HOME   >  協会からのお知らせ 一覧  >  2020年8月 のお知らせ一覧  

2020年8月 のお知らせ一覧

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

先日、

パパに伝える性教育『パパパンツ』と、

 

 

今回が2回目となる

『親子防犯セミナー』を開催してきましたー!

 

 

パパパンツは60名以上!

親子防犯セミナーに至っては70組位以上の親子にご参加いただき

 

 

2回目だけで250人近くの方に

明るい性教育をお届けできました♡

 

パパも親子も、

どちらも反響がすごいので

またやりたいなと思っています^^

 

 

今回は、

ライン読者さんからすごく面白そうなテレビ番組が送られてきたのでシェア♡

 

 

芸人さんやゆきぽよさんが

「生理」に特化した番組を深夜に放送してくださるそう、

 

 

 

めちゃくちゃ面白そうなので、

ぜひ録画して一緒にみませんか^^?

 

 

バービー、黒沢、ゆきぽよ、りゅうちぇるがぶっちゃける (ORICON NEWS) – LINE NEWS

https://lin.ee/O2O45HH?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=talk

感想お待ちしています^^

また、パパパンツのことや

親子防犯セミナーの驚きの感想など

こちらでアップしますね!

本日はここまで!

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

もし、兄弟同士で

こんな事をしていたら、

○○○さんだったら。。。

どうしたと思いますか?

 

 

メルマガ読者のTさんのお話です。

 

==========

岡山で年子3人のお母さんを頑張っている

Tと申します。

いつもメルマガ

楽しく読ませて頂いてます。

 

のじまさん、

私やらかしてしまいました。

 

 

それは子ども達とお風呂に入っていた時、
長女(4歳)が次女(1歳)の

おまたを鷲掴みしていたんです。

 

 

ガシッと!!

 

 

しかも勝ち誇ったように

ゲラゲラ笑っていたのです。

 

 

衝撃的な状況に思考が停止し、

気づいた時には

長女をパチンと叩いてしまっていました。

 

 

長女がうぇーんと泣き出したので

我にかえり、

バクバクする心臓をおさえながら、

 

「おまたは大事なところだから

さわっちゃダメだよー」って

話したんですが、

 

 

数日前にこれまたお風呂で

長男(3歳)のおちんちんを

食べようとしていました。

 

 

いやらしい意味はなく、

遊んでいるだけなんでしょうが…

 

 

おまたやおちんちんに

すごく興味が出て来てるんだと思います。

 

 

どう対処したら良かったんでしょうか。

叩くなんて最低なことをしてしまったと

凄く後悔しています。

 

 

以前メルマガに取り上げていただいて以来、

講座をうけるため、

パンツ貯金を始めました。

 

でも待っていられない。

1日でも早く

のじまさんのお話を聞きにいかねばと思い、

今度セミナーに参加します!

=========

 

Tさん、ありがとうございます!

 

さて、○○○さんは、この話を聞いて

 

 

『ありえない。。と思いましたか?』

 

それとも、

 

『うちも兄弟いるし、もしかして。。。?』

 

と思いました(^-^)?

 

 

ドキッとして、うちもかもと思えたら

正解!

 

 

ありえない。。。と思った方。

ちっちっち( ̄∇ ̄)!

 

 

案外多いのよ〜これ。

 

 

叩いたことはイイことではないけれど、

ダメなことはダメときちんとしかれた

Tさんの行動はGOOD!。

 

 

大人になってダメなものは

子どもでもしたらダメ。

 

 

それを教えないと、

他人の子にしてしまうからね。

 

 

それよりも

なぜTさんはパニックになってしまったのか。

 

 

問題はここですよね^_^?

 

 

ただTさんに

足りなかったものがあるとすれば。。。

 

 

それは免疫。

 

 

膣って言える?

おちんちんって言える?

生理?

精子?

夢精?

勃起?

クリトリス?

