HOME   >  協会からのお知らせ 一覧  >  2020年1月 のお知らせ一覧  

2020年1月 のお知らせ一覧

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】協会代表理事

のじま なみです。

 

今日は1年の中で数回訪れるか訪れないかの

ハッピーデー♡♡

 

 

3冊目の原稿の校了が終了したんです!!!!!

 

 

校了とは、

手直しとか全部すんで、

赤ペン先生も終わって、

編集者さんに提出して、

印刷にうつること♡

 

 

本を書いていて、

この日が実は

1番嬉しい!!!!!

 

 

やりとげた充実感たるや

半端ではありません!!!!

 

 

本気で一人子供を産み落とした

出産直後の高揚感を味わっております♡

 

 

今回の本は

親子で楽しむ本なので

かーーーなーーりーーの

自信作♡

 

82983106_1736427773155457_8014388646255788032_n.jpg

 

 

さて、表紙がどんなものになるか♡

皆さんが選んでくれたアレになりましたよーーーー!

楽しみにしていてくださいね(^_^)

 

 

そしてもう一つ

嬉しかったのは

インストラクターさんの

まつもとふじこさんの この投稿。

^^^^^^^^^^^^

83781218_171368840780546_6510970992519544832_n.jpg

娘の6歳の誕生日に合わせて
遊びにきてくれた母。

 

わたし、子供の頃、

母に何も話せない子でした。

 

 

変わっていく自分の体のこと、
恋愛のこと。

 

 

だからこそ、
とにかく明るい性教育【パンツの教室】
の性教育を実践して、

 

我が子とは何でも話せる関係を
築きたいと思いました。

 

 

愛しい我が子と出会えたのは、
母が私を産んでくれたから。

 

わたし幸せだよ。

 

その感謝を、照れ臭くて
今まで面と向かって
言ったことがなかった。

 

 

結婚式も挙げなかったから、
両親への手紙とか
スルーしてしちゃったし…

 

 

でも今回、

娘の誕生日という日を
一緒に過ごす機会に恵まれ、

 

ほんの少し勇気を出して
伝えてみました。

 

 

「産んでくれてありがとね」

 

やっぱり照れ臭くて、
フランクな感じになってしまったけど、
想いを伝えられてよかった。

 

 

いつの間にか
小さな背中になった母。

 

 

白髪がいっぱいになった母。
(これはあえてのグレイヘアらしい…)

 

 

今日は、のじま先生の
「お母さん!学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!
を熟読しています。

 

 

「こんな育て方できたら
どんだけ良かったろうね…」

 

 

と母。

 

そんな想いを受けとめて、
私が我が子にしっかり
性教育を実践していきたいです。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

まつもとさんのこの投稿に

1人ウルウルしてしまった私。

 

 こんな風に、
おばあちゃんが読んでくれるなんて。

 

そして、小さなわだかまりがとれて、
産んでくれてありがとう。

 

この一言がこぼれでる。

 

 

性教育やってて本当に良かったと

感じる瞬間でした。

 

 

性教育は

命を繋ぐ、結ぶ、引き継ぐ教育です。

 

 

愛をしっかり受け止め

手渡す教育です。

 

 

命や愛情は

ウソじゃなく家族の絆を
グッと近づける。

そして、強くする。

 

 

これは

我が子との関係だけじゃなくて、

自分の両親にも当てはめられること。

 

 

パンツの教室受講生さんには

お母さんとの関係が修復できた方も少なくありません(^_^)

 

 

まつもとさん。
素敵な投稿ありがとう♡

 

 

ちなみに、、、、

まつもとさん、死ぬほど美人です。

最初お会いした時に二度見するほどの美人さんでおったまげたのは

ドンのじま、私です(笑)

 

 

そこまで言うとみたいでしょ(笑)

 

 

。。。はいどうぞ♡

ジャン!!!!

