HOME  >  協会からのお知らせ 一覧  >  生きててくれてありがとう

協会からのお知らせ

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】協会代表理事

のじま なみです。

 
 
9/1は子供が一番死を選ぶ日です。

 

ある雑誌で、この言葉を読んだとき
強い衝撃を受けたことを
今で鮮明に覚えています。
 

 

あなたは今日、

お子さんがどんな顔をしていたか

思い出せますか?

 

 

新学期が始まる9/1は

18歳未満の子ども達が1番緊張し、 

 

 

なんとか保っていた心の糸が

ぷつりと切れてしまう日。 

 

 

未来ある子供達が

【自殺】という悲しい選択をしやすい日

といわれています。

 

 

その数、

なんと他の日の2.6倍にも

なるそうです。

 

 

9/1が近づいた今。

 

 

わたしは高校生だった自分に

伝えてあげたい。 

 

 

『死を選ばないでいてくれてありがとう』

って。 

 

 

高校3年のとき

不登校となった私。  

 

 

とにかく学校が

つまらなかった。

 

 

生きがいも見つけららず、

 

 

 

友達付き合いもめんどくさく、 

 

 

家でずっとテレビを見ていた

高校三年生。

 

 

天下分け目の夏休み。

補習にもいかず、

 

 

他のみんなと勉強の差がつくことに

不安で仕方がなかった。

 

 

何かに没頭できない自分が

他よりミジンコのように小さく見えた。

 

 

頭の良い兄弟の中で

いちばんできの悪い自分に  

 

 

受験というプレッシャーから

逃げてる自分に 

 

 

ほとほと嫌気がさしていた。

 

 

『死んだら楽になる?』 

 

 

誰も教えてはくれなくて。

そんな時、母は

 

 

『学校に行きなさい』

 

 

とは、

一言も言わなかった。

 

 

ただ、

美味しいご飯をつくってくれ

 

 

『あなたは最強の運の持ち主だから』

『あなたは大事な子だよ』

 

 

そう言い続けてくれた。  

 

 

言葉にならない不安の渦で

見えない真っ暗闇な将来に

押しつぶされそうだった時、 

 

 

母のこの言葉は、

何より救いで。。。。

 

 

9/1が近くと毎年、

あの夏の真っ暗闇だった

毎日を思い出し 、

 

 

生きててくれてありがとう。

 

 

そう自分につぶやいている。 

 

 

私が踏みとどまれたのは

家族の愛があったから。 

 

 

私の命は

【私のものだけではない】と

教えてくれる人が側にいてくれたから。

 

 

 

今、私が

パンツの教室をやっているのも、 

 

 

きっと【性】を通して

 

 

あなたの命は大事な命だと、

生まれてきたことは奇跡だと、

そこにいるだけで価値があると、

 

 

そんな思いを

子供達に伝えていきたいから。 

 

 

愛を教えてもらった子は

他人に優しく。 

 

 

命の大切さを伝えてもらえた子は

自分の命を粗末には扱わない。

 

 

わたしはそれを、

知っています。

 

 

全ての子が

キラキラした未来を手にする

権利がある。

 

 

明日の朝、

お子さんはどんな顔をしているでしょうか?

 

 

いつもより30秒でいい。

少しだけ顔を上げ

お子さんの顔をみてあげてください。 

 

 

そして、

『大好きよ。』

その一言をかけてあげてみてください。

 

 

きっとその一言がね、

子供達の救いになりますからね♪

 

 

もしよかったら、

あなたの幼い頃の思い出も教えてください!

 

 

苦しかった思い出でも、

お母さんの優しい思い出でも、

先生との思い出でも。

なんでもかまいません。

 

 

あなたを変えたエピソード。

こちらのコメント欄で募集します!

https://ameblo.jp/naminon81/entry-12506108231.html

 

 

子供たちが何か悩んだ時

どう手助けすればいいのか

参考にさせていただけると嬉しいです!

 

 

*==================*

パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧は

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

*==================*