 

そして

セックス。

 

この言葉を口に出していえない方はね

 

 

何が起こっても。。。

 

 

結局、

同じ反応をしてしまうんですよね。

 

 

それはなぜかって?

 

 

うーーん、簡単に言うとね、

こんな図式ができあがるから。

 

 

これが言えないと、

 

 

子ども達にその言葉を使って

説明できないでしょ?

 

 

 

こども

理解できないでしょ?

 

 

怒られたくないから

今度はこっそりやるでしょ?

 

 

。。。。。ガーン。ショック。

の繰り返し。

 

 

ちょっとこれは、

ドキッとしませんか?

 

 

○○○さんは

この言葉、堂々といえますか?

 

 

もし、言えるようになったのなら、

あなたの性教育は

必ずうまくいきますよ!^ – ^

 

 

自信持ってくださいね!

 

 

Tさん、それでは

講座でお待ちしております!

 

 

本日はここまで!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

今日は暑かったですねー!
夕方は5歳三女と水鉄砲で遊び倒し、
夜はお友達を呼んで初花火♪

 

 

夏の終わりを満喫した

のじまです!

5年生の次女と、そのお友達と。
花火をみながら思春期の恋愛談議に花がさき、
これもまた、楽しい思い出ができました♡

我が家では

恋愛話がコミュニケーションの一環となっていて。

 

 

 

 

中2の長女は、

頑固で無口な九州男児。

高倉健さんのような夫にも恋愛相談を

しょっちゅう持ち掛けています。

 

 

 

 

夫自身も、

『性教育をしていなかったら、

きっと長女は俺になんて話をしなくなる年齢。

性教育をしててくれて、ホントにありがとう。』

 

 

 

と、ぽつり。

 

 

 

 

性教育をしている家庭は

思春期の会話が途絶えないと、

よく言いますが、

 

 

 

我が家は地でそれをいっています(^_^)

 

 

思春期。。。最高ですよ♡

で、実は、ここ数日
取材ラッシュのパンツの教室!

先日はこちら、ママに大人気アプリ! 

累計ユーザー数 48万人
累計3727万PVを誇る
ninaruポッケさんが新刊を特集してくださいましたーー!!!!

9月半ばにはインスタライブも
開催させていただく予定です(*^_^*)

 

                       

ninaruポッケさんは

子育てあるあるを

沢山のブロガーさんがマンガでアップしてくださっているので、

きっとお気に入りの一人が見つかるはずよ!

合計8回記事をアップしていただけるそうなので、

子育ての合間に覗いてみてくださいませ♡

https://ninarupocke.page.link/MG4d

 

また、今日は80組近くの親子が集まる
親子防犯セミナーと、

パンツの教室受講生のパパに
理事長である、わたくしのじまが、

 

 

お父さんが

もっと性教育に参加してくださるよう、

パパパンツ!で

父から子に伝える性教育を70名以上の方に開催してきます!

二つとも最高に楽しみです♡

どんな結果だったか
またお伝えしますね(*^_^*)

 

本日はここまで!

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

春は入学、進学の季節。

 

 

お子さんが、また一歩成長をしていく時に

私たちが大人が知っておきたい

子供の成長

 

嫌な事件が起こる前に

性犯罪の防ぎ方。

 

 

分かりやすく、

こんなことをお伝えしています(^^♪

 

 

性犯罪とか、子供の第二次性徴とか、

何だか嫌だな。。。

そんな風に直感的に感じる人には

特に私に会いに来て欲しい。

 

 

きっと、そこの『抵抗感』を

外すお手伝いが出来ると思うから。

 

 

 

 

—————————–

 

さて、本日のメルマガいきましょう♪。

 

パンツの教室を立ち上げてから

都内でセミナーをするんですが、

 

 

 

その会場の近くに

1枚の看板があるんです。

 

 

 

私、その看板を見るたびに

1人どぎまぎして、

ドキドキして、

恥ずかしい気持ちになります。

 

 

 

それが、

タイ式マッサージ!