 

80617558_162466371670793_7364045591648665600_o.jpg

 

 

写真だけじゃなくて

実物も本当におきれいで、

とっても気さくな3兄妹のお母さんです♡

 

 

名護屋の方は会いに行ってみてくださいね(^_^)

 

体験会などの詳細はコチラから▼
https://ameblo.jp/fujic5c5/entry-12531447824.html

 

 

 

*==================*

パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧は

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

*==================*

 

 

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】協会代表理事

のじま なみです。

 

願うだけでは

叶わないこともある。

 

 

願うだけでは

届かないこともある。

 

 

願うだけで

満足していませんか?

 

 

先日、うちの中学生の娘が

慌てて相談にきました。

 

 

『友達が大変!学校の近くで

 「写真撮ってあげるよ!」と声を掛けられて

 体を触られそうになったって

 怖くてメールしてきた!』

 

 

えっ?

ホントに?

その子はどんな状態?

泣いてる?

何されたか話せる?

今どこにいるの?

お母さんには伝えた?

 

 

 

娘の友達は

我が子と同じです。

 

 

ドキっっっとして、

心配する母の気持ちになってしまい、

娘に問いかけようとすると、

 

 

我が子は

びっくりな発言をしたんです。

 

『友達が泣いてる。

 私に相談してきてくれたから

 アドバイスがしたい。

 

 

 今、友達がしなければいけないことは

 学校の前で携帯をとられて

 体をさわられたことを

 

 ・お母さんに相談すべきだということ、

 ・学校に報告すること。

 ・警察に報告すること。

 

 

 ひどい被害ではなかったみたいだけど、

 驚いて正しい判断ができないと思う。

 

 

 この3つであってるよね?』

 

 

娘の方が落ち着いていて、

正しい判断ができていました。

 

 

これは、小さなころから

性教育をしていた賜物だと思います。

 

 

私の住んでる市ではほかにも

「ねぇ、キミの体触らせて、、」

学童帰りの子の家の前で

こんな声掛け事例などもありました。

 

 

 

ホントにね、

性犯罪ってすぐそばで起きていて。

 

 

 

性教育と

性犯罪はとっても密接にかかわっていて。

 

 

だからこそ、

目を背けてはいけないところ。

 

 

性犯罪者は

性教育を受けていない子を狙うといわれています。

 

 

家庭で、

性教育をやっていないお子さんは

特に防犯面が 本当に疎いんです。

 

 

性教育でできることは

子供たちに

 

 

性犯罪のトラブルをイ

メージさせること。

 

 

そして、

それを防ぐ方法を伝えること。

 

 

さらに、

何かあったとき、相談してもいい事。

それを子供たちに教えてあげられること

 

 

この3つです。

 

 

そんなことを

想像させたくないと

思うかもしれません。

 

 

でも、

ここは全く違います。

 

 

想像できないから

ついていってしまうんです。

 

 

相談していいと

おしえてあげていないから 

 

 

家族や学校に

相談できないんです。

 

 

知らない人についていってはいけないよ!

アメちゃんもらっちゃいけないよ!

 

 

こんなのは

学校でも習う知識。

 

 

子供達を守りたいと思うなら

この話の先を教得てくれる人が

必要なんです。

 

 

年間1000件以上の子供たちが

性犯罪にあっています。

 

 

口に出せない数を含めると

もっと多い事は明らかです。

 

 

性教育の中でも、

防犯の話をしているのはパンツの教室くらいです。

 

 

それは、傷つく子供たちを

1人でも減らしていきたいから。

 

 

こんな風にかくと

慌てて防犯的な話をしてしまうかもしれませんが、

 

 

それはNGです。

 

 

ただ子供たちに

恐怖心を植え付けてしまうだけ。

 

 

性教育で防犯は

一番最後に行います。

 

 

それは、

自分は愛される価値があると

自己信頼を育てたうえでしか

防犯の話は子供の頭に

きちんと知識として入っていかないからです。

 

 

 

そっと胸の中に

涙と一緒にその記憶に蓋をしたまま、

 

 

大人になっても、

ぎゅっと握りしめた記憶に涙している方がたくさんいることを私は知っています。

 

 

 

小さな子同士だと

こんなトラブルも

 

 

ーーーーーーーーーーーー

【知らないお兄ちゃんから
「S.EXって知ってる?」と

 聞かれた長男】

小学校入学して数日。。。

1人で登下校が始まり、

2日目の日帰宅して

「お兄ちゃん達と一緒に帰って来た」
と話してくれる長男。
 

 
同じ方角の上級生が居るのかな?

