HOME   >  協会からのお知らせ 一覧

協会からのお知らせ一覧

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

前回の記事、

天に召されたあなたへ。

反響がものすごく、

感想メールが後を絶ちません。

⇓  ⇓  ⇓

天国にめされたあなたへ

https://ameblo.jp/naminon81/entry-12601595172.html

お母様をなくされた

私の友人が話してましたが、

自分の子供を守るために始めた

性教育。

だけど、その前に

性教育って自分の親との関係を

深く直視しないといけないものでは?

と、気づかされたと。

少し掛け違えた親子の糸を

キレイに整えるのは

少し勇気と時間が必要で。

だけどね、

いつからだって間に合うんです。

遅すぎることってありません。

我が子とも、

自分の両親とも

分かり合えるに越したことはないですもの。

先日届いた1通の投稿にも

同じように

母娘って

同じように思いあってても

時に、行違うこともあるのかも、、、、

そう、

気付かされたことがありました。

ーーーーーーーーーーー

【娘からの手紙】

 

お風呂上がりのドライヤーをしながら 

 

 

 

お母さんに手紙書いたからね 

と娘

 

「ありがとう」と受け取ると、

 

そこには 

 

 

“おかあさんはわたしのことがすきなの?“

 

の文字。

 

 

 

あぁ

なぜ私は、

この子にこんな想いをさせてしまったのだろうか 

 

 

 

膝に乗ってる娘に 

「娘ちゃんのこと大好きだよ」

「お母さんが好きか心配になっちゃったの?」

 

しづかに尋ねると

静かにうなずく娘 

 

ごめんね

「大好きだし愛してるし

生まれてきてくれてありがとうって思ってるよ」

 

 

 

そう

生まれてきてくれてありがとう 

 

 

 

本当に心から”強く“”強く“そう思った 

 

 

 

 

それを言葉できちんと伝えないと 

 

 

ごめんね 

最近怒ってばっかりだったよね 

 

 

 

お母さんも

どうしていいかわからないの 

 

 

 

 

ごめんね 

 

 

 

 

大好きは本当だよ 

 

 

 

 

その想いを込めて 

 

 

 

 

「生まれてきてくれてありがとう」 

 

 

 

 

もう1度言った 

 

 

 

 

少し安心する娘の顔を 

ぎゅっとぎゅっーーっと抱きしめて 

 

 

 

 

この子の笑顔を

私が守らないでどうするんだと 

 

 

そう誓った 

 

 

 

 

子どもが寂しさを感じることも 

愛を求めることも  

まだまだある  

 

 

 

そんな時 

 

 

「生まれてきてくれてありがとう」 

 

 

 

 

の気持ちを

真っ直ぐにすぐ伝えることができるか   

 

 

 

私が心から

自然と言えたのには秘密がある 

 

 

 

 

答えは「パンツの教室」 

 

そう、性教育のおかげ

 

 

性教育は愛の教育

性教育は命の教育

 

 

 

私が学んだ

親子で語るとにかく明るい性教育

【パンツの教室】

のじま なみ先生をしってほしい。

ーーーーーーーーーーーー

私は、

娘ちゃんに寂しい思いをさせたかもしれないと

後悔と、罪悪感と、切なさを抱く

Hさんにこう言いました。

その言葉を言わせたのではなく、

その言葉を言える関係を築けてるってことが

実はとってもすごい事。

誰しもが一度や二度、

お母さん私のこと好きかな?と思うもの。

それを表現できなくて

大人になっても苦しんでる方がたくさんいます。

Hさんの子育ては間違っていません。

むしろ、、、、、、10000点ですよ

って(^_^)

Hさん。

そんな視点があるなんて、、、!!!

と驚かれておりましたが、

この仕事をして、

年間1万人のかたをサポ―トして

思うこと。

それは、

いつの世も、

お母さんはナンバー1ってこと。

子ども達は

お母さんを通して

世の中の大事な事、

人間関係、

コミュニケーションを学びます。

だから、もし、

抱っこして上げれる時期に

色んな感情を子どもがぶつけてきたら、

どーんとした気持ちで

受け止めてあげてください。

時に生意気なことを言うかもしれないけれど。

抱っこしてあげられる時期は

そんなに長くはないですから。

後で後悔しないように(^_^)

今できること

今伝えられることは

我が子にも、親にも、

言葉で届けていきましょうね♡

抱っこして上げれる時期に

沢山抱っこして、

愛情貯金を満タンにしてあげといてください。

お母さんは

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

女の子は

おしゃれが大好きですよね。

 

 

洋服だって

スカートにズボンに

短パンにワンピースに

 

 

ネックレスにイヤリング

カチューシャ、ヘアゴム

 

あらまぁ。。。。

なんと男の子とは

比べ物にならないくらい

アイテムの多いこと!!!

