HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

 

 

講演会に登壇しお話せさせてもらった日のこと

お話を聞きにきてくださった方から

『のじまさんは会うたびにいつも

1歩も2歩も先を走っていますね。

子ども3人いて、

どうしてそんなに走れるんですか?』

 

 

と嬉しい感想をいただきました。

 

うーん、、、走ってる感じはないんだけど(笑)

 

 

でもね、

唯一、人生において

大切にしていることがあって。

 

 

 

それがね

 

 

『すぐ行動すること』

 

 

これに尽きるな~と思ってます。

 

 

 

 

 

昔から、

そんな節がありまして(笑)

 

  

先日姉と話していて

笑い話になったんですが、

 

 

 

私、意味もなく中学校の生徒会長に

立候補してたんですって!!

 

 

 

なんで他人事かっていうと、

 

 

立候補した事実さえ忘れていたから

(^▽^;)

 

 

 

特に成績が良かったわけでも、

スポーツができたわけでもなく

全てが中の中だった私が何で?

 

はい。

私自身ハテナ?だらけ(笑)

 

 

多分、、、、、忘れかけた記憶のなかを

探っていくと

 

 

 

ただただ、

生徒会ってものに

憧れが強かっただけなんですよね。

 

 

 

○○○さんは

小さいころ何に憧れていましたか(^^)?

 

 

その夢、追いかけたことはありますか?

 

 

 

結果ね、憧れた生徒会長は

落選はしましたが、

姉曰く、副会長をしていたのだとか。

あれ?書記? 会計?それも覚えていません。

 

 

 

だた、その時、姉に言われた言葉が

グサッと胸に刺さりました。

 

 

 

『あなたは、いつも

私たちの常識ではないことを

やるんだよね 』

 

 

 

そうだ!

私って、興味があることには

何も考えずに行動していくタイプの

人間でした。

 

 

 

 

だけど、そんな私も

大人になってからは

何だかとっても慎重になって

 

 

やりたい事よりも

やらなきゃいけないことを優先していた毎日。

 

 

子供を産んで

看護師として働いていた間は

ずっと行動できずにいました。

 

妻だし。。。

母だし。。

看護師だし。。。

 

この3つのワードが

ズシっと肩にのしかかって

身動きが取れなくて

一歩踏みだすやりかたを

忘れていたんですよね。

 

 

周りの同僚に

『看護師辞めたらなにする?』

が口癖のつまらない女でした。

 

 

看護師っていう

安定職を捨てる勇気がなくて

 

 

 

妄想で『スタバの店員したいな。。。』

って、夢見ていたんです。

 

 

笑っちゃいますよね(笑)?

 

 

 

そんな私がありがたいことに、

今では協会の代表理事を務めるまでになりました

 

 

それを変えてくれたのは

今は亡き大好きな父。

 

 

 

去年、末期の父を看取るため

家家に連れ帰って過ごした1か月。

 

 

 

死期を悟った父は私に

こう語りかけてくれました。

 

 

『お父さんはね、もっと長生きしたかった。

もっとお母さんと一緒にいたかった。

孫たちに成人式の着物を買ってあげたかった。

 

後悔しない生き方をしなさい。

お父さんはやりたかった事が沢山あるよ

やってみなきゃ分からないから

何でもやりなさい 』

 

 

父のその言葉が

ずっと胸にあり、

 

やりたいと思ったことは

1つずつ行動に移し、

人生初めて

お金を出してセミナーに参加しました。

 

 

 

そこにはね、

私が見たこともない世界が

沢山広がっていて。

 

 

看護師って枠の中にいた私には

もう衝撃でしかありませんでした。

 

そして、学ぶ楽しさを知り

講座に通うため

初めて主人に3人の子どもを預け

少しづつ輪を、仲間を広げていきました。

 

 

そんな風に

ひとつずつ踏み出して

今があります(^^♪

 

 

 

 

まだまだね、

やりたいことも沢山♡

 

  

 

子供がいるから

仕事があるから

お金がないから

夫から反対されるから

 

 

 

これ、数か月前に私が言っていたこと。

 

 

できない理由ってね

考え出すと沢山あげれちゃうんですよね。

 

 