 

 

 

なんでタイ式マッサージで?

って思っているかつくらさん!

 

 

 

これが、違うのよ(笑)

実は、普通のタイ式マッサージではなくて、

ボインなお姉さんが白衣を着て、

胸が半分以上出たコスチューム。

 

 

 

でね、殿方の上に乗っかってるの。

 

 

 

何がタイ式マッサージじゃーい!!!!

 

 

って、突っ込みを入れたいくらい(笑)

 

 

 

性教育を伝える側なんだから

平気じゃないの?

って思うかもしれませんが、

それは違うんだな~。

 

 

 

やっぱり、見ちゃいけないものを

見た感じはありますよね(笑)

 

 

 

 

そんな時に、メルマガに

こんなメッセージが届きました。

 

「「「「「「「「「「「「「「「

 

先生、はじめてメールいたします。

いつも、楽しくて実践的な

メルマガありがとうございます!

 

 

 

先日、5歳の息子を自転車に乗せて、

うっかりポルノ映画館の前を通り過ぎてしまいました、

しかも帰りは避けたつもりが結果的に往復^^;

 

 

 

 

息子の方を見やると、

しっかりと目が裸の女性のポスターに釘付け。

 

 

 

 

でも、何も言わないので

まだわかんないかーと、

放置していたその夜に、

 

 

 

 

先生の

「親が何も言わないので

 触れてはいけないと思っていることもある」

という内容のメルマガが!

 

 

 

これかっ!?

と思って、

昼間裸の女の人の写真見たねー(≧∇≦)と話してみました。

 

 

 

息子がママのおっぱいが

もう飲めないのに

大好きなのと一緒で、

 

 

 

 

大人でもおっぱいが好きな人は

たくさんいるんだよ〜と。

 

 

 

ニコニコして聞いてましたし、

話してもくれました。

 

 

 

 

翌朝朝食の席で

主人にも2人でこの話しをしました。

 

 

 

あっけらかんと、

性の話ができる家庭への大きな一歩を踏み出せました。

ありがとうございました。

 

 

「「「「「「「「「「「「「「

 

 

 

Mさんありがとうございます(^^♪

旦那様と話し合えたっていうのが

Mさんのお宅の素敵なところですね!

 

 

ほとんどのお母さんが

勘違いしている事があります。

 

 

 

それは

お子さん自身が聞いてくるまで待つ

という事。

 

 

 

私のセミナーに来てくださる方の多くは

『子供が変な情報を知る前に

 自分からお子さんに話したい!』

 

 

そんな性教育に前向きな方々が多いです。

今、そんなお母さんが増えていることに

私も希望が持てます!

 

 

 

で、そんな風に思ってても、

実際はやっぱり語れないんですよね。

 

 

 

Mさんのように

きっかけを見つけたら、

 

 

例えお子さんが聞いてこなくても

こちらからアクションを起こしましょう♡

 

 

 

ダイエットと一緒です。

いつかいつか。。。

思ってる間に

いつかが来ることはないのです(笑)

 

 

 

私だったらどんな風に言おうかな。。。

かつくらさんだったら、

どんな切り口でお子さんへ話すか

是非、考えてみてくださいね(^^♪

 

 

 

 

ちなみに、私なら

『あのお姉さんおっぱい大きくてうらやましい~。

 ママも一度でいいからボインになりたい!

 でも、大きいのが好きな人、

 小さいのが好きな人いるから安心しなね~!』

 

 

とか、言うかもしれませんね(^^♪

 

 

 

本日はここまで!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*

 

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

 

 

今日は久々に

のじまの相談箱へLet’s go!