 

 

自分を素敵に見せたい♡

 

 

そんな心は,

それこそ2歳くらい頃からすでにあって

鏡をみては、笑顔の練習をしたり、

ピンの位置を気にしたりしますよね(^^♪

 

 

もう、これって

DNAに刻み込まれた本能なんです。

 

 

何千年も前から

 

 

女性は

より素晴らしい子孫を残すため、

 

 

 

屈強でたくましい

ちょっとやそっとじゃへこたれない

精子を求めてきました。

 

 

そうでなければ、家も洋服もない

原始時代では

赤ちゃんは生きていけないですからね。

 

 

寒さにも、飢えにも負けない、

生き抜くための

力強い精子を得るために、

 

 

より着飾り、より美しくみせ、

えりすぐりの男性に自分を選んでもらえるよう

女性は美を追求してきたんです。

 

 

で、この

自分を可愛く、美しく見せたい♡

 

 

 

この気持ちは、

女性4人の我が家では大問題!!!

 

 

朝の洗面台は鏡を見たい
娘たちで取り合いになり、

私は化粧どころではなくて(涙)。

 

 

多分、

我が家も同じ!!!!

って、ご家庭も多いのではないでしょうか(笑)?

 

 

靴下のワンポイントの刺繍の位置まで
こだわり抜いて

 

 

 

髪型への、執念は半端でない。

我が家の姫たち。。。。

 

 

母は思う。

 

 

こんなにこだわって、

 

結局1日おきに同じコーディネートなら、

 

 

悩む必要はないのでは(笑)?

 

 

 

中学生・小学生の娘達歳の娘でこんなにこだわるのなら。。。

 

 

 

まだ幼児の三姫まで加わるであろう
数年後の朝のこの修羅場。。。

 

 

正直、ゾッとします( ̄▽ ̄)

 

 

 

ということで、ここからが本題。

あら?前置きが長すぎましたね(笑)

 

 

自分を可愛く、美しく見せたい♡

 

 

女の子ってね、

いつの世も見た目が命。

 

 

これって、

要は他人からの評価

とっても気になるって事。

 

 

なので、

 

 

≪女の子へ叱る時のポイント!!!≫

 

 

人のいない部屋にうつし、

声を荒げずに静かに問いただす事!!

 

 

これが大切なんです。

 

 

なぜかって?

 

 

だって、

男の子よりも仲間意識が高い女の子。

 

 

人前で怒られると自分は浮いた存在であると思い込んで

叱られてる内容なんて

聞かなくなってしまいますから。

 

 

 

あぁ。。。

誰誰ちゃんがそばで見てる

恥ずかしい。。。

 

 

 

あぁぁ。。。

弟が見てる前で

かっこ悪い。。。

 

 

私たちだって、

上司に叱られてるところを同僚に見られたら

 

 

 

ああ。。。

同僚や先輩たち、なんて思うかな私の事(汗)

 

 

どうしよう。。どうしよう。。どうしよう。。

ぐるぐる考えて頭真っ白。

 

 

ね、

こんなんじゃ

まったく上司の話聞けませんよね。

 

 

よしっ!

この仕事で挽回して評価を上げよう!!!

そう思うのは男の子だけ。

 

 

 

 

ここで大切なのが

【女の子は他人の評価が優先】ってこと。

 

 

 

なので伝え方も重要ですよ。

 

 

何故かって?

 

 

だって、

叱るときに、伝えた言葉で

その子の内面まで変えてしまうから。

 

 

 

ここでやはり【伝えるための魔法の言葉】が必須なんですね。

 

 

 

『前はできたのに、今日はどうしたの?』

 

 

これはもう、無意識で

ママがいつも見ていてくれている。

 

 

そんな風に思うんですよね。

 

女の子は見ていてほしい、

注目してほしい生き物です。

 

 

 

だから、いつも見ている。

当然、これが理想なんですよね。

 

 

 

いつもみているよ。

 

 

【女の子を叱るときの魔法の言葉】

いかがでしたか?