帰り道誰かと一緒なら安心だわ、

 

一緒に帰って来れて、
流石コミュ力高いなー、

なんて思っていたら、
 
 
「そのお兄ちゃん達に

『SEX って知ってる?』って聞かれた」
 

 

「ふー。。。ん!?!?」
 
 

「ぇっー!!!?」
 
 
 
 何で!!?」
 

 
とプチパニック気味な私。

 
 
ももももしや

長男発信の会話なのでは!!?
 
 

と疑った母を許して下さい。
 
 

長男曰く、
中学生か高校生のお兄ちゃん達と、

帰り道、
突然その話しになって聞かれたとか。

 
 
私「何て答えたの?」

長男「知ってるって言うた」

私「ほいでほいで?」

長男「『凄ぇー!』ってびっくりしてた」
 
 
会話はそこで終わったそうです。
 
 

まさか小1がS.EXを知ってるとは思わず、

予想外の返答に驚いて、
そこから先に進まなかったのでしょうか。
 
 

何にせよ、

教えといて良かった
 
初めて聞くSEXが私からで良かった!
 
 
  
何処にトラップが潜んでるか解りません。
 
  
そのお兄ちゃん達は、
今日初めて逢った子達で、
たまたま帰り道が一緒になったそうです。
 

 
初対面の小学生に

何ちゅー話ししとんねん!!!!
 

と思いましたが、
そう言う話しが楽しい年代なのでしょうか。
 
 

とは言え、
科学的な話しとしてとらえてる長男と、

そのお兄ちゃん達との間に、
恐らくギャップがあると思われます。
 
 

長男がS.EXを知ってる、

と言う事で、
もしかした、らからかって来る子がいるかも知れない。
 

 
でもそれは、
S.EXは命のバトンを繋げる事、

命は奇跡の連続である事、

性はからかいの対象では無い事、

皆の存在が素晴らしい事、

などを、

誰からも教わってないから。
 
 


『もし、それでからかわれて、
悲しい思いをしたら、お母さんに教えて。』

  
そして、次またこんな会話になったら、
どう対応するべきか、を話し合い、
外で具体的な話しは言わない事、
を再確認しました。
 
 

詳しく知りたかったら、

 
「お家の人や学校の先生に聞いてね」って言うんだよ」

と最初伝えましたが、

お兄ちゃん達も
それが出来ない、教えて貰えないから、
本人達も困る時もあるんだよね。。。
 
 

と思い直し、

「どうしても知りたかったら、
僕のお母さんは【パンツの教室】の先生(インストラクター)だから、
教えてあげられるよ」と伝えて。
 

 
とお願いしました。
 
 
この話しを主人に伝えると、
 
 
 
格段驚く様子も無く、
興味無いのかなぁと思っていると、
 
 
 
「知識を入れといて良かったな」
 
 
 

何と嬉しいお言葉!
 
 
小さい頃からの性教育が大事だと
少しずつ理解をしてくれているので、
とても嬉しい感想でした。
 

お兄ちゃん達に幸あれ!

=======

 
 
こんな風に
きちんと普段から話していれば、
子供たちは何かあっても素直に
お母さんたちに相談してきてくれるようになるんです。
 

 

 

良からぬことを考えている人は

大人ばかりとは限りません。

 

 

そして男の子のお母さん。

あなたのお子さんが、

誰かを傷つけてしまう立場に

本当にならないと言い切れますか?

 

 

子供たちが今日も何事もなく

無事に過ごせますように、、、

 

 

願うだけでは

叶わないこともある。

 

 

願うだけでは

届かないこともある。

 

 

かつくらさん、

願うだけで満足していませんか?