できる理由を考えることの方が難しかったりします。

 

 だからこそ、

今やれることに目を向ける。

そして、

 

 

一つでもいいから

進んでみる。

 

 

昨日の自分より

今日の自分の方が

1歩進んでる。

 

 

それがね、自信となって

人生がグングンいい方に

加速していくんです。

 

 

私を信じてついてきてくださるみなさんに♡

信じて見守ってくれている主人に♡

 

 

そして、

誰より子供たちに

 

父が私に教えてくれたように

 

 

 

未来って自分で切り開くんだよって事を

伝えて行きたいんです。

 

 

 

一歩行動すれば

人生はもっともっと

おもしろくなる♡

 

 

私ね、今幸せです(^^♪

 

 

 

 

○○○さんは、さて、

何をはじめますか?

 

ゆっくり考えてみてくださいね♡

 

本日はここまで♪

今日もお読みくださりありがとうございました!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

先日、子どもに

携帯を触せていたとき

Hな画像が流れたり

 

 

 

お子さんと散歩中街中で

Hな画像を見かけたら

○○○さんならどうします?

 

 

というお話をメルマガ配信したところ、

見事、意見が分かれました(笑)

 

 

 

あっ、ご安心を。

多分、○○○さんと同じ意見が

大多数です(笑)

 

 

 

それがね、

 

 

 

もう、微妙な空気に耐えられないっっっ!!!

 

 

即効で画像を消します!

もしくは立ち去ります!!!!  派の方

 

 

もしくは

 

 

何事もなかった風を装って

無表情でやり過ごす。。。派の方。

 

 

こんな風に

困ってしまう派の方が8割。

 

 

 

 

残り

2割の方が

一緒にワイワイ話します派。

 

 

 

じゃあ、のじまさんはどっち派なの?

と問われたら

 

 

 

はい、もちろん!

ワイワイ話す派です(^^♪

 

 

だって、これは

性の話がきちんとできるチャンスですもの。

 

 

講座を受けて下さた方も、

 

 

もうね・・・・

 

 

『きたーーーーーっっっ!!!』

 

 

 

って、

織田裕二バリに心の中で

がっずポーズをすると笑ってらっしゃいました(笑)

 

 

性の話ってね

本来、楽しいものです(^^♪

 

 

言いづらい人が多いのに

さらに、真面目に話すなんて、

余計に難しいでしょ?

 

 

私は、性の話を

 

「わからない」

「できない」

 

っていう、お母さん方を

1人でも減らしたいって思っています。

 

 

 

そのために

まじめな顔も、小難しい話もいらないんです。

 

 

そこにあるのは

たった2つのルールだけ(^^♪

 

 

○○○さん

そのルール

知りたいですか?

 

 

 

それはね、

 

 

1つ目が

明るさ

 

 

そして

 

 

2つ目が

簡単さ。

 

 

 

 

な~んだ、そんなこと?

 

 

のじまさん、もっとしっかりした事教えてよ!

って思いました?

 

 

 

でも、最初に話した、

Hな画像をお子さんと見て、

困ってしまう派の、真面目なお母さんこそ

そのことを忘れちゃう(>_<)

 

 

子どもは、まじめな話は苦手です。

難しい話も苦手です。

 

 

だからこそ

楽しく伝えてもらった話は

肯定的に受け入れてくれますよ♪

 

 

 

そこは覚えておいてくださいね(^^♪

 

 

では

お子さんと団らん中

ベットシーンが流れたとします。

 

 

○○○さんなら

この2つ言葉、

どちらがお子さんが

受け入れやすいと思いますか?

 

 

1、ああいう事はね

 好きな人同士がするものよ

 

2、キャー♡ドキドキするね♡

  SEXってね、好きな人とするとものすごく

  ドキドキして、幸せな気持ちになるのよ!

 

 

どうですか?