 

 

他人と比較する事、これだけはやめて下さいね。

私も自戒の念を込めて、本日のメルマガといたします! 

 

 

本日はここまで!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】協会代表理事

のじま なみです。

 

 

○○○さん、こんばんは

 

 
 
 
 
先日、
自慰行為について
メルマガに投稿したところ、
 
 
本当に沢山の反響をいただきました。
ありがとうございます
 
 
多分
おちんちんのこと、
生理の事
SEXのこと
 
 
 
この辺は
頑張って誰かに相談できたとしても、
 
 
 
『自慰』
 
 
 
これについては
どうしていいのか分からないお母さんが
多かったんでしょうね。
 
 
 
実際、我が家の子もやってます。
 
 
 
人によっては
力をこめて
ミノムシのように
寝そべって、もぞもぞする子。
 
 
人によっては
マッサージ器に
陰部を押し当ててみる子。
 
 
 
人によっては
上り棒で気持ちよさを味わう子
 
 
シャワーの水圧で
気持ちよさを味わう子
 
 
 
自転車の振動で
気持ちよさを味わう子
 
 
 
年齢や、性別によっても
これはさまざま。
 
 
 
ここで、○○○さんに知ってほしいこと!
 
 
 
改めて、基本的なことをお伝えしますね。
 
 
 
【自慰はね、胎児のころからやっている自然な行為です】
 
 
 
なので、
大人の男性、女性だってするものを
子供がしてはいけない理由はないんですよ(^^)
 
 
 
 
命をつなぐため
神様がそこに
 
 
 
【快】
 
 
 
っていう、大事な感覚を作ってくれているんです。
 
 
 
それなのに、お母さんは
突然、びっくりした顔で怒ったり、
はしたないと、ひどい言葉を言ったり
汚い、悪いことだと
理由なしにやめさせたりしたら
 
 
 
 
これは、いけないよね?
 
 
 
突然理由なしにやめさせられたら、
それは、見当外れに逆効果になってしまうかも。
 
 
 
そうするとね、
子供って、まるで
自分は、悪いもの、汚いものって
子供の将来につながる
 
 
 
身体に対する価値観、性意識
 
 
一番大事な、ここを
根本的に曲げてしまうんです。
 
 
 
 
寂しさ、ストレスで
自慰をやる子も、確かにいます。
 
 
 
楽しい遊びに誘いだしたり、
歌ったり、おどったり、
生活面を見直すと
スー――ッとなくなることもあります。
 
 
 
だけど、
寂しくなくても、
ただ、気持ちいいからする子もいるんです。
 
 
 
 
問題は、
そんな子へどう声をかけるか。
 
 
 
 
わたしが娘にしている声掛けはこんな感じ。
 
 
 
 
それは
自慰をしている子に
 
 
 
『気持ちいい?
 気持ちよくてよかったね♡
 
 
 それで落ち着くなら、眠れるならいいよ。
 
 
 だけど、それは人前ではしてはいけないの。
 
 
 だってそこは〇〇ゾーンだからね。
 
 覚えてるかな?』
 
 
 
 
 
『プライベートゾーンでしょ? 
 だから人前ではダメなんだよね!』
 
 
 
『イエーイ!! 正解! 
 だから、一人の時にこっそりやってね(^^♪』
 
 
 
こんな感じ。
 
 
 
 
 
成長過程にある子供って
心の成長、身体の成長
どちらも持ち合わせていて、
とっても不安定。
 
 
 
そこはね、
親の愛情だけでは
補えないところがあるんです。
 
 
 
自慰が、そのアンバランスな子供の
成長を補って癒してくれるなら
 
 
 
全然問題ないことです。
 
 
 
 
 
本日はここまで!
   
    
    

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

本日は、
TOKYO MXテレビさんの

5時に夢中!に

再出演させていただきましたーーーーニコニコ

 

 

 

録画でコメントも撮ってくださったので
マツコデラックスさんや

コメンテータの若林さんが
どんな反応をしてくださるか。。。

楽しみだったのですが、

 

 

 

 

 

 

男の子をお持ちの若林さんの

最後の一言

 

 

 

『これ、よく聞けば大事なことで、

最近、息子が勃起を見せてきて、

なんて答えたらいいのかわからない。

悩みを聞いてほしい、、、、』

 

 

 

 

 

この言葉、

リアルな男児ママの

《お悩みあるある》なんですが、

きっと共感された方も多いのでは?

