HOME  >  協会からのお知らせ 一覧  >  完璧なんてない

協会からのお知らせ

完璧なんてない

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】協会代表理事

のじま なみです。

 

ーーーーーーー

完璧なんて、ない

ーーーーーーー

 

今日はのじまが久しぶりに行う

パンツの教室の要!

 

大人気の中級講座
防犯編&命のアルバム編でした!

新入学を控えて、

『悪い人について言ってはいけないよ!』

この一言以外に
本当に必要な防犯の声かけや、

 

 

スマホを持たせる前に必要な
3つの約束もお伝えしてきましたよー^^

 

私は10代の子と

接することが多いので

 

 

最近の、スマホ事情をお伝えすると

皆さん前のめりでググってくださったり、

 

 

悲鳴を上げるかた、

時代が違う!!と、驚かれる方、

遠い目をされる方、、、

本当にいろんな反応でした(笑)

 

 

午後は、

お母さんたちの胸の奥にある
記憶と気持ちに寄り添う
アルバム作成編!

このアルバム作成をするとね、

自分も忘れていた感情が 
ぶわっとわいてきて、

涙が溢れ出る方が
多いんです^^

 

不妊治療、
シングルマザー、
母乳神話
帝王切開
愛されたかった記憶、
愛したかった記憶。

 

完璧なお母さんなんて
いないのに。。。。

『立派なお母さんになりたい』って、
母になると思うのは
なんでなんでしょうね。

 

 

完璧ななんてない。

今日は先日いただいたこちらの感想をご紹介します。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーー

のじま先生へ
今日も、涙あり笑いありの講座をありがとうございました!

 

 

子どもと性の話をするようになり、

爆笑ネタがいくつもありますが、

 

最近のヒット賞は、

募金箱をみて、

 

 

勃起ん箱ー!

 

どこまでも性に結びつけたい

おませな小2男子です。

 

 

本日も、あっという間の1日講座。

さすが、のじま先生です

 

初級、中級を終えて

残るは、インストラクター講座1回のみ。

 

性教育を学びたい!伝えたい!と

門を叩きましたが、

 

 

性教育って、

親子関係をよくする1つのツールであり、最強のツールだなって感じています。

 

 

性の話も含め

信頼しあえる親子関係をこれからも、

築いていきたいし、

生徒さんにもかんじてもらいたいです。

 

そして、

先生がおっしゃったように、

 

 

わたし自身が、

パンツの教室を学び

大きな変化がありました。

 

 

自分の親に、

『私が生まれて嬉しかった?』と

初めて聞けました。

 

 

 

そして、待ち望んだ子だったんだよ、という言葉を初めてかけてもらえました。

 

 

実は、、、、私、

 

 

なぜか…わたしは、

望まれて生まれてきたのだろうか?
と幼い頃からずっと不安でした。

 

 

早くに母親を亡くした母は、

子育てを教わる人、

モデルがいないままに母親になりました。

 

 

行動や思考が幼くて、

なんで!と思う対応の数々に

苦しむこともありましたが、

母も育て方を知らなかったのだから、

仕方ないよな、と今なら思えます。

 

 

 

そして、父も母も、

いい人なんだけど、

生き方が不器用で、常に生活に精一杯。

 

 

 

見通しの甘い行動の連続で、

結果、消費者金融や

カード会社からの電話が絶えず、

 

 

電話線を抜いて

生活した日々。

 

 

給食費が払えず、

学校を休んだ日々。

 

 

親は頼れないから、

なんでも自分でやるしかなかった。

 

 

そのおかげで生き抜く力は

人一倍あるように思います。

 

 

わたしをみて!

 

 

そんな気持ちを押し殺し、

手がかからないいい子を演じ、

いつも寂しさを抱えていたこども時代でした。

 

 

 

寂しさをうまく表現できないから、

両親にツンツンしていて、

まさに反抗期。

 

 

今回、パンツの教室がきっかけで、

こどもたちに、

生まれてきてくれてありがとう、と

毎日のように伝えるようになり、

 

 

子供たちからも、

ママ生まれてきてくれてありがとう、

と言ってもらえるようになりました。

 

 

 

毎日のように、

生まれてきたことに感謝していたら、

自分の親にも、

 

 

わたしが生まれてきて良かった?

 

 

自然に聞けたのです!

 

 

おたま、しゃもじ、と言うように、

命や性の話を日常の中で自然にするコツを学んだら、

 

 

ずーっとわだかまっていた『寂しさ』から卒業できたのです!

 

 

 

お前は、お父さんとお母さんが待ち望んだこどもだよ

 

 

 

生まれてきたときは、

本当に嬉しかったんだよ

 

 

 

はじめで聞く言葉に、

あぁ生まれてきて良かった。

と、ようやく思えたのです。

 

 

 

そして、

産んでくれてありがとう。

と伝えることができました。

39歳にして反抗期卒業(笑)

 

 

のじま先生ののパンツの教室を通じ、

性の話は生の話だな、

と改めて実感しています。

 

 

 

そして、全ての基盤は親子関係だな、

と痛感しています。

 

 

 

親子関係を学んでから、

パンツの教室を受けられて、

本当に良かったです。

 

 

 

今あるものに感謝して、ますます豊かで幸せになりたいと思います♡

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

Iさん、ありがとうございます。

 

 

自分の親だって、

自分だって、

完璧な親なんていない。

 

 

 

いや、

完璧なんて

ならなくていいんですよ、ほんとに。

 

 

 

人工授精だって、

シングルマザーだって、

ステップファミリーだって、

帝王切開だって、

 

 

どんなお母さんも、

子どもを思う気持ちは

 

 

 

みーーーんな一緒!

 

 

 

もしね、

親に愛されていないと思っている方は

 

 

実は、親の方が愛情表現が

不器用なだけだったのかもしれない。

 

 

お母さんって職業は

世界一過酷で、 
 

 

 

だけど、
世界一最高な職業だからこそ、

 

 

 

やりがいがるのかもしれませんね。

 

 

沢山の人たちの

家族の愛に気付くきっかけになるよう

これからもパンツの教室を
広めていきたいと思います^^

 

 

*==================*

パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧は

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

*==================*