HOME  >  協会からのお知らせ 一覧  >  避難時に子供に伝えておくべきたった一つの事

協会からのお知らせ

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

ーーーーーーーーーーー

 今、全国各地で

色々な天災が起きていますね。

特に九州や長野、岐阜など

大雨で避難を余儀なくされている方が

沢山いるかと思います。

なので、どうしてもこれだけは伝えたくて、

過去にも書いたお話を

今日はさせていただきますね。

それは小学校3年生の時。

いつも悠然とそびえていた

地元の山が

大きな大きなマグマを吹き出して

噴火をしました。

 

さんさんと降り注ぐはずの太陽は

地鳴りのような地響きと

怖れをなすような火砕流の噴火音とともに

またたく間に天の光を隠し、

 

あたり一面は

不気味な暗闇に包まれた日。

山から見たこともない赤い火が吹き出し、

斜面を流れる真っ赤なマグマが

ものすごく綺麗だったことを

私は今でも覚えています。

 

何度かお話したことがありますが、

私は、雲仙普賢岳噴火の被災者です。

 

小学校3年生の時、

幾度となく起こる土石流や火砕流の被害に、

 

避難所へ避難したことは

1度や2度ではありません。

 

ここ最近みたいな

避難レベルがMaxの大雨がふり、

『命の危険』にさらされている時、

きっと避難所に避難している方も

多いのではないでしょうか?

 

私の経験上

子供は、、、、、

避難を、、、、、

 

楽しんでいます( ̄▽ ̄)

 

非日常って、

子供にとってはワクワクの対象です。

 

心配しているのは親のみで

いつもより浮足立って

注意力散漫の子供達。

 

親の話してくれたことは

右から左に流れていることもしばしばなんです。

 

なぜならね、もう

ワクワクしてるから!!!!

 

私も避難した日は

楽しすぎて

眠れなかった記憶があります。

 

で、

何が言いたいのかというとね、

 

避難場所には

子供を狙う悪い人も潜んでいるということを、

頭の片隅に置いておいてほしいのです。

雨の中、

やっとたどり着いて

ホッと一息つきたいところの方も

いるかもしれません。

 

でもね、

お子さんに

・決して一人で離れて冒険に行かない事

・決して一人でトイレに行かない事 

もう一回伝えておいてください。

親御さん。

できるだけ、

お子さんから目を離さないでください!

 

こんな日だから言わせてください。

 

避難所で

性的なトラブルに巻き込まれることは

ないとは言い切れません。

 

雨がやんでも、家が流された方などは

避難生活が続くかと思います。

皆さんが早く

安心した日常に戻れることを

私も子供達と一緒に祈っています。

 

 そして、その時に

性的なトラブルで

悲しい思いをしている子が

1人もいないように。

心から祈っています!

そして、

発信し続けることで

私にできることやっていきます!

心から笑える日を願って。

本日はここまで!

 

 

 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*