 

 

 

 

 

子ども達がアダルトな性に

触れてしまう機会が多くなった今

 

 

 

 

 

次に来る教育は性教育!

 

 

 

といわれるほど、

最先端で最重要なこの教育。

 

 

 

 

 

コロナで家にいる機会が多くなった子供たちが

アダルトサイトを見ていた、、、

検索していた、、、、、

 

 

 

 

なーーーんて悩みは、

正直ざらにございます。

 

 

 

 

 

はたまた、

夫婦の営みを見られたしまった、、、

なんて話もよくあるご相談です。

 

 

 

 

夫婦仲良きことは

素晴らしき事。

 

 

 

 

でもどう対応したら?

悩みますよね。。。(;’∀’)

 

 

 

 

 

iPadやゲーム、パソコン、スマホ

親のいぬまに

アダルトサイトを検索しているなんて

小学校1年生でもしてること。

 

 

 

 

 

知らぬは親ばかリ、、、

 

 

 

誰かを傷つけていたら

誰かに傷つけられていたら、

 

 

 

 

 

何てことになる前に!

 

 

 

3歳から始めるおうち性教育。

始めてみませんか?

 

 

 

今日、おうちキッズ部という

日本最大級の親子コミュニティーでも

お話させていただきましたが、

 

もう、他人事の世界ではなくて、

リアルな自分とお子さんとの問題として

性の問題は起こっています

 

そこにどうアプロ―チするかで、

お子さんの一生も変わってしまうから。

 

 

 

 

早くできないお庭から、

できるお庭に引っ越してきてください(^_^)

性の話ができる親子になった後にしか

できない話が山ほどあるんですよーーーー!!!!!!

性をどうとらえているか。

自分や他人に対する常識、

マナーって

後天的に身につくもの。

 

 

 

そして、

身を守る術も

後天的に身につくもの。

今日、6月1日小学校の一斉登校で

都内は手を引っ張られて

子どもが連れ去られそうになった事件が

多発したそうです。

これね、性教育を知っていれば

ある程度は予測できたこと。

子どもの性被害って

親の予備知識があるかないかに

大きく左右されるといってもね、

過言ではないんです。

早くできるお庭に

引っ越してきてください!!!!!!

 

善悪の良しあしとともに

コミュニケーションの一環として

命の誕生、性、身を守る術。

ここを

ママやパパから伝えてもらえるから

子ども達は

反発することなく

すーーーーーーーーーーっと

知識として受け取ってくれるんです。

 

 

 

幼ければ幼いほど、

それは顕著に表れますよ!

 

 

 

 

お子さんが、困ったな、、、、とおもった時、

相談相手になれる

親子を目指していきませんか(^_^)?

 

 

守れる親に一緒になりませんか?

 

 

今回の男の子のオチン.チン問題。

初級講座でたっぷり解説させていただきます!

男の子ママにも、

女の子ママにも、必見です!

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

手遅れになる前に

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

明日は、

TOKYO MXテレビさんの

5時に夢中!という番組に出演させていただきます!
(リモート録画での出演です)
 
 
 
 
マツコ・デラックスさんの回ですが、
昨日撮影も済みました(^_^)
 

いい感じで、放送されるといいな〜と

祈る気持ちでドキドキしています(笑)

明日はその他に、

おうちキッズ部でも

講演させていただいます。

なんと、

100名満席になったそう♡

資料が出来上がったので

後はどんなふうに話すか、

夜の20時まで練習あるのみ!

またまた、昨日は、

仙台の河北新報さんにも

取材いただきました(^_^)

仙台で活躍中の

くにやすまなインストラクターに

取材がはいったのですが、

やっぱり記者さんも子育て世代真っただ中!

取材もしつつ、

子ども達の性に興味津々で、

真剣に聞いてくださったそうです!

いま、パンツの教室が本当に

沢山のメディアから注目されていて

私も嬉しい限りです!

ーーーーーーーーーーーーー

昨日のメルマガ、

『覚えていよう』

本当にたくさんの返信を

ありがとうございます!

