

 

 

 

 

これについて

○○○さんは、どう思いますか?

 

 

 

実はね、これって

やっぱり正しいことなんだけど

 

 

 

実際狙われた子は

声をかけられたとき、

肩をつかまれたとき

 

 

ビックリしすぎて

息を吸っちゃって

声が出せないんですって。

 

 

 

 

確かに驚かされたときって

『わぁっっ!!』しかいえないですよね。

 

 

その中で、

 講師の先生がおっしゃっていたこと。

 

 

 

『最近は

 狙われる子供たちの中で

 最も多いのが

 

 

 

子供を狙った『声かけ事案』

 

 

 

被害者は小中学生が8割で

性別は6割が女性

午後3時から6時台の4時間に

約6割の被害が集中している。

 

 

 

で、そのなんと8割が路上で被害にあっている』

 

 

 

とのこと。

 

 

6割が女の子なら

4割は男の子。

 

 

男の子のお母さん。

男の子だって

被害にあうんですよ!

 

 

 

 

お子さんに

 ・一人にならない

 ・知らない人にはついて行かない

 ・大きな声で叫ぶ

 

 

こんな風にきちんと話して

下さる方が増えたことで、

 

 

 

 

お子さん自身も

世の中には悪い人がいることを少しずつ

分かるようになってきたけれど、

 

 

 

その前に、

私たちが出来ることがあるんだよ。

と。

 

 

 

①我が家だけは大丈夫という気持ちを捨てること。

 

もう一つは

 

②犯罪を起こせそうだ。。。

という『機会』をなくすこと。

 

 

 

実は、この

『機会』を無くすっていうことが

一番大切。

 

 

 

病気だって予防が大切なように

性犯罪だって予防が大事。

 

 

 

 

 

私たち大人が出来ること、

狙われる子供たちを守る方法があるんです。

 

 

さっきも言った通り、

夕方の3時から6時台の路上で多い声かけ。

 

 

 

この時間って

お子さんが帰ってくる時間

帰って来てから遊びに行く時間

習い事に行く時間

ですよね?

 

 

 

 

子供を狙う犯罪者って

きちんと前もって下見に来ることが多く

 

 

 

で、その中で

犯行をあきらめた理由の第一位が

『近所の人に声をかけられたから』

 

なのだとか。

 

 

 

なので私たち大人が出来ることは

 

 

 

子供の下校時間に

水やりをしてみる

庭の掃除をする。

 

 

そして

見かけない顔がいたら

挨拶をする。

 

 

 

声をかけることが

最大の抑止力に繋がるそうです。

 

 

 

誰が犯罪者なのか

外見では分からないからこそ

 

 

 

心理的に犯罪の機会を与えないようにして

未然に防いでいきたいですよね。

 

 

 

 

別に

おカネもかかりません♪

 

 

見知らぬ人がいたら声をかける。

たったこれだけ。

 

 

 

『こんにちは~』だけでもいいんですよ!

 

 

 

あっ、でも

誰がご近所さんか、不審者か

分からない。。。では話になりません(笑)

 

 

 

普段から、挨拶できるくらいの

ご近所づきあいこそ

犯罪にあうリスクを減らす

最高の味方になってくれるはずですよ!

 

 

 

出来ることからまず

レッツトライ!してみてくださいね(^^♪

 

 

 

本日はここまで!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

○○○さん、物語は好きですか?

私は読書マニアなので、

実用書から、フィクション、ライトノベル

本屋大賞などなど

ありとあらゆるジャンルの本を読みます(^_^)

今日は、ちょと小話にお付き合いください。

 

性教育 小説・

保育士あまちゃん作

ーーーーーーーーーーー

【君の値段を教えてあげる】

いた!

