HOME  >  協会からのお知らせ 一覧  >  中学生男子が泣いた本

協会からのお知らせ

中学生男子が泣いた本

お母さんが我が子に伝える

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】代表理事 のじま なみ です。

 

○○○さんの思春期って、

どんな感じでしたか?

私はね

親に沢山反抗しました。

親に沢山甘えました。

学校に行けない日もありました。

学校に行きたくて仕方がない日もありました。

同級生の男の子に

ドキドキ恋した日がありました。

同級生の女の子が

うらやましくて仕方がない日もありました。

思春期って、

親に対する葛藤。

自分に対する葛藤。

体の成長対する葛藤。

周囲の目に対する葛藤。

沢山の葛藤を乗り越えて

大人として深みのある人間として

一人前になっていくと思うんです。

でも、これって、

思春期真っただ中の私たちにとっても、

結構、気持ち的に辛かったりしませんでしたか?

今日はパンツの教室を卒業された、

中学校2年生の男の子をお持ちの

Fさんをご紹介しますね。

(以前に開催をしていた3か月アカデミーの生徒さんです)

受講前、まだまだ

あどけない感じだった息子君。

ですが、6か月たったころ

ある変化が現れました。

○○○さんも

想像つきましたよね?

そう、

反抗期!!!!!

あんなに可愛らしかったのに、、、

・基本姿勢がまずふてくされ

・寄ってくるときはお金だけ

笑いながらお話しする

Fさんに、

やっぱり

たくましいな~お母さんって!

尊敬の念を抱きました(^^)

Fさんがお話されたことは、

やはり、

反抗期に入る前に

セックスだとか、

コンドームのこと、

おちんちんの事

女性へのいたわり方

性犯罪

こんなことをきちんと話せてよかった。

と言う事でした。

反抗期に入ったら

そこを一からのスタートは、、、

かなり難しいですものね。

で、反抗期真っただ中の息子君に

中級講座内で作る

オリジナル絵本を渡したら、、、

息子君、

泣いていたんだそうです。

中学生。

親や友人が敵に見えたり

誰かと比べて、自分がちっぽけに思えたり。

1人孤独で胸を痛めたり。

きっとね

一生涯で一番ひとりで思い悩む時期って

この頃なんですよ。

だからこそ、

大人への階段を

一歩一歩進む彼らへ

『生まれてきてくれてありがとう』

こんな思いで作るこの1冊は

どんな言葉より、重みがあるんですよね。

セックスもしかり。

同性愛や

人をいたわる心。

どれだけ愛されて生まれてきたか。

そんな事が分かる

オリジナルの1冊を

今は中級講座の中でも作っています。

これが。。。。本当に

生まれてきたことに感謝するってうえで

すんごい人気があるんです♡

以下、Fさんの感想

です。

==========

のじま先生!

あっという間に過ぎた時間・・・

大変お世話になりました♪

1dayでのじま先生の視点と

性教育ってこんなに楽しくできるものなのか!!

と衝撃を受け、

不安もいっぱいの中、即受講を決めました。

褒め上手ななみさんと

皆さんのお話からのヒントを後ろ盾に、

毎回チャレンジしてこれたと感じています(^^♪

3時間の講義が、まぁ早い事!

頭フル回転、

心地よい疲労感&ヤル気に満ちて帰れたのは

皆さんのおかげです!

どんなメンバーでも

そんな雰囲気で進められるなみさんパワー、

ホント素敵です♪

正直、子どもたちが興味を持てるように

楽しく種まきから〜とはいかず、

直球勝負?!な実践が多かったです。

でも、

【あなたは望まれて生まれて来たかけがえのない大事な存在♡】

という所は感じてくれているかな…

だといいなぁと思っています♡

これからも、

益々パンツの教室は

パワーアップされていく事でしょう!

沢山のお母さん&お父さん&子どもたちが

待っています!!

ご活躍を期待しております!

※※※※※※※※※※※※

Fさんありがとうございます。

性の話をするとね

自分に自信を持てます。

それは

愛されていることを胸に刻むから。

人を愛する事を恐れません。

それは

愛されている喜びを知っているから。

人に優しくなることができます。

それは

愛をたくさん受け取ったから。

○○○さんも

幸せの種まき してみませんか?

まずは行動してみてくださいね^^

本日はここまで!

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/ 

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*