子育ての時間って

実は本当に短くて。

18歳で成人となる日が

もうそろそろ来ますが、

14歳の長女だと

あとたった4年で成人を迎えてしまうんです。

この4年で

私が娘に持たせてあげられるものは

何だろう。

毎日自分に問いかけています。

だからこそ、

性教育をしっかり

子供たちにしているというのが本音です。

先日、こんなお悩みのメールが

届きました。

ーーーーーーーーーーーーー

のじま先生

はじめまして。
私、6歳男・4歳女・0歳男の子がいるIと申します。
いつもメルマガ、

なるほどと思いながら楽しみに読ませて頂いております。

今日はぜひ…ぜひ…ぜひ(;_;)!
アドバイスをお願いしたく

メールさせていただきました(>_<)

小学生一年生になったばかりの

息子の事です。

you tubeを好きでよく見ていたのですが、

たまたま検索履歴が私の目に止まり驚きました。

おんな
おんなおっぱい
おまた
おまたほんもの

等、まだまだ子供だと思っていた息子の行動に

驚きとショックを隠せませんでした…

本当に自分で入力したのかさえ

疑ってしまいました。

が、それはまぎれもなく

自分で入力し検索していました。

そして、いけない事という思いがあったのか

部屋に隠れてこっそりと見ていたようです。

これがきっかけとなり

のじま先生の本の購入やメルマガ登録へたどり着きました

後日、また部屋にこもり

何やらこっそり見ている様子。

この時は性教育の大切さや

子供が異性の体に興味を持つことも

理解していたつもりではいたのですが…

主人に、ちょっと見てきて〜…
と頼み部屋へ行ってもらいました、

するとすぐに息子だけが部屋から出てきました
悪いことをしていたのを見つかった、という顔で。

ものすごく変な、

なんとも言えない表情で。

その顔を見たときに、

なんて可愛そうな事をしてしまったんだろう…

ものすごく傷つけてしまった…
と、本当に心が苦しく辛い気持ちになりました。

その後、また、見ている時に私が近づくと

急いで画面をけしていたので、
ママも見た〜い^_^
と明るく接したのですが、

息子の表情は微妙…

今は、異性や異性の体に興味を持つ事に対し

てショックや否定的な気持ちは全くないのですが、
対応や声かけがどうしていいのか分かりません。

あえて触れないままが良いのか、

何か話したら良いのか、

お忙しいかとは存じますがお助け頂けると嬉しいです(ToT)

ーーーーーーーーーーーーー

Iさん、メッセージありがとうございます!

多分もう、

アイパッドに対しては

息子君、にがにがしい思いしか

ないかもしれませんね(;’∀’)

きっと、息子君の傷ついた顔に

Iさん自身も傷付いたのではないでしょうか?

やっぱり、

子供が悲しそうな顔をすると

親としてはいたたまれないところですよね、、、

Iさんの場合、

興味があるとわかっただけでも

対処の使用がありますよね(^_^)

そう、

子供たちは興味があるんです。

それは当たり前のこと。

それをネットで見れてしまう時代に

私たちは母親になったんです。

ちょっと実行してみたいって

思う気持ちがわいてきてても

おかしくないですよね?

見て終わり。

じゃないんです。

見たら、

実行してみたいって思うものなの。

美味しいケーキ屋さんが近くにあるって

ネットで見かけら

行ってみたくなるのと同じくらい

普通の気持ち。

そこに善悪をの判断を

届けてくれる人がいなかったら?

Hな言葉を検索したい、

Hな動画をみてみたい。

これって、全ての子に起こりうることなので、

○○○さんにだってすぐに

おこること。

逃げてていいことじゃ

ないですよね?

その一時に使える伝え方を

たとえ知っても、

次のトラブルの時にはどう対応します?

一時の知識ではなく、

一生子供たちに使えるスキルを

Iさんにも、皆さんにも身に着けてほしい。

年齢が上がれば上がっただけ、

驚くほどのトラブルが本気で出てきますから、、、

ホントに!!!!

上皇后美智子さまが昔、

こんな素敵な言葉を残してらっしゃいます。

『幸せな子』を育てるのではなく、

どんな境遇におかれても『幸せになれる子』を育てたい。

幸せになれる子って、

私は、親がきちんと

子供たちに向き合ってくれた子だと思います。

一番大事で

一生子供たちの人生を左右する

『性』

子ども達の

今と未来を守るため。

どんな時も 幸せになれる子を育てるため。

性との向き合い方を

パンツの教室で学んでみませんか?

○○○さん、

子ども達はあっという間に成長します。

早くできるお庭に引っ越してきてください!

手遅れだーーーーーってなった時、

泣くのはいつも、子ども達だから。

守っていける方法がある。

手にしないでいい時代では

もうないですよね(^_^)

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*