 

 

2番の方が

「ワクワク」して肯定的に受け入れられますよね。

 

 

SEXは決して卑猥なものでも

汚らしいものでも

恥ずべきものでもないのです。

 

 

 

こんなことを言ったからといって

お子さんは決して

SEXに異常に興味を示したリなんてしません。

 

 

 

興味が強くなったように見えるなら

もともと興味があったのを

○○○さんにきちんと

表現できるようになっただけ。

 

 

お母さんに打ち明けてもいいんだ!って

絆が深まっただけですよ♡

 

 

 

そこにどう答えていくかは、

○○○さん次第。

 

 

○○○さんが

お子さんに性、愛、命すべての事を

どうとらえて欲しいか。

どう生きて欲しいか。

 

 

自分の言葉、思いを伝えていける

チャンスです(^^♪

 

 

 

では、のじま家では

Hなシーンが流れたら

どうしているかと申しますと。。。

 

 

 

まず

①明るく 

・素敵なベットシーンなら

 キャー♡いいね~!!

 

・暴力的な、犯罪的なシーンなら

 うわっ!これママ嫌だーーー!

 

②簡単に

・素敵なベッドシーンなら

 こんな風にされたら幸せだろうな♡なんてつぶやく

 

 

・暴力的な、犯罪的なシーンなら

 こんな風にならないためには、どうすればいい?

 なんて質問してみる

 

 

こんな風に、どんなシーンも

娘に話しています。

 

 

 

○○○さんのお子さんなら

どんな話が出来るでしょうか?

 

 

 

我が家の長女は、逆に喜ぶ母を見て

冷めた目で見ることもあれば(笑)、

「どうして男性は胸の大きな女性が好きなのか?」

 

 

なんて素朴な疑問を投げかけてくれたりもします(^^)

 

 

反抗期に片足突っ込んだ彼女が

こんなことを聞いてきてくれるのも

これも、日々声をかけているからこそ。

 

 

とにもかくにも

○○○さんの声かけ次第で

お子さんの反応は、がらりと変わります。

 

 

声かけって本当におもしろい!

 

 

お子さんが求めているのは

ポジティブな意見です。

例え、性犯罪なんかの話でも

 

 

 

それはいけないこと!恐ろしいこと!

とネガティブイメージで終わらせるのではなく

 

 

どうしてダメなのか考えてみよ♬

と、ポジティブな方向へ

伝えて行きましょうね(^^♪

 

 

○○○さんなら

出来ますよ!

 

 

だって、このメルマガを読んでくださっている時点で

性について、前向きに伝えていきたいと

想っている証だから(^^)

 

 

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

昨日は、今度出演依頼が来ている

メディアの取材でした(^_^)

 

男性のプロデューサーさん4人と

性教育カードで大盛り上がりの図↑。

『これ、、、、子どもすきそうですね!!

 親子命をする話に慣れるってことが

 大事なんですね!』

と、前のめりで

カードを楽しんでくださいました(笑)

親子でまず性を語り合う、命を語り合うには、

環境を整えるることから入るのが

オススメですよー!

今から、カタツムリやカブトムシ、

セミなんかが命をはぐくむ時期なので

性教育のきっかけにぴったりです!

性教育カードよかったらご覧ください▼

http://hahaben-shop.com/?pid=130236010

ーーーーーーーーーーーーー

今日は、

大好きな方のお母さんが

天にめされました。

生まれたときから

お母様と二人で生活をしてきて、

一生懸命働くお母さんに

お父さんのことを聞いたり

甘えたりすることがなかなかできなかった彼女。

ある日、

彼女はいいました。

パンツの教室に出会い、

親子って価値観が

がらりと変わったと。

しっかり者の彼女は

お母さんの前で

甘えることをおぼえたと

教えてくれました。

どんなに忙しく働いていても

お母さんは

自分を大事に大事に育ててくれたことを

初めて知ったと教えてくれました。

ご病気で

天に召されるその日を

娘として、穏やかな気持ちで

迎えることができたと

おしえてくれました。

パンツの教室に出会ったからと

メールをくれた彼女。

家族には色んな形があります。

時には

『お姉ちゃんだからってなんで私だけ』

『弟の方が好きなんでしょ』

『どうせ私なんて』

親の愛が

見えない時が続くことも

あるかもしれない。

簡単に

分かり合えないことも

あると思おう。

だけど、もし

ご両親がまだご健在なら、

たまにでいい。

感謝を伝えてみてほしい。

私たちも、子供から

『大好き。毎日ありがとう』

って言われると嬉しいですよね?

