HOME  >  協会からのお知らせ 一覧  >  ママのあそこが見たいんだ2!

協会からのお知らせ

今日はうれしいお知らせ2つから(^^♪
 
 
まず1つ目!
ここ最近、私が書いた書籍の
増刷ラッシュが続いております!
 
 
 
 
 
 
赤ちゃんはどこから来るの? が9刷目
 
男子はみんな宇宙人! が4刷目
 
 
 
 
 
VERYのWEB連載や
クラブハウスの影響も大きいかと思うのですが、
 
 
 
一番大きな理由は
読んでくださる皆さんの口コミの多さが
一番の要因かなと(^^♪
 
 
 
「○○さんがめおススメしていたので!」
という感想をくださることが
嬉しくてたまりません!
 
 
 
手に取って広めてくださるみなさま、
本当にありがとうございます♡
 
 
 
また、今日は大手の新聞社から
性教育の取材を受けました!
 
 
 
2ー3日中には発売?発刊?されるので
またご報告しますね♪
 
 
 
ーーーーーーーーーーーー
 
 
それでは本日のトピックです!
 
 
 
私が1月くらいに書いたこちらのメルマガ
覚えてらっしゃいますか?
 
 
 
ママのあそこが見たいんだ!
 
 
 
 
こちら、
どえらい反響で、
 
 
 
『続きはいつですか?????』
 
 
と今日までお問い合わせが後を絶ちません。
 
 
 
長らくお返事がかけず
申し訳ございませんでした(汗)
 
 
 
気になる第一弾は
ブログにのせましたので、
前回のを読んでいない方はこちらをどうぞ▼
 
 
 
小3の息子君に
【ママのあそこが見たい!】
とせがまれ断ったママさん。
 
 
 
 
納得しない息子君に
どうしたらいいのかわからない。
 
 
 
そんなご相談でしたが、
結局大事なのって『母さんの気持ち』であって、
息子君の気持ちではないんですよね。
 
 
 
なぜなら、
そこはお母さんの水着ゾーンだから。
 
 
 
たとえ息子君であっても
嫌がるお母さんの水着ゾーンを
無理やり見るということは
あってはならないマナー違反。
 
 
 
どんなに欲求が大きくても
やってはいけないことや
モラルやマナーを教えていくのが
親の仕事です(^^)
 
 
 
大好きなお母さんがダメということは、
お友達にもダメなんだということを
伝えていくことも大切です。
 
 
 
『ママもだめなら
お友達にもしてはいけないことなんだよ』
 
 
 
そんな風に伝えていけると
いいですね(^^)
 
 
 
その代わりといっては何ですが、
女性器の絵などをかいたり、
絵本に載っている女性器をみせるのも一つの手ですよ!
 
 
 
 
例えば!!!
 
 
 
息子君から
「お母さんは僕のことが嫌いなの?」
なんて言ってきて悲しい顔をされると、
 
 
 
 
ママたちは
『傷つけてしまったのでは?』
と胸を痛めてしまうかもしれません。
 
 
 
ですが、
 
 
 
ママたちの気持ちをないがしろにして
息子君の欲求を押し通すのは
愛情ではなくただの甘やかしです。
 
 
 
親も友達も
押し通せばOK!
そんな勘違いをされてしまうと
本末転倒ですものね。
 
 
 
 
赤信号を渡ってはいけない!
交通ルールを教えることと同じように、
 
 
 
ダメなことはダメ!と
きちんと我が子に伝えていってくださいね。
 
 

 

本日はここまで。