HOME  >  協会からのお知らせ 一覧  >  若いから大丈夫?その若いっていつまでだろう、、、

協会からのお知らせ

とにかく明るい【性教育】

パンツの教室代表理事 のじまなみです

夜分に配信失礼いたします。

いつも開封ありがとうございます(^_^)

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今日はある一つの

メッセージからご紹介しますね(^_^)

ーーーーーーーーー

のじま先生、はじめまして。

『女性には子供を産むのに

タイムリミットがある!

それを知らない女性が多すぎる!』

今日のメルマガ、めちゃくちゃわかる!!!!と思って

初めて返信させて頂きました。

わたし自身が、

その助産師の方のおっしゃる通り、

若い頃から生理の不調があり、

そして不妊に悩んだ過去があります。

若い頃から生理不順だったし、

生理痛も酷かったのですが、

「若い頃は仕方ないのよね」と

母に言われ、

また

「病気じゃないんだし、個人差あるものだから」

と言われていたので、

そんなもんか〜と思いながら

20代後半になりました。

20代後半でも、「若い」うちに入ると思い、

生理不順や生理痛をほったらかしにしていたら

仕事を始めて数年後、

気づいたら半年以上の無月経に。

そのまま不妊治療コースでした。

最初に受診した婦人科で

なんでこんなに放っておいたんだ!

こんな状態で自然に妊娠なんてできないよ!

将来子供が欲しいんじゃないの!?も

う治療を始めないと!若くないんだから!

と半ば怒られましたが、

だって生理の不調は若いうちは仕方ないって聞いたもの!

これが異常な状態だって誰も教えてくれなかったじゃない!

生理に問題があったら妊娠できないなんて聞いたことない!

という気持ちでした。

いまは自分の生理と向き合うことで

生理の不調を全く感じないどころか

生理を楽しみにしている自分もいます。

ありがたいことに治療の末我が家へやってきてくれた娘にも、

3歳の時点で既に生理の仕組みを説明し、

なるべくポジティブに、

そして正しい知識を伝えていきたいと思っています。

のじまさんのご家庭のように、

オープンに話ができる母娘を目指します!

 
 
ーーーーーーーーーーーーーー
 
メールをいただき、
ありがとうございます!
 
 
 
 
いつか、
メルマガでもお話ししましたが、
 
 
 
 
今、痩せ傾向で無月経傾向にある女子中高生が
実に8割に上るって話をさせてもらいました。
覚えてますか?
 
 
 
 
ダイエットなんて必要ない可愛らしい子が
 
 
 
 
 
インスタなどの
可愛らしい一般の子にあこがれて
痩せたい願望が強くなってるっていうアレです!
 
 
 
 
 
そもそもね、
生理を親に言わない子が増えているのに、
 
 
 
 
生理をきちんと話せる家庭って
結構ね、いや、
 
 
 
 
 
本気で親のアプローチが
かなり重要になってくるので、
 
 
 
 
女の子をお持ちのお母様。
 
 
 
 
継続的なアプローチを
お忘れなくーーーーー!!!!!
 
 
 
 
今日もね、
『ママが足りない』
反抗期に片足を突っ込んだ小5の次女が
両手を広げて
 
 
 
 
抱きしめて♡
のポーズをしてきてくれました。
 
 
 
 
 
もう、ハートを射抜かれたくらい
可愛くて、可愛くて、、、、
 
 
 
 
この子を産めて本当によかったと
心の底から思う瞬間だったんですが、
 
 
 
 
我が子にも
同じようにこの何物にも代えがたい
愛しいと思う気持ちを味わってほしいな、、、と
親としてはね、そう思うのです。
 
 
 
 
 
私は、
不妊治療の辛さを
泣きながら話して下さる
お母さんに山ほどであってきました。
 
 
 
 
 
夫婦で選んだ治療なのに、
夫と喧嘩し、
 
 
 
友達の子が生まれれば、
妬む自分にうんざりし、
 
 
 
 
生理が来るたびに
1人声を殺して涙して、
 
 
 