同じように、いくつになっても

あなたのお父さん、お母さんも

あなたに感謝されると嬉しいもの(^_^)

親孝行、したい時に親はなし。

私の父も

親孝行する前に天にめされてしまいました。

今、どんなに話したいと思っても

私は、父と会話をすることができません。

あなたは

お父さん、お母さんの

好きなものを知っていますか?

一生、手の届かないところに行ってから

後悔するのではなく、

思い出した時に電話をして、

好きなもの

美味しもの。

なんでもいいので送ってみて、

産んでくれた恩返しをしてみてください。

きっと、

あなたの心に。

優しい気持ちと、

無限の幸せが舞い込んでくるはずですよ(^_^)

この年齢になると、

子どもの笑顔も愛しいですが、

親の笑顔も、おなじくらい嬉しいものです♡

私の友人を生んでくれた

お母さん。

彼女と出会わせてくれてありがとうございます。

心よりご冥福をお祈りいたします。

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

天国に旅立った子へ

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

先日まで行ていた

令和の新常識!

男の子と女の子のほめ方、叱り方!

なんと、2500ダウンロード達成!

沢山の方に手に取っていただけて

幸せです♡

ーーーーーーーーーー

昨日は

パンツの教室中級講座の最終日でした。

自分で言うのもなんですが、

何ていい講座を作ったんだろう。

毎回ね、本気っでそう思うんです。

なぜなら、

この中級講座2日目は

パンツの教室のキモ!とも言っていいくらい

感動と興奮に包まれる会だから。

 

 

この日だけは

みなさんタオル必死なぐらいに

溢れる涙を堪えることができない回。

私も話をしながら、

聞きながら、

同じく大きな感情の起伏を

何度も何度も味わっています。

 

子供達の防犯の話から

命の誕生まで。

 

 

 

親が知りたい、伝えたいけれど

伝えられない、

命と防犯の話を

 

 

 

 

わかりやすく紐解いて

パンツの教室流にお伝えしているんですが、

この回は、

性教育の総まとめなので

この回をうけると、

みなさん同じ言葉を必ず本気で

合言葉のようにくださるんです

 

 

 

 

母になれてよかった

こんなに幸せな気持ちになれたこと

初めてです!!!

 

 

 

 

親としての自信を

再び感じることができるのも

パンツの教室のよさ。

 

昨日はね、

はじめて私の兄妹の話もしました。

 

 

 

実はわたし、

姉と私の間に一度

母は流産を経験しています。

 

母はたんたんと話してくれましたが、

きっとお空に旅立つ子供を見送った時は

胸を痛めていたはずなんです。

私ね、会えなかった兄妹の分も

『自分は生かされている』って

本当に思っていて。

 

なので、人生を精一杯生きると決めています。

お母さんの中には、

私の母と同じように

空に子供たちを見送った方もいらっしゃいますよね。

 

そして、それを子供たちに伝えるかどうか

悩んでいる方も多くいらっしゃるかと思います。

 

私はね、子の立場なので。

同じ経験をされたお母さんたちに

知っておいてほしい事があって。

 

私は、

伝えてくれた母に感謝をしています。

 

子どもはね、

皆さんが思っているより

強いです。

 

もちろん、講座の中で

こんな風に伝えると

子ども達に受け止めてもらえますよ。

そんなアドバイスも

させていただきました(^_^)

 

するとね、

このアドバイスが

受講していいる皆さんの心に響いたのか、

参加された多くの方が

同じようにあふれる涙を

とめることができない回となりました。

 

でね、あるお母さんが

最後の感想で

こんな言葉をくださったんです。

『今まで、 子育ても、母としても

 一つも自信がありませんでしたが、

 パンツの教室をうけて、私には命の話もできるし、

 なにより 子供に愛情を伝えられる。

 母として、初めて《 自信 》がつきました!!』

 

途中、涙ぐみながら

感想を下さるお母さんに

他の受講生さんたちもね

自分のことのようにうなずき、大きな拍手で

そのお母さんを讃えてくれて。

 

めちゃくちゃ感動的な瞬間に

立ち会うことができたんです(^_^)

 