 

先日の記事にこんな質問が

「「「「「「「「「「「「「「

はじめまして。Uと申します。

いつもメルマガ楽しみにしています。

 

 

我が家の子供は4歳娘と

1歳息子の二人です。

 

 

 

 

上の娘ちゃんが今

おちんちんやうんちなどの言葉が大好きな時期です。

 

 

 

自分のお股も、

もの珍しそうに触ってます(*^^*)

 

 

 

私自身は娘のその行動・言動を

嫌だとは思わないし、

こちらのメルマガを読むようになってからは、

 

 

 

更にこういう行動を

大事に見守っていきたいな〜

とは思っているのですが

 

 

 

 

いざ、性教育として

お話をしようと思うと

きっかけが難しく・・・

 

 

たとえば、

娘がおまたをさわっているときに

 

 

 

「そこは大事な部分だから優しく触るんだよ」とか、

 

 

 

弟のおちんちんを触りたがるときも

同じようなアナウンスはしているのですが、

 

 

 

そこからどうやって

SEXや性教育・性犯罪の話題に

持ち込めばいいのか??

 

 

 

 

それは、またそういう機会(娘が聞いてきた時等)が

来たときでいいのか??

 

 

 

 

早いほうがいいと言うけど、

自分からSEXの事を聞いてこない場合は

どうすればいいんだろう?と迷っています。

 

 

 

(ちなみに、とにかく叫んで逃げるんだの

絵本も購入しましたがまだ読んでませんww)

 

 

 

 

分かりやすいタイミングなどがあれば

教えて頂けるとうれしいです。

 

 

 

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

 

 

Uさん、ありがとうございます♬

 

 

ここはよくセミナーや

メルマガへの返信でも聞いてきて下さる方が多いので、

質問箱でシェアしますね。

 

 

 

 

子供の中には

一切性の話を聞いてこない子もいます。

 

 

 

ただ、ただ、『性』に興味がないんです。

お姫様や、戦隊もの、クレヨンしんちゃん

プラレール、おままごとが

好きなんです。

 

 

 

 

あっ、今

○○○さん、

『なんだ、そんな子は普通なんだ!』

って、ちょっとホッとしました(笑)?

 

 

 

 

じゃあ、もし何も聞かない子が

本当は

 

 

 

 

『家でだれも話さないから、

 この話はしてはいけないんだ。。。』

 

 

 

 

そんな風に思っていたら?

 

 

 

そう、

チャンスは一生めぐってきません!

 

 

 

 

お子さんはね、

お母さんの顔色を常にみています。

お母さん大好きだからね。

 

 

 

 

 

だからこそ、 

お母さん自身が

性の話をしなければ、

 

 

 

 

 

お子さんは、先に見聞きした

性の情報を信じてしまうよね?

 

 

 

 

これは、仕方ないこと。

 

 

 

 

いつか話したい。

 

 

 

 

そう思ってる間は

残念ながら、

いつまでも話せません。

 

 

 

 

変な話を聞く前に

私が伝えたい!

 

 

 

こんな思いが少しでもあるのなら

もう、どんどん話すべし!

 

 

 

 

話して、自分の気持ち、どんな大人になって欲しいか

そんな話もしてあげましょ♪

 

 

 

 

 

何から話したら?

そんな方はまずは

 

 

 

お子さんに性の話をする前に

 

 

 

 

性器の名前をきちんと

お母さんが

声に出して言うことから

始めてみて!

 

 

 

 

 

 

性の被害にあわないようにするためにも。

伝えていくことは必須!

 

 

 

さぁ、○○○さん。

伝えるスキル磨きましょう!

 

 

 

あっ、!

安心してください。

 

 

 

 

例え、愛を込めて

SEXを伝えても、

 

 

 

 

2年生以下の子の返答は

 

『へ~。ふ~ん。

 で、ドラえもん見てもいい?』

 

 

 

こんな切り返しくらいですよ。

 

 

 

 

 

全ては○○○さんの

取り越し苦労です!

 

 

 

 

 

だけど、

伝えることには価値がある!

 

 

 

 

 

 

本日はここまで!

 

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*