 

 

子供たちを本気で守りたい!

加害者にしたくない!

 

 

そんな方のために

私がおこなう

シークレット初級、中級講座を

東京・大阪で行います。

(メルマガの方限定です!)

 

 

 

初級は1日間(4時間)で

・誰かに聞きたい男女の体の仕組みの

基礎編

 

 

中級は2日間(4時間×2回)で

・命編、

・誰かに聞きたい男女の体の仕組み

応用編

・これさへ知っとけば安心 Q&A

・防犯編

 

 

こちらをお届けします!

 

 

 

※ただし、

中級講座(2回講座)の1回は

パンツの教室売れっ子インストラクターが

担当します!

 

防犯は私がやりますので楽しみにしておいてください。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

のじま開催

初級講座:33,000円 

※初級講座のみでも受講できます

 

【東京】2/4  講師:のじま

限定15名

10:00~15:00

 

【大阪】2/6  講師:のじま

限定15名

11:00~16:00

 

 

のじま開催中級講座 66,000円

※初級講座を受講済みの方しか受講できません

 

【東京 10:00~15:00】

限定10名

中級①

2/18 講師:協会インストラクター

中級②

2/25 講師:のじま

 

 

【大阪 11:00~16:00】

限定10名

中級①

2/20 講師:協会インストラクター

大阪中級②

2/27講師:協会インストラクター

 

 

初級、中級講座ともに

募集は1月22日(火)

20時からスタートです!

 

 

基本、中級までやることは

この2年で初めて。

 

 

防犯は性教育のかなめだからこそ、

本気で子供たちを守りたい方は中級までいらしてください。

 

ーーーーーーー

現在セット割として

初級、中級を11000円引きで受けれる講座を、トップインストラクターが

全国で開講中です!

お申し込みはこちらから!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pantsu-set

 

 

※私の今回の初級、中級は

正規の料金を頂きますのでご了承ください。

 

初級で足踏み踏んでいた方!

この機会にどうぞ!

 

*==================*

パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧は

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

*==================*

 

 

夫の反対

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】協会代表理事

のじま なみです。

 

実は、

一昨日、 中日新聞、東京新聞の

2社にパンツの教室を掲載いただき、

 

昨日は

東京新聞WEB版にも掲載していただきましたーー♡

 

 

今年度はすでに、

40件以上の

テレビ、雑誌、新聞などのメディア

に取り上げて頂いております♫

 

 

次に来るのは性教育!

 

 

色んな媒体で

そういわれているからこその

盛り上がり(^_^)!!!

 

 

まだまだご報告できない段階ですが、

今月来月と、嬉しすぎるご報告も待っています!

 

 

。。。はやく見てほしいな~♡

口がもぞもぞしているのじまです(笑)

 

 

パンツの教室がメディアに取り上げられたこの40以上という数。

 

『年間こんなに取り上げていただける団体は他にないのでは?』

 

 

毎回、

プロデューサーさんや記者さんが、

そう言って驚かれるほどの数字なんですよ!

 

。。。。有難い限りです!

 

 

今回の気になる記事は、こちらから▼

https://ameblo.jp/naminon81/entry-12565535542.html

 

 

それを受けて、

インストラクターの冬馬侑さん家族には

こんな変化があったんだとか(^_^)

 

============

「オレは、インストラクター活動を
 反対も賛成もしない。」

 

こんなコトバを

冷たく言い放っていた主人が
こんなことをしてくれるなんて・・・!!!
  

 

それは今朝のこと。
  

 

昨日の新聞に

のじま先生の記事が掲載されているのを、すーっかり忘れてたわたし。

  
  
主人が毎朝、

出かける前に新聞を片付ける新聞ストッカーの中を探しても

 

昨日の新聞がなーーい!!!

  
  
えっ?!なんで???

どーしてぇ???

捨てちゃったかな???
  
