HOME  >  協会からのお知らせ 一覧  >  のじま家ブラジャー大事件

協会からのお知らせ

ーーーーーーーーーーーー
 
だから嫌だって言ってるでしょ!
 
ーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
ある日、4年生の娘が
私に拒否感丸出しの顔で
そうつぶやきました。
 
 
 
 
理由は、
さかのぼる事
数日前。
 
 
 
 
久しぶりに
次女とお風呂に入った母は
驚きのあまり
こう叫んだんです。
 
 
 
 
 
『あかーーーーーーん!!』
 
 
 
 
 
 
河童の川流れ。
 
 
弘法も筆の誤り。
 
 
 
とは、よく言いますが、
 
 
 
 
油断していたんです。
私。。。。。
 
 
 
 
年間4000人以上の方に
性教育アドバイザーとして
子どもに伝える明るい性教育を
お伝えしているのに、
 
 
 
 
まさか。。。。
 
 
 
 
 
我が子の成長を
見逃していたなんて、、、
 
( ̄▽ ̄)
 
 
 
 
 
 
かつくらさん、
女の子の第二次性徴って
どこから始まるかご存知ですか?
 
 
 
 
生理?
 
 
 
 
体つきが丸みを帯びる事?
 
 
 
 
それともニキビ?
 
 
 
 
 
のんのんのん。
違います!!!!
 
 
 
 
 
ご存知の方も多いかな?
女の子の第二次性徴って、
実は、
 
 
 
 
 
胸のふくらみから
始まるんです!
 
 
 
 
 
4年生ともなれば、
体つきはそれなりに
女性らしいものになってきます。
 
 
 
今どきの子は
食事もいいものを食べてますし、
 
 
 
 
身長も高く、
早い子では4年生で初潮を迎える子も少なくありません。
 
 
 
 
 
初潮って、
ある程度、来るタイミングが
見た目や身長などで
分かるものなのですが、
 
 
 
 
 
次女はね、
私が心の中で
 
 
 
ゴボウ
 
 
 
と呼んでいるほど
ガリガリにやせていて。
 
 
 
 
だからね、
いつまでも
このこは色気ZERO♡
と、安心しきっていたわけです。
 
 
 
 
 
まーーーーーー
まだ、第二次性徴は
こないでしょう♡
ってね。
 
 
 
 
 
 
ですが、
久しぶりに
お風呂に入ると、
 
 
 
 
何となく、、、、
何となく、、、、
 
 
 
 
 
びっくらぼん!
 
 
 
 
ないはずの
胸が出始め、
 
 
 
 
まな板のような体系から、
少し女性らしい体形に
変化しているではありませんか!!!!
 
 
 
 
長女の時は
あんなに注意しながら
体の成長を見守っていたのに、、、、
 
 
 
 
 
まさか、母。
次女の成長に気付かなかったなんて
 
 
 
 
。。。がびーん( ̄▽ ̄)!!!
 
 
 
 
 
これ、ちょっと
言い訳したいのですが、
 
 
 
 
 
2番目って、
気のゆるみがでてきませんか(笑)
 
 
 
 
 
1人目の時には
熱心にきいた宿題の音読も
 
 
 
 
2人目になると、
右から左に聞き流す的な。。。
 
 
 
 
 
1人目の時には
熱心に作っていた
離乳食も
 
 
 
 
2人目の時は、
離乳食を買って食べさせることに
抵抗感ゼロ的な。。。。
 
 
 
 
 
なんでしょう?
2人目って、
 
 
 
 
少し母の心に
 
 
余裕? 
 
慣れ? 
 
適当さ(笑)?
 
 
 
 
が、でてきませんか?
(私だけでなはいと言ってほしい(笑))
 
 
 
 
 
 
なので、
 
 
 
少しずつ変化する娘の体を
ある日発見した母は、
慌てて言いました。
 
 
 
 
『次女ちゃんよ。
からだにあった下着を買いに行こう♡』
 
 
 
 
 
もちろん、
次女には長女と同じく
 
 
 
セックスの話も、
生理の話も、
防犯の話も
一通りすんでいますし、
 
 
 
 
長女が下着を移行するときも
見ていますし、
 
 
 
 
やったー♡
と、喜ぶかと思いきや、
 
 
 
 
彼女からかえってきたのはね
まさかの反応、、、
 
 
 
 
 
『えっ!
 嫌だ、、、、(-“-)』
 
 
 
 
 
 
えっ?
 
 
 
えっ?
 
 
 
 
 
まさかの、
拒否―――――――――!!!
 
 
 
 
 
でもでも、
もう胸も出てきてるし
男の子の視線とか、
変な人に気に入られたらいやじゃない?
 
 
 
 
と、聞いても
断固として彼女の答えは
 
 
 
 
NO!!!!
 
 
 
 
なんでよ~
母、性教育アドバイザーよ~
 
 
 
 
我が子に上手く下着のアドバイスが
できないなんて、それ、
 
 
 
 
 
あかんやんっっっ!!!
 
 
 
 
実はね、
下着の着用を
嫌がる女子は
かなり多いんです。
 
 
 
 
何百人の方に
そのアドバイスをしてきたのに、
その先生である我が家がこれでは、、
 
 
 
 
 
 
あかんやんっ!!!!
 
 
 
 
そう、
私もね、我が子だと、
失敗することがあるのです( ̄▽ ̄)
 
 
 
 
 
でも、これも一つ
ネタになったな。。。
 
 
 
 
ただでは母も起き上がりません(笑)
 
 
 
 
なかば、
娘にそっと聞いてみました。
 
 
 
 
そもそも、
なんでそんなに嫌なのか、、、
 
 
 
 
返ってきた答えは、やはり、
 
納得ごもっともなもので。
 
 
 
 
では、
娘が何と答えたのか。
 
 
 
 
そして、
性教育アドバイザーののじまが
 
 
 
 
威信にかけて
娘に下着を着けさせることに
いかにして成功したのか。
 
 
 
 
ここ、女児をお持ちの
お母さんには
明日はわが身と思って
していてほしいところですが、
 
 
 
 
長くなりましたので
続きはまた次回(^^♪