 

いつもの席に座って

静かに本を読んでいる君。

 

近くに座ったら、

僕のこの心臓のドキドキが

伝わってしまいそうで、

 

2つ隣のテーブル席。

 

本棚が良い具合に

僕を隠してくれる位置から

ゆっくりと眺める。

 

 

金曜日の16時。

 

決まって同じ時間の、同じ席。

 

17時には母親らしき

大人がやって来て

一緒に帰っていくんだ。

 

ほら、僕はどうせ

いつも一人ぼっちだし

 

家にいても退屈だから

この図書館へは良く来るんだ。

 

本は僕を責めたりしないしね。

 

 

「ダラダラするな」

「この先どうするんだ」

「ゲームばっかりしてても食っていけないぞ」

 

 

家にいても毎日同じ話ばかり。

 

 

一日中部屋にこもって

パソコンに向かっている人間は

どうせろくでもないゲームをしている。

 

そんな風に映るらしい。

奴らは無能だからね。

僕のことはきっと理解できない。

 

 

これはゲームなんかじゃない。

 

 

ダイヤモンドの原石を集めて

その価値を称えあう、

神聖な儀式なんだ。

 

僕は選ばれた人間だからね。

そして君も。

 

 

いつもあのガミガミうるさい母親の話を

静かに、素直に聞いて

頷いているのを知っているよ。

 

塾へ行くまでの1時間をここで過ごし

2駅離れた進学塾へ

21時頃まで通っているんだね。

 

 

時々、友達に会うと、

母親には見せない

いたずらな顔で笑い

 

先生の話、友達の話、

受けたくも無い受験の話

 

楽しそうに話しているね。

 

 

分かるよ。

 

親なんて、子どもを

自分の持ち物としか思っていないからね。

 

ムカつくよね。

 

 

分かるよ。

 

 

透き通った白い肌。

 

まだまだ未発達な身体と

少し背伸びしたい不安定な心。

 

子どもの世界の住人たちは

大人の世界に興味津々なんだ。

 

でも、きっと

本当のことは何も知らないんだろうな。

 

 

僕が大人の世界の楽しいことを

たくさん教えてあげなくちゃ。

 

 

今日は月に1回だけ

1人で駅まで歩いていく日だね。

 

会議で遅くなる母親と

駅の改札口で待ち合わせる。

 

 

16時30分、

君が立ち上がった。

 

少し間を置いて

反対側の出口から

追いかけるから待ってて。

 

 

11歳の未完成な子どもは

この世に存在するものの中で

一番美しいんだ。

 

 

「たかし君…」

 

 

いくらの値が付くのか

楽しみでゾクゾクするよ。

 

 

僕のコレクションに

今日、君を加えてあげるからね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「知らないから、存在していない。」

 

そんな風に都合よく

人間の脳は情報を処理をしようとします。

 

 

でも、

私たちが知らない世界は

確かに存在します。

 

 

「凡人の知らない大富豪たちの日常」

 

「閉ざされたコミュニティで

一人の神をあがめる未知の空間」

 

「地球の反対側で今、この瞬間にも紛争が続く国」

 

 

そして。

 

 

「小児性愛者が歪んだ心で

子どもを求める世界」

 

 

全て同じ

時空間に存在していることを

認識して下さい。

 

子どもはいつでも、

被害者になることが出来るんです。

ーーーーーーーーーーーー

読後感はんばではないでしょ(笑)?

 

パンツの教室インストラクターの

あまちゃんが書いたこちらの性教育小説。

 

もうね、

結構頻繁にFacebookに挙げてくれるんですが、私、

 

天才!!!!

 

と、叫びながら毎回熟読しています(笑)

 

物語にすると

ナントわかりやすい事かしら。

 

性教育の仕事をしていますので

私のところには

本当にたくさんの相談が来ます。

 

そして、

自粛後はその頻度が明らかに増えました。

 

どれも本当に身近に起こることばかり。

 

隣のお宅の子供さんに起こるわけではなくて、

我が子にも起こることだと、

そのメールがいつも教えてくれるんです。

甘ちゃんはね、

こちらでもわかりやすく例えてくれていました。

ーーーーーー

突然ですが、

あなたの性教育力を

診断させて下さい。

 

えぇ、えぇ、大丈夫です。

お時間は取りません。

2秒で分かりますよ!