会社の上司には頭を下げて治療に行き、
 
 
 
 
野みたいお酒も我慢して、
 
 
 
 
 
数百万とかかる
金銭面に四苦八苦。
 
 
 
 
 
それでも産みたいと
臨んだ命なのに、
 
 
 
 
そのことを
子どもにきちんと伝えられないと
泣きながら話して下さるお母さんに
 
 
 
 
 
もう、
何百人と出会ったでしょう、、、
 
 
 
 
 
だけどね、
パンツの教室に出会うと、
そのお母さんたちが
生き生きした目にまた生まれ変わるんです。
 
 
 
 
 
 
子どもを産んだことを、
その治療に耐えたことを
誇りに思います!
 
 
 
 
 
 
皆さんがそんな風に
言うようになる。
 
 
 
 
 
パンツの教室ってね、
生きていることそのものに
命そのものに自信を持てちゃう
最高の教育なんですよーーー!!
 
 
 
 
 
 
 
今ね、
インストラクターになりたいって方が
本当にたくさん名乗りを上げてくださるんですが、
 
 
 
 
 
 
このお二人をご紹介しますね!
 
 
 
 
パンツの教室マスターインストラクターの
渡辺佳菜さんと
 
 
 
 
黒田めぐるさん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お二人ともね、
高度不妊治療を乗り越えて
子育てをされています。
 
 
 
 
渡辺さんは最初、
パンツの教室の門をたたいてくれた時
 
 
 
 
子どもを授かりたいと
願った時間を、
あなた自身を
もっと誇りに思ていいんだよ。
 
 
 
 
 
そんな風に声をかけると、
顔をあげれないくらい
大号泣されていました。
 
 
 
 
 
そして、同じように
悩むお母さんたちの力になり
 
 
 
 
 
目指したい『未来』になってくれたんです。
 
 
 
 
 
痛みを知ってる人は強い。
 
 
 
 
今は
男女のパートナーシップなんかも教えている
ベテラン講師として活躍されていて、
渡辺ファンが多数いるほど(^_^)
 
 
 
 
 
こちらのブログ、
きっと沢山の方の胸に刺さると思うので
よんでみてください。
 
 
 
【命の尊さに優劣なんてありません】
 
 
 
 
続いて、竹内さんは、
不妊治療を乗り越え、男の子を授かり、
今ではその子も小学生!
 
 
 
唯一、
パンツの教室と
親勉の
ダブルマスターインストラクターを務める
パワフルママさん。
 
 
 
 
講座開講数も協会1番じゃないかな?
 
 
 
それくらいの、ベテランインストさんで、
今では2000人以上の子育てコミュニティーを自身で立ち上げ、
沢山のお母さんたちの悩みを聞き、
笑顔をプレゼントされています。
 
 
 
私も以前講演させていただいた
「おうちきっず部LINE公式アカウント」
子育てのプロ&有名な方が講演されますので
めちゃくちゃ面白いコミュニティーです(^_^)
 
 
 
 
 
 
ホントに、
この二人に助けられた方が
どれくらいるかな、、、、
 
 
 
 
 
パンツの教室にとっては
なくてはならないお二人です(^_^)
 
 
 
 
 
パンツの教室インストラクター考えてます!
って方は、ぜひお二人の門をたたいてみてね♡
 
 
 
詳細はお二人のメルマガから▼
 
渡辺佳菜
 
黒田めぐるさん
 
 
 
 
一番お子さんに性教育が上手くなるのは
間違いなくインストラクターさん!
 
 
 
 
親子のコミュニケーションが
しっかりとれて
子どもの未来も守れるなんて
パンツのインストさん以外ありえません(^_^)
 
 
 
 
仲間になってくださる方
大募集です♡
 
 
 
本日はここまで!
 
 

*==================*

◇パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

◇全国の幼保小、行政、企業、サークルへ

講演会講師も派遣しております。

お問い合わせはこちらから▼
https://pantsu-kyoshitsu.com/seminar_request/
*==================*