  

ダメ元で主人に

 

「昨日の新聞ってゴミで捨てちゃった?」
と聞いたら・・・
  

  
「あ、ここ。」
  

  
と、ぶっきらぼうに

指を刺したのは、飾り棚。
  
  
  
普段、

そこには新聞なんて置かないのに
なんでそんな所に置いてあるんだろう?

 

しかも昨日の朝刊なのに。
  
  
  
あれ?
もしかして、

のじま先生の記事に気がついて

 

『わざわざ』取っておいてくれた???
だって几帳面なA型の主人は、」

 

「テーブルにモノが乗ってるのがイヤだ」

 

 

そういって、
毎朝、家を出る前に

必ず新聞をストッカーに片付けるのに!
  
  
  
のじま先生の記事や

性教育についての記事を
スクラップしてること、

知っててくれてたんだね。
  

  
昨日の朝、

わたしが新聞を読む暇がなかったことも

気がついてくれてた。
  

  
のじま先生の記事に気がつくように、
捨てちゃわないように、

 

いつもと違う場所に

新聞を置いてくれたんだね。
  
  

うわわ、どーしよ、

メッチャ嬉しい〜♡♡♡
  
  

  
大好き、アイシテルー♡
と素直にありがとう、ハグ!!!
なんて、頭の中ではできるのに
実際できないオクテな結婚9年目。
  
  
  
今日の夕飯は、
主人の好きなメニューにしてあげよう!
発泡酒じゃなくてビールもつけよう!

 

===============

 

これね。。。。。もう、

本当に嬉しくて!!!!!!!!!!!

 

 

私ね、正直、

ひとり涙が止まりませんでした。

 

 

コツコツやってきてよかったー!!

と、ガッツポーズをしましたよね(笑)

 

 

【所沢】で小3の女の子と小1の男の子の

子育てをされている

冬馬さんのブログはこちらから!

48052445_354283875387472_8848889195456888832_n(2).jpg

異性の兄妹がいる方には

参考になるはずです(^_^)

 

https://profile.ameba.jp/ameba/yu-wwt1dwg-1wpt0d1d/

 

 

冬馬さん同様、

インストラクターの中には

 

 

・ダブルワークの方も、

・乳飲み子を抱えた方も、

・地方から何時間もかけて

講座を開いてくださる方も

 

 

沢山いらっしゃいます。

 

 

 

そして、

家族から少なからず

反対されている方がいることも

知っています。

 

 

私も1年以上、起業という道を

夫に反対されていましたから。

 

 

でも、それは

反対という名の『心配』なんですよね。

 

 

 

だけど、

私たちは知ってしまったから。

 

 

性を伝えることで

どれだけ子供たちに、変化があったかを。

 

 

命の誕生を伝えた時の、

我が子のきらきらした目の輝きを。

 

 

愛してる以外の愛情を手渡した時の、

我が子のはにかむ可愛い笑顔を。

 

 

これから起こりうる成長を伝えたときの

我が子のホッとする表情を

 

 

『行ってきます』

一人で遊びに行く我が子に、

知識をお守りとして渡しているからこその

親としての安心感を。

 

 

ママ産んでくれてありがとう。

そう言って、ぎゅっと抱きしめてくれる

小さな手のぬくもりを。。。。。

 

 

一度知ってしまうとね、

我が子だけじゃなく、

 

 

他の人にも

伝えたくて仕方がなくなるんです。

 

他の子の幸せを、笑顔を、

守りたいと願わずにはいられなくなるんです。

 

 

これね、不思議な感情で。

みーーーーんなが同じ気持ちになる。

 

 

口コミで沢山広まっているのも

そんな理由からです。

 

 

 

○○○さん、

幸せってね、感染するんです♡

 

 

 

間違いなく、

パンツの教室は日本一の教育だと思っています。

 

 

同じ気持ちで広めてくださる

全国200名のインストラクターは

私にとっては宝であり、同士です。

 

 

全国にパンツの教室を広めていく。

 

 

その使命とともに、

 

 

全国で講演をし、

本を沢山だし

新聞やテレビ、メディアに出るのは

 

 

インストラクターさんの家族に

パンツの教室を

 

『心配』➔『信頼』してもらうため!!!