 

ハイ、質問です。

 

「あなたは、とにかく明るい性教育

パンツの教室講座を受けたことがありますか?」

 

 

以下が結果です。

 

体験会へ参加したことがある→卓上クリーナー

 

初級講座を受講したことがある→一般の掃除機

 

中級講座を受講したことがある→Dソン並みの吸引力!最新型掃除機

 

 

なお以下に当てはまる方、

 

性教育関連の本を読んだことがあり、

何となく大切だと思いながら何もしていない。

 

聞かれたら本を見てその通りに答えて終わり。

 

防犯の本を一緒に呼んで

「怖いね~。気を付けようね~。」で終わり。

 

性犯罪のニュースを見て

「怖いね~。気を付けようね~。」で終わり。

 

隣町で起こった犯罪のお知らせメールに

「怖いね~。気を付けようね~。」で終わり。

 

ハイ。

 

あなたの性教育力は間違いなく

「ほうき」レベルです。

 

現代に掃除道具としてスタメン張れますか?

 

 

ちなみにウィキペディア先生によりますと、

ほうきは古くは平安時代に、

掃き掃除の道具として使用されたことが記録に残っており

 

室町時代には掃除用具としての需要が高まり

箒売りという職業が登場した、とあります。

 

 

あまちゃん何が言いたいの?

 

いやいや、ほうきをディスりたい訳でも、

 

昨日トイレ修理にかかった10万円の

腹いせをしてる訳でもないんです!

(@_@)あ…また思い出しちゃった…

 

 

掃除道具が古くから

時代に合わせて進化してきたように、

 

「性教育の知識」も進化させないと

時代はとっくに「令和」ですよ!と言う話!

 

 

親の時代に流行ったほうきですが、

子どもが生きている

現状には合っていないですよね

 

メインの掃除道具としては。

 

 

今、子ども部屋の掃除を

「ほうきでしてね」って言いますか?

 

 

(10万円分)言わせて下さい!

 

 

今、私たち大人が持っている

「性教育」の知識やイメージ

 

現代の子どもには

1ミリも役に立ちませんから!

(‘Д’)苦情は受け付けておりません!言いっぱなし!

 

 

「自分はエロ本や

先輩の武勇伝から

 

何となく知識を得たから、

うちの子どもも大丈夫!多分(笑)」

 

 

「かっこ笑い」ちゃうわーーーーーーーーーーーーー!

と、声を大にして言いたいんです!

 

 

本当に必要な教育を忘れていないでしょうか?

 

早期教育で天才と呼ばれる子どもは

もしかしたら育つかもしれません。

 

でも、生きる土台となる

「愛のコミュニケーション」を知らない子は

どこかでつまづいた時に

立ち直ることがとても大変なんです。

 

 

「え?愛情表現なら

子どもにはいつもぎゅーして

大好き!って伝えて

何ならチューもしてますけど。」

 

ほほーう。

 

それは素晴らしい!

それはご家庭でぜひ続けて下さい!

 

 

でもね。

 

 

何歳までその方法が通用しますか?

15歳の男子にそれ、やる?

 

その一方通行の愛情表現、

受け取り拒否でめっちゃ返ってきますけど!

 

「生き方」「人間関係」「命を守る防犯」

全てに繋がるのが「性教育」なんです。

 

 

パンツの教室では

子どもの年齢に合わせて

 

「愛」を受け取ってもらえる方法を

お伝えしています。

 

 

どうか子どもたちに

「生き方」「人間関係」「命を守る防犯」

の知識を、

親の責任として持たせてあげて下さい

 

ーーーーーーーーーーーー

私これ読んで、、、、

大爆笑!!!

 

ダイソンって、、、、

卓上クリーナーって( ̄▽ ̄)

 

もう、何度も言います。

 

天才!!!!!!