今の世の中、

子どものことを思うからこそ、

自分の子育てに

不安を抱えてしまうことも

沢山あると思うけれど、

将来子供たちが覚えてるのは

物を買ってもらった事よりも

いくつ習い事をさせてくれたかよりも

どれだけ愛してくれたか

それだけなんですよね。

 

この回をうけると、

みなさん必ずくださるこの感想。

 

 

 

 

母になれてよかった

こんなに幸せな気持ちになれたこと

初めてです。

 

 

 

例え

不妊の経験があっても、

帝王切開であっても

ミルクの育児であっても

 

そんなのね、

子ども達には本当にどうでもいいことで、

1ミリも気にならない事!

 

だからね、お母さん。

子ども達の前で

もっとたくさん笑っててね。

この記事を読んでくださる

お母さんは

もっと自分を誇っていい。

 

私ってすごい!

ガッツポーズをしてもいい。

 

子どものことを考えて

パンツの教室にたどり着いたあなたは

それだけで100点満点だと

自分をもっと認めてあげていい。

 

子どもを思い、子供を愛している人じゃないと

パンツの教室には

絶対たどり着きませんから(^_^)

 

究極ね

子どもと、

あなたが一緒に生きていれば

それだけでいいんですよ(^_^)

本日はここまで!

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

命をみつめて

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

今日は

素直に感じたままを書きますね。

 

 

 

それは、次女が8歳の時。

同級生のお母さんが亡くなりました。

 

 

年齢は40歳位。

 

 

病気でした。

 

 

ご主人と、4年生の娘さん、

2年生の息子君を残し、

天に召されたお母さん。

 

 

 

本当はね、

この事を書こうかどうか

もの凄く悩んだんです。

 

 

だけど、、、

命を伝えるのが私の役目だから。

思い切って

感じたままを書かせていただきます。

 

 

 

お通夜に参列すると

本当に沢山の方がいらしてました。

 

 

生前の優しい人柄を忍んで

多くの方が涙されていて。

 

 

もっともっと、

子育てをしたかった事でしょう。

 

 

家族に

手料理をふるまいたかった事でしょう。

 

子ども達の成長を

ていたかったでしょう。

 

 

卒業式まで、、、

 

成人式まで、、、

 

結婚式まで、、、

 

子どもが生まれるまで、、、

 

 

どれだけのことを思って

天に召されたか。

 

 

想像するだけで、

胸が締め付けられ、

涙を止めることができませんでした。

 

 

健康な私たちにはとって

 

 

『当たり前』の日常。

『生きている』って事。

 

 

それはもう、

それだけで価値がある事なんだって。

 

 

当たり前のことに

それがどれだけ幸せなことかという事に

気付かせてもらいました。

 

 

すぐにね、

多くを子どもたちに

求めてしまうけど

 

 

私は、まだ、

子どもたちに何も残せていません。

 

 

いつか、

一人で生きて行く子どもたちが

 

 

私の娘でよかったと

そんな風に思ってもらえるよう、

 

 

産まれたことを

幸せと思えるよう、

 

 

そして、何かあったとき、

1人でも、強く生きて行けるよう、

 

 

子ども達を見守り、

導いていくことが

私の母としての仕事なんですよね。

 

 

帰り道、8歳の娘と

 

 

『死んだら人はどうなるか』

『先に天に召されるのは親であってほしいこと』

『生きるってどんなこと?』

 

 

そんなことを

手をつないで、

話し合いながら帰りました。

 

 

つないだ手が温かくて、、、

娘が心配する位、泣いた帰り道。

 

 

娘に知ってほしい。

 

娘が生きていてくれることが

母の幸せだと。

 

生きていることは

幸せなんだよってこと。

 

 

そして、私自身にも、

子どもと入れる『今』のありがたさを

忘れてはいけないと、

あらためて心に刻みました。

 

 

○○○さん、

そっとお子さんのそばで眠る

お子さんの手を握ってみて。

 

 

きっと、ものすごく小さくて

そして、、、、あったかいはずですよ。

 

 

今日だけは、多くを求めず

そっとその温かさだけ感じてみませんか?

 

 

生きている。

それだけで奇跡です。

 

 

 

 本日はここまで。

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*