 

 

実は、

ここも大きな理由の一つだったりします。

 

 

実際、メディアに出たり、

本を出したことで、

効果は抜群!!!!

 

 

お爺ちゃんお祖母ちゃんまで応援してくれるようになった!

そんなインストさんも沢山いらっしゃいます。

 

 

家族みんなで

子供に絆を伝えられたら

こんなに心強い事ありませんもんね!

 

 

中には、

息子君とこんな目標を立ててくださった方も。

 

ーーーーーーーー

自分の市にのじま先生をよぼう!

息子と話し合って、

こんな目標をたてました!

 

 

息子が小学校に!

私が校長先生に広める作戦です!

 

 

必ず実現します!

 

ーーーーーーーーーー

 

 

新年そうそう、

お年玉のような宣言でした♡

 

 

子供たちはね、

性を伝えてくれるお母さんが大好きです。

 

 

そして、

最高の応援団になってくれるのも、

また子供たちだったりします。

 

 

子どもって、本能的な生き物です。

愛情を表現してくれる人には、

同じく表現で返してくれます。

 

 

どっちか子供にとって幸せな道を歩めるか。。。

 

 

かつくらさんなら、

きっとわかりますよね?(^_^)

 

 

なんだか、胸のあたりが温かくなる方。

きっと、この仕事に向いています。

 

 

一緒にパンツの教室を広めていきませんか?

 

*==================*

パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧は

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

*==================*

 

 

 

中日新聞2020年1月10日朝刊のくらし面「子育て」の特集「性犯罪からどう守る」の記事に、【パンツの教室】代表のじまなみが取材協力いたしました。

 

パンツの教室でお伝えしている「水着ゾーン」についても、イラストつきで詳しく解説されています。

 

 

東京新聞のWEB版でも配信されましたので、こちらからご覧いただけます。

 

性犯罪からどう守る 「水着ゾーン」は触らせない

 

10歳の本音

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】協会代表理事

のじま なみです。

 

 

昨日は、

またまた嬉しい出来事が2件!

 

 

先日、憧れのVERYで

SHELLYさんと対談したしたものが

なんとweb上でも公開となりましたーー!!

(SHELLYさんの何たる顔の小ささや。。。)

82202211_774977633021355_5561658339634446336_n.jpg

 

今回は、

性教育をうけてきたSHELLYさんからみた

ここが変だよ日本編と、

 

性教育を家庭で受けてきたのじまが語る

性教育は100利あって1害なし編。

 

 

あっけらかんと楽しく語りながら、

時にまじめに対談しています!

 

 

SHELLYさんに、

 

『パンツの教室の伝え方は

 親としてすごく話しやすい! 

 私も子供に話してみる!』

 

 

そんな風におほめにいただいき

パンツの教室にさらに自信がつきました(^_^)

 

対談はこちら▼
https://veryweb.jp/kids/64884/

 

さらに!中国新聞にパンツの教室が掲載されてます!

 

新聞ってやっぱり影響力が絶大で、

『信頼』って意味では

最強です(^_^)

 

 

。。。。。ありがとうございます!

嬉しすぎます!!!

 

 

ーーーーーーー

 

それでは本日のトピックです!

 

 

10歳次女の突然の質問。

 

 

先日、

10歳次女とお風呂に入っている時。

 

 
その質問は
いきなり私にド直球で投げられました。
 
 
 
 
ドキッとレベルでいうと、
 
 
 
 
 
甘いコーヒーを飲みたかったのに、
砂糖と塩を間違えていれたコーヒーを
飲んでしまった時くらいに。
 
 
 
はたまた、
 
 
 
悪いこともしていないのに、
突然おまわりさんに、
ぽんぽん!と肩をたたかれた時と同じくらい
 
 
 
 
 
ドキッとさんな質問が
飛んできたんです。
 
 
 
それがコレ。
 
 
 
『ママ、今まで何にんくらいの人と付き合ってきたの?
 