 

でも、

言わんとすることはまさしくそう。

 

最初の投稿のように。

子ども達を狙う性犯罪は後を絶ちません。

 

そして、

小学生どうして性器を触りあう。

 

こんなことも

日常茶飯事です。

 

起こってから後悔して

私たちが教えてなかったから、、、、

ごめんなさいって謝る?

 

そんな後悔

したくないじゃないですか!

やってるつもりになっていませんか?

早くダイソン村にきてくださいね。

 

3歳でも被害にあう子はいますから!

 

で、でも、、、、

という方のために!

のじまね、背中を押すためにはどうすればいいか

考えました。

 

実際、始めたいのに

ネックになってるのは何なのか!!!!

もうね、やっぱり一番相談の多い

ここだなと。

 

そう、、、旦那様!

苦手だけど、

一生懸命やってみようと

一世一代の勇気を振り絞ってるのに、

 

・そんなんしたらエロエロ大魔神になるよ!

・ほっとけ!寝た子を起こすな!

 

そんな風に言う方も

沢山いるんです。

 

まだまだこれが日本の現状。

ならば、

パパの価値観をかえるのは

私がやればいいじゃないか!!!!

 

ということで、

7月中にパンツの教室の

初級、中級、どちらかにお申し込み頂いた方は

旦那様を

パパパパンツの教室に

無料でご招待いたます!

 

最高の講座にしますので、

お楽しみに♡

 

詳細は申し込んだインストラクターさんに

確認してください!

パンツの教室のお申し込みはこちらから▼

https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar/

パンツの教室きっての

天才ライターあまちゃんのブログはこちらから。

(性教育小説がほかにもたくさん載っています!)

https://ameblo.jp/amachan-challenge/entrylist.html

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

○○○さん こんばんは

 

 

『性教育ってこんなに楽しいんですね!

 かえってすぐ子供と主人に話しました♪』

 

 

『まさか子供の

 おちんちんを

 褒める日が来るなんて(笑)

 明るく性の話をしていきます』

 

 

『自分自身、全く性教育を受けておらず、

 初潮を母に伝えられなかったので、

 娘には何でも話してほしい!

 そんな思いでこのセミナーをうけました。

 性の話を秘め事にするのは間違い!

 今日からは楽しく話していきます!』

 

 

 

こんな嬉しい感想を

沢山頂い

こころに元気をもらっています(^^♪

 

 

 

 

性教育って

知識がない方だと特に

順番とやり方を知らないと

本当に お子さんに話せないんですよね!

 

 

 

タイムリミットは10歳まで。

我が家が肌で感じます。

 

 

10歳は生意気盛り、口答えばかり

そして、ものすごく1人になりたがるし

恋に恋して なんだかもうSEXの事なんとなく分かってるし

 

 

 

そんな子に1から話すのは

お母さん、

 

 

 

あなたが恥ずかしいんです(笑)

 

 

 

クレヨンしんちゃんみたいに

ちんちん~

うんち~

って話してる間が

一番話しやすい。

 

 

 

 

これは、セミナーにこられた

10歳以上のお母さん全員が

『もっと早くに知りたかったこのセミナー・・・』

 

 

 

とおしゃっていることからも

わかります(笑)

 

 

 

まだまだ早いんじゃないかしらうちの子には。。

そんな風に思っているお母さん。

 

 

これって、多分

お母さたちが

いままで持っていた

 

 

あるいは

○○○さんたちが

ご両親から受けてきた

性教育への概念を

がらりと変えちゃうからなんですよね!

 

 

楽しんでいいんです。

笑っていいんです。

悩んでいいんです。

 

 

何よりも

伝えていくことで

 

 

お子さんが自分を好きになれたら

お子さんが自分の将来を自分で

切り開いていけたら

 

 

こんなに嬉しいことはないですよね!

子育てのゴールって

性教育の視点から一緒に考えてみましょうね

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*