HOME  >  協会からのお知らせ 一覧  >  パパが泣いた日

協会からのお知らせ

パパが泣いた日

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

長女が小学校高学年だった頃のこと

お友達が5人お泊りに来ました。

さすが高学年。

 

身長も私と変わらないくらいの子が

大勢いると、家が一気に狭くなる(笑)

 

そして、語っているのは

ずーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーっと

恋バナ。

 

自分はリア充か、非リアか。。。

と、熱く語っておりました。

 

ってか、アラフォーの私には

リア充までは解読できた。

が、ひりあ? ヒリア? 日比谷(@_@)?

 

非リア充に行きつくまでに、

30秒ほど要しましたよ。。。

 

もう、6年生について行くのは必死です(笑)

 

それをみて、1年前の

夫のある姿を思い出したんです。

 

うちの主人がこの写真をみながら

物想いにふけっていました。

 

でね、

その少し寂しそうな横顔を見ながら

一言呟きました。

 

『寂しいね』って。

 

 

それは、長女が11歳の時。

あまりの寝相の悪さに

家族5人で眠る事に限界を感じて

ベットを買ってあげました。

 

ビビリ屋で、カーテンの隙間も怖がっていたのに

ビビリ屋で、一人で2階にもいけなかったのに

ビビリ屋で、電気を消して眠れなかったのに。

今では、『おやすみ~』

そんな風に一人で眠れるようになって。。。

今まで、寝相のわるい長女のパンチやキックを

1人受けまくり、耐え忍んでいたパパ。

『一緒に寝るのは限界だ。。。』

 

そう言い始めたのはパパでした(笑)

 

でもね、そんな彼が

ある日、男泣きしたんです。

 

『パパ怖いから一緒に寝て』

『パパ、腕枕して』

 

もう、そんな風に甘えてきてくれることは

ないんだって感じて、泣けてきたらしい。

 

それを聞きながら、

子育てって、案外本当に短いな。。。

 

この寂しさは、私たちが

娘から子離れするための

痛みなんだね、、、

 

『親離れって、

ちょっと泣けてくるね』

 

二人で泣き笑いした

夜の一コマでした。

 

まだまだ、下にも娘が2人いるけれど、

長女で味わう寂しさは

 

他の子よりも大きいと思う。

 

今私たちの側にいてくれることが

当たり前ではないから。

どんどん離れていく彼女に

今のうちにもっと、『大好きだよ』

そんな風に伝えていこう。

私たちを親にしてくれてありがとう。

 

本日はここまで! 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*