 
ねーーーーーーーーーーーっっっ!!!
 
 
 
おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!おしえて!
 
 
 
 
 
。。。。。
 
。。。。。
 
。。。。。しつこい(笑)
 
 
 
 
あーーー、
いままでドラえもんや、フィッシャーズ(ユーチューバー)にしか興味がなかったのに。
 
 
 
 
男子なんてほんとガキっ!
 
 
 
って、言い放っていたのに。
 
 
 
ごぼうみたいに
がりがりな体なのに、、、、
 
 
 
 
男女の色恋沙汰に
 
とうとう興味を持ち出した
 
ーーー( ̄▽ ̄)!!!!
 
 
 
 
あまりにも急な成長に
びっくりした のじま。
 
 
 
 
でも、
性教育においては
チャンスはピンチの顔してやってくる!
 
 
 
普段、
皆さんにそうお伝えしてるので、
 
 
 
性教育モードをONにして、
会話を続けると、
 
 
 
 
急に次女が下を向いて、
もじもじ照れだして。
 
 
 
『私もね、ねーねみたいに
 ママと恋の話がしたかったんだ。。』
 
 
 
そう呟いたんです。
 
 
 
 
あーーーーそうか。。。。
 
 
 
次女は小さなころから口下手で、
お姉ちゃんより不器用で。
すぐに気持ちを飲み込んで、
黙ってしまうんです。
 
 
 
 
いつも、
私と中一長女が
楽しそうに恋バナをしているのが、
とってもうらやましかったと。
 
 
 
だけど、
自分はまだ恋という気持ちが
よくわからなくて、
 
 
 
私の恋愛遍歴を聞いて
恋バナがしてみたかったようです。
 
 

あーーーそうか、

ただ、私と話がしたかったんだ。
 
 
 
そう思うと、
愛しさがこみあげてきて。
 
 
 
だけど、
きっともっと
思っていることがあるはず。
 
 
 
少しだけパンツの教室で
お伝えしている対話法を使って
質問をしてみました。
 
 
 
口下手な次女が、
心のなかで何を思ているのか
本音を聞いてみたかったから。
 
 
 
 
するとね、
もう10歳なのに、
可愛い本音が返ってきて。
 
 
 
ママと一緒に寝たいの。。。
 
 
 
 
最近、執筆で
彼女が眠りにつくころに
仕事をしていたので
 
 
 
ぎゅっと抱きしめて
お休みの挨拶をしていませんでした。
 
 
 
4年生でもこんな風に、
全身で愛情をもとめてくれる娘が
可愛くて、、、愛しくて。
 
 
 
 
中学に入ると、
ホントに子供たちは
親よりも友達の方が大事になることを、
 
 
 
中一のお姉ちゃんで
学んでいたのに。
 
 
 
 
残り少ない
甘えてくれる次女との時間。
その時間がどれくらい大切か。
 
 
 
その日は手をつなぎ、
髪をなで、
娘を抱きしめながら
眠りにつきました。
 
 
 
 
 
家族の愛って
少しずつ作り上げていくもの。
 
 
 
その愛情はいつか
子供たちの生きていくエネルギー
なっていきます。
 
 
 
10歳までに
どれだけ愛情を口にしてもらったかで、
大人になっての幸せの感度が
変わってくるといわれています。
 
 
 
ママだい好き
 
 
 
寝言のようにつぶやく娘に
今しなければならないことは、
きちんと感じ取れるような
愛情を手渡すこと。
 
 
 
ここは
性教育が一番得意とするところです。
 
 
 
反抗期に差し掛かるむすめが、
素直に大好き♡と口にする。
これこそ性教育をしてきたからこそ!
 
 
 
心に届く愛情の伝え方を知りたい方は
インストラクター養成講座をご受講くださいませ♪
 
 
 
 質問はどしどしくださいね!
 
 
*==================*

パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